bannere_468x60





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



唯一無料公開予想で!
フェブラリーS3連単的中

エアスピネル  9番人気
ワンダーリーデル8番人気
両方とも上位に推奨!!
もちろんカフェファラオも抑えて3連単!
無料公開された馬柱がコチラ↓
─────────────────────

─────────────────────
2着エアスピネル   9番人気→指数5位推奨
3着ワンダーリーデル8番人気→指数3位推奨
結論3連単101710円獲得!!
さらに京都牝馬ステークス
指数2→1→4位で3連単59340円
ここでもブランノワール9人気
指数4位推奨の3着!
─────────────────────

─────────────────────
未勝利戦~重賞まで絶好調
そして今週末は相性いい中山記念/阪急杯
中山記念は的中実績見ると例年ここの上位馬決着
そして去年の阪急杯ではベストアクター6人気を4位推奨!
結論1着好走の指数4→1→1位で3連単40190円
気を感じるんでしょうね!
18頭立てでも基本4~5頭までに絞り込んでくれてます!
気になる方は無料メルマガ会員へ
↑からメール登録し前日夜無料指数をチェックしてみてください。
PS:2月21日無料公開阪神4Rも3連単862970円
未勝利、新馬戦も穴馬教えてくれてました!




今週は阪急杯予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ロードアクア
▲メイケイダイハード



【レース展望】
高松宮記念の前哨戦の1つである、阪急杯。
同時に、芝1400で行われる貴重なレースだ。
例年だと阪神の開幕週に行われるが、今年は開幕して3週目での実施。


芝1400というレースは、「芝1200と芝1600のそれぞれで必要とされる要素」が求められる。
これは、芝1200で必要なスタートダッシュと、芝1600で必要な最後の決め手だ。
そんな特殊なレースのせいか、リピーターが発生しやすい
当レースで繰り返し好走したり、同じ舞台の阪神カップで好走した馬が当レースでも好走したり。。。



血統的には、
リファールの血を持つ産駒が5年連続で勝利中。
また過去をさかのぼると、フジキセキの血を持つ産駒も成績が良く、これも注目すべき血統だ。


まとめると、「
コース実績があってリファールorフジキセキの血を持つ産駒」を狙いたい。


hanshin_turf_1400




【出走全馬ワンポイント評価】
1番メイケイダイハード
父ハードスパン
母メイケイソフィア
(キングカメハメハ)
栗東・中竹  
中1週
牡6 鹿
松若* 56.0K
33戦5勝 [5-1-2-25]

前走のオープンは、6着(0.3差)とまずまず。
5勝中3勝が阪神でのもので、舞台は悪くない。
あとは展開や流れが向くかどうか。



2番ダノンファンタジー
父ディープインパクト
母ライフフォーセール
(Not For Sale)
栗東・中内田  
中8週
牝5 鹿
川田 55.0K
13戦6勝 [6-1-0-6]

前走の阪神カップを好時計で快勝。
そこからしっかり間隔を空けての同舞台。
今回も上位争いできるだろう。



3番カツジ
父ディープインパクト
母メリッサ
(ホワイトマズル)
栗東・池添兼  
中13週
牡6 鹿
武豊 57.0K
18戦3勝 [3-1-1-13]

鉄砲実績の無い馬。
芝1400に短縮されるのはプラスだが、厳しいだろう。



4番ロードアクア
父ロードカナロア
母オーシュペール
(ダイワメジャー)
栗東・浅見  
中6週
牡5 鹿
田中健 56.0K
15戦4勝 [4-0-4-7]

2歳以来の芝1400。
3歳以降の好走は芝1200のみで、この距離をこなせるかどうか。



5番メイショウチタン
父ロードカナロア
母ラルティスタ
(マイネルラヴ)
栗東・本田  
中4週
牡4 黒鹿
幸 56.0K
16戦4勝 [4-1-1-10]

3歳以来の重賞挑戦。
勝ち鞍が全て芝1400なので、舞台は絶好。
ただ使える末脚の早さに限界があるようで、このクラスで勝ち負けできるか疑問。



6番ミッキーブリランテ
父ディープブリランテ
母エピックラヴ
(Dansili)
栗東・矢作  
中6週
牡5 鹿
和田竜 56.0K
20戦5勝 [5-2-3-10]

前走のオープン戦を人気薄ながら勝利。
その一方、2走前の阪神カップはシンガリ負け。
重賞ではまだ馬券内がなく、厳しそうだ。



7番クリノガウディー
父スクリーンヒーロー
母クリノビリオネア
(ディアブロ)
栗東・藤沢則  
中3週
牡5 栗
岩田望 56.0
19戦1勝 [1-2-1-15]

G1激走が2度ある一方、レースの格が低ければ低いほどに走らない馬。
前哨戦の今回は厳しいだろう。
それでいて賞金が稼げないと、今度は本番出走が危ぶまれる、、、、



8番レシステンシア
父ダイワメジャー
母マラコスタムブラダ
(Lizard Island)
栗東・松下  
中13週
牝4 鹿
北村友 54.0K
7戦3勝 [3-2-1-1]

ハイペースを先行すると強い馬だが、前走のマイルチャンピオンシップは骨折明けや馬体増もあって自分の競馬ができず。
今回、鞍上が自信をもって強気の競馬をしてくれれば良いのだが、、、、
再度スローの逃げを打つと、アッサリ捕まる可能性がある。



9番タマモメイトウ
父エイシンフラッシュ
母チャームアンサー
(メジロライアン)
栗東・藤岡  
中8週
牡5 黒鹿
古川 56.0K
26戦4勝 [4-2-1-19]

オープンを3戦して、いずれも勝負圏外。
前走の阪神カップでも大敗しており、厳しい。



10番インディチャンプ
父ステイゴールド
母ウィルパワー
(キングカメハメハ)
栗東・音無  
中8週
牡6 鹿
福永 57.0K
18戦8勝 [8-2-4-4]

前走の阪神カップは、後ろで構え過ぎてしまい、3着(0.4差)止まり。
このメンバーでは実績も力も上位。
高速馬場の流れに乗れれば、勝ち負けだ。



11番ザイツィンガー
父ドリームジャーニー
母ザッハトルテ
(クロフネ)
栗東・牧田  
中3週
牡5 芦
国分恭 56.0K
20戦4勝 [4-2-0-14]

前走のシルクロードステークスは、最内枠で窮屈になりながらも8着(0.6差)とまずまず。
オープンで戦える力を見せた一方、高速馬場での実績が少ない上、前走より相手が強力に。
厳しい。



12番コンパウンダー
父アドマイヤムーン
母アポセカリー
(Manduro)
栗東・石橋  
中1週
牡6 黒鹿
吉田隼 56.0K
24戦4勝 [4-2-3-15]

オープン初戦の前走は、ほぼ最後方追走から直線で差を詰めたのみで10着(0.6差)。
古馬になっての勝ち星は芝1200のみで、距離延長は厳しい。



13番ジャンダルム
父Kitten's Joy
母ビリーヴ
(サンデーサイレンス)
栗東・池江  
中8週
牡6 黒鹿
荻野極 56.0K
19戦4勝 [4-1-2-12]

2走前の芝1400のオープンを快勝し、前走の阪神カップも7着(0.5差)に善戦。
今ではこの舞台がベストのようだ。
ただ、古馬になってから定量戦の重賞では一度も馬券に絡んでおらず、厳しそう。



14番トライン
父ディープインパクト
母マルケサ
(Kingmambo)
栗東・浜田  
中2週
牡6 鹿
池添 56.0K
15戦4勝 [4-0-2-9]

2走前からオープンに昇格して、ソコソコの戦績。
末脚を活かして好走する馬で、道中のペースが緩んで欲しいが、前走より距離短縮となる今回はペースが流れそう。
期待するペースは叶わないだろう。



15番ブラックムーン
父アドマイヤムーン
母ロイヤルアタック
(ジェネラス)
栗東・西浦  
中7週
牡9 鹿
藤井勘 56.0K
39戦8勝 [8-3-4-24]

近走成績と馬齢から、厳しい。



16番メイショウキョウジ
父ダイワメジャー
母アルペンローズ
(Kris S.)
栗東・藤岡  
中1週
牡6 鹿
酒井 56.0K
28戦5勝 [5-8-5-10]

JRAでの好走は、芝1200に集中している。
距離延長は良くなく、厳しい。



17番ベストアクター
父ディープインパクト
母ベストロケーション
(クロフネ)
美浦・鹿戸  
中51週
セ7 芦
団野 56.0K
12戦6勝 [6-1-1-4]

昨年の当レースの覇者。
今回はそれ以来、1年ぶりの出走。
最近の外厩調整の進歩は認めるが、さすがに厳しいのでは。




01_320x100

【最終結論】

◎はロードアクア(単勝63.5倍・11番人気)
同型馬のレシステンシアがいるが、昨年の走りを見ると、2歳時のような早い流れの逃げを打つ可能性は低い。
そうなると、内枠に入り、前走の芝1200でも逃げて善戦したこの馬が楽なペースで行き、そのまま粘れるのでは。
阪神はまだまだ高速馬場が続いているし、内の状態も良い。
鞍上渾身の逃げに期待!



▲はメイケイダイハード(単勝80.0倍・12番人気)
絶好の最内枠を引き、ロスなく立ち回ることができる。
隣のダノンファンタジーについていけば良いだろう。
得意のコースにて、前走の分も含めて末脚を炸裂すれば、昨年に続く重賞2勝目が見えてくる!
血統的にもフジキセキの血を持っており、レースに合致する。



〇はダノンファンタジー
前走で快勝した阪神カップと同舞台での出走。
好枠を引けたし、今回も勝ち負けできる。



以下、
末脚は上位のトライン実力上位のインディチャンプ内枠を引いたので切れ味の無さを補えることができるかもしれないメイショウチタン、大外枠と久々は大幅マイナスだが昨年の覇者のベストアクターを抑える。



◎ロードアクア
▲メイケイダイハード
〇ダノンファンタジー
トライン
△インディチャンプ
△メイショウチタン
△ベストアクター



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60