bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



ユングフラウ賞からのスプリングC無料期待
地方重賞はここの無料情報です!
【地方無料】フェブラリー賞
着順:9-7-15(4-10-1人気)
ワイド26.3/4.8/27倍↓↓
払戻金:5810円/回収率581%
─────────────────────

─────────────────────
2021年無料公開買い目戦績
報知グランプリC  →回収率118%
梅花賞4上オープン →回収率193%
ジャニュアリー賞  →回収率155%
ウィンタースプリント→回収率158%
TCK女王盃    →回収率141%
チバテレ盃     →回収率210%
─────────────────────
◎20年地方の無料情報実績
・名古屋Grp 124%・ビオラ賞   111%
・浦和記念   92% ・サンタアニタT100%
・ロジータ記念 144%・時雨空特別  272%
・楠賞     219%・平和賞    117%
・クイーン賞TR138%・鎌倉特別   100%
・南部杯    214%・姫山菊花賞  109%
・NTV盃   419%・月光特別   820%
─────────────────────
5頭ワイドBOX基本ですがこれがよく来る!
選んだ馬見るだけでもOK!初心者さんはベタ乗りで
熟練者さんは馬連3連複応用もオススメです!
→好調地方無料情報
買い目はレース当日公開!中央も好調なのでオススメです!



今日は、ユングフラウ賞
(浦和競馬1400m)の予想を。
2/23浦和競馬11R、発走時間16:15です。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書いている。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。

◎ウワサノシブコ
ティーズアレディー




ローテーション・レース傾向分析】
ユングフラウ賞1


一番多いのは東京2歳優駿牝馬組だが、近年は他のレースを経由した馬が目立つ。
また前走では馬券内・掲示板を確保しており、大敗からの巻き返しは困難だ。


当レースは、来月の桜花賞のトライアルレース。
クラシックに向けて熱い戦いが始まる!


urawa




【展開分析】
枠順をふまえると、ケラススヴィアが再度ハナだろう。
それに、アングラン・アイカプチーノ・セカイノホシらが続きそうだ。
更に、ティーズアレディー・ウワサノシブコか。


ペースが流れそうで、逃げ争いしそうな馬は厳しい。
事実、昨日は逃げ馬が苦しくなるレースが何度かあった。
好位~差し馬に分があるだろう。



【ステップレース参考】
東京2歳優駿牝馬の回顧はこちら。

東京2歳優駿牝馬の回顧



レースラップ分析】
前半からペースが流れて、上りがかかる。
その一方、浦和コースは直線が短く、4コーナーでの位置取りがそのまま着順となる場合も多い。

4コーナーで4番手以内だった馬が11頭。
差し馬も、4コーナーでは好位に上がっていたい。


ユングフラウ賞2



追切タイム  
省略



前日オッズ
前日時点のオッズはこちら。

1 ケラススヴィア:1.1
2 サブルドール:12.5
3 グロリオーソ:13.3
4 ティーズアレディー:21.9
5 プレストレジーナ:27.4



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
地方競馬を買うならば、IPATやオッズパークなどもあるが、私は楽天競馬一択だ。
理由は大きく5つ。


1 入会費、年会費、全く無し。完全無料で楽しめる!
2 楽天銀行の口座があれば、最短5分で入会完了!(楽天銀行が無い場合も、最短3分で口座開設完了)
3 365日、スマホやPCで、全国のライブ映像を見ながら全ての馬券を購入できる。ライブ映像は無料、終了したレースの映像も無料で楽しめる!
4 馬券を購入すると、楽天ポイントが数%還元される! 
5 貯まったポイントは、楽天市場楽天ブックスなどで現金の代わりに利用可能!


特に#4が大きい。
その中でも、交流重賞は
ポイント還元が10%なので、非常にオトクだ。
ポイント還元が10%ということは、年間で馬券を10,000円買った場合、1,000円分のポイントが還元されるということ。
これは他には無いオトクなサービスだし、他にも毎月様々なキャンペーンを行っている。


楽天銀行に口座を持っていたり、日頃から楽天市場など楽天のサービスを利用している方は、是非楽天競馬を使うべき。
楽天競馬地方競馬をオトクに買い、馬券を当てましょう!


新規登録時に最大1000円貰えるなど、「お試しキャンペーン」を常時行っているので、まずはチェックして欲しい。 



【出走全馬ワンポイント評価】
1番グロリオーソ
父フリオーソ
母シャインエタニティ
(グラスワンダー)
大井・佐野謙二  
中4週
牝3 栗
吉原寛 54.0K
11戦3勝 [3-1-2-5]

ホッカイドウ競馬デビュー組。
目立った戦績はリリーカップの5着(1.9差)程度だったが、2走前から南関東へ移籍して連勝中。
後は、初の浦和・左周りに対応できるかどうか。
鞍上は強力だが、、、、



2番ケラススヴィア
父サウスヴィグラス
母レディパッション
(ネオユニヴァース)
浦和・小久保智  
中7週
牝3 黒鹿
森泰斗 56.0K
4戦4勝 [4-0-0-0]

重賞2勝を含めて4連勝中。
前走も圧巻の逃げ切り勝ち。
今回も好枠を引いた地元での一戦、斤量は重いが中心視すべきだ。
後は、減り続けている馬体が回復すれば良いのだが。



3番アングラン
父フィガロ
母ヴィジタンディーヌ
(ワイルドラッシュ)
大井・中道啓二  
中4週
牝3 鹿
本橋孝 54.0K
9戦2勝 [2-1-0-6]

ホッカイドウ競馬デビュー組だが、移籍前後に目立った戦績が無く厳しい。



4番プレストレジーナ
父エスポワールシチー
母プリティーサンサン
(リンドシェーバー)
大井・佐野謙二  
中4週
牝3 栗
笹川翼 54.0K
5戦1勝 [1-1-2-1]

2走前の東京2歳優駿牝馬で4着(0.9差)。
前走の桃花賞も2着(0.4差)で、まずまずの戦績。
初の浦和・左周りに対応できればソコソコやれそうだ。



5番アイカプチーノ
父ジョーカプチーノ
母エミネンツァベルタ
(タイキシャトル)
船橋・阿井正雄  
中1週
牝3 芦
山口達 55.0K
7戦3勝 [3-0-2-2]

3勝全てが逃げ切り。
今回はインに強力な同型馬がいて、厳しい。



6番ウワサノシブコ
父アイルハヴアナザー
母スマートシンパシー
(ダンスインザダーク)
浦和・岡田一男  
中2週
牝3 栗
和田譲 55.0K
12戦3勝 [3-3-1-5]

ホッカイドウ競馬デビュー組。
重賞で掲示板を確保して、3走前から南関東へ移籍。
前走のオープンを勝利して臨む。
先行して末脚もしっかり使えるので、ここでも面白い存在だ。



7番ホーリーナイトキス
父ホッコータルマエ
母カリス
(シンボリクリスエス)
大井・鷹見浩  
中2週
牝3 鹿
江里口 55.0K
9戦2勝 [2-0-3-4]

ここ2戦、重賞やオープンで大敗。
厳しい。



8番ティーズアレディー
父トランセンド
母フェスティブシャン
(サニーブライアン)
大井・嶋田幸晴  
中4週
牝3 鹿
達城龍 55.0K
11戦2勝 [2-3-1-5]

前走の桃花賞を快勝。
ホッカイドウ競馬時代でもリリーカップでの4着(1.8差)があった。
差す競馬もできるので、今回は控える競馬になりそう。
後は他の馬同様、初の浦和・左周りに対応できるかどうかだ。



9番サブルドール
父カジノドライヴ
母ビスクドール
(サンデーサイレンス)
大井・荒山勝徳  
中7週
牝3 栗
藤田凌 55.0K
6戦1勝 [1-2-2-1]

フェアビアンカの同級生で、前走の東京2歳優駿牝馬も2着(0.7差)。
ホッカイドウ競馬時代はフローラルカップでも3着(0.3差)があり、距離があった方が良さそう。
その一方、姉のオウケンビリーヴは短距離で活躍しており、外からスムーズに進められれば再度好走できそうだ。



10番セカイノホシ
父カレンブラックヒル
母セカイノカナ
(キングヘイロー)
大井・蛯名雄太  
中7週
牝3 芦
本田正 54.0K
7戦3勝 [3-1-1-2]

現時点で、ケラススヴィアと一番接戦した馬。
ただ、3勝全てが逃げ切りで、同型馬が多くて外枠を引いた今回は厳しい。



11番スセリヒメ
父ヴァンセンヌ
母ミスランタナ
(Miswaki)
川崎・河津裕昭  
中3週
牝3 鹿
藤本現 54.0K
11戦1勝 [1-2-1-7]

未だ1勝馬で使い詰め。
厳しい。



12番レディブラウン
父フリオーソ
母レモンリーフ
(リンドシェーバー)
川崎・原三男  
中3週
牝3 青鹿
伊藤裕 55.0K
10戦2勝 [2-2-1-5]

2走前の東京2歳優駿牝馬で5着(0.9差)。
先行して見せ場は有った。
ホッカイドウ競馬時代でも重賞で3度掲示板確保しているし、ケラススヴィア以外とならば十分通用しそう。



01_320x100
【最終結論】
◎はウワサノシブコ
今回のメンバーは浦和経験馬が3頭しかいない。
そのうちの一頭で、浦和で好走し、レベルの高いホッカイドウ競馬で揉まれて来たこの馬を本命視。
枠順をふまえると、ケラススヴィアらをマークしながら進められるし、斤量も1K軽い。
本番に向けて、好走できるはず!



▲はティーズアレディー
ホッカイドウ競馬時代は1200での好走が多かったが、南関東へ移籍した後は1600で好走を続けている。
しかも器用さが求められる大井1600での好走が心強い。
トリッキーな浦和は初だが、この器用さが活きるのでは。
差す競馬が出来るのも良く、先行勢を見て勝負所から一気に進出できそうだ!



〇はケラススヴィア
コース経験や戦績は断然。
後は馬体重や斤量など、自分との戦いだ。



以下、東京2歳優駿牝馬で好走したサブルドール、プレストレジーナ、レディブラウン
、ケラススヴィアのハナを叩くことができれば面白いアイカプチーノを抑える。



◎ウワサノシブコ
ティーズアレディー
〇ケラススヴィア
△サブルドール
△プレストレジーナ
△レディブラウン

△アイカプチーノ



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60