bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた金盃の回顧を。





ダイヤモンドS2021無料予想
土曜の東京重賞メインはココ!
昨年~直近と相性が良いんです!
━━━━━━━━━━━━━━
◎直近の東京メイン(無料)
02/13 クイーンカップ
着順:6-9-2/3連複23.2倍×400円
[獲得額]9,280円[回収率]155%
02/06 早春ステークス
着順:8-11-6/3連複26.2倍×500円
[獲得額]13,100円[回収率]262%
買い目画像↓
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
昨年東京の土曜重賞もGOODです↓↓
【無料予想/東京重賞2020】
10/24 富士ステークス
3連複5-11-9/77.1倍×500円
[獲得額]38,550円[回収率]771%
10/18 東京ハイジャンプ
3連複1-5-6/47.3倍×900円
[獲得額]42,570円[回収率]788%
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
回収率狙い目は150~800%!
去年最高値は1758%なので相性抜群の東京に期待しましょう!
→ダイヤモンドSの無料情報
↑ここから買い目チェックしてください!メアドのみで登録可能です。




banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
金盃3

マンガンが重賞2勝目!
2着に9馬身差の圧勝、上がり最速の末脚で突き抜けた(上がり2位に1.5差)。

長距離戦らしく、騎手同士の駆け引きが多い見応え十分なレースだったが、最後はマンガンの圧倒的な強さが際立った一戦となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
金盃4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、5ハロン・8ハロンの通過時のタイムは過去最速。
ペースが早い上に各馬が競り合って、先行した馬は軒並み失速した。

その結果、中団~後方に居た馬が3コーナーで一気に上がり、ガラっと着順が変わった。
また、例年同様、ロスなく進んだ内枠勢が上位を占めた。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
7枠の2頭と、サウンドトゥルーが出遅れる。


好スタートを切ったのはハルディネロ
そのままハナへ行く。
マンガンも好スタートだったが、これはインにいれて控えた。
外からはマイネルアンファンとストライクイーグル。
更に8枠の2頭も先団へ。
ハセノパイロも先行して、最初の3コーナーへ入った。


最初の3~4コーナーを過ぎて、ハルディネロが半馬身差の逃げ。
番手にストライクイーグル、3番手はマイネルアンファンと8枠の2頭。
少し空いて、シュプレノン。
更にインにマンガン、並んでハセノパイロ。
その後ろの外から、サウンドトゥルーが前へ上がって行く。
連れてチェスナットコートも進出。
マンガンの後ろに、トーセンブルとフレアリングダイヤが続いた。


1~2コーナーで、ハルディネロが半馬身差の逃げ。
番手にストライクイーグル、その外に8枠勢が続くが、テルペリオンはここで遅れ始める。
4頭の後ろのインにマイネルアンファン、外にサウンドトゥルー。
その後ろには5枠勢が続いた。
更にマンガンとチェスナットコート。
トーセンブルもまだ手ごたえ十分。


2周目の3~4コーナー前からペースが上がり、各馬の手が動き始める。
先頭はハルディネロがキープしているが、ノンコノユメが番手に上がって先頭に迫る。
3番手は、3連覇に向かってサウンドトゥルー。
その後ろに、いつの間にか外に切り替えたマンガンが進出して大外へ。
更に、トーセンブルが外から上がってきた。


直線、マンガンがあっという間に先頭に立つ
インの馬は、サウンドトゥルーが伸びようとするが、ジワジワとしか伸びない。
外からはトーセンブルが伸びてくるが、これも少しずつしか来ない。


残り200を切ると、マンガンが完全に抜け出して独走状態。
皇族に大きなリードを保って、そのまま1着でゴール。
2着は残り100で前に出たトーセンブル、3着はサウンドトゥルーが守った。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎
マンガン
父アイルハヴアナザー
母スマートストーム
(アグネスタキオン)
川崎・田島寿一  
中5週
牡4 栗
吉原寛 56.0K

道中、インをジックリ進み、2周目の3~4コーナーで大外から一気に前へ。
ロスが多かったと思いきや余力十分で、直線は後続を離す一方。
勝ち時計や上がりも優秀で、次のダイオライト記念でもJRA勢に十分戦えそう。
しかもまだ4歳、成長の余地がタップリあって、今後が非常に楽しみだ!



2着:▲
トーセンブル
父トーセンブライト
母トーセンクラッチ
(トーセンダンス)
船橋・山中尊徳  
中7週
牡6 黒鹿
本田正 56.0K

この馬も長距離では本当に安定している。
やはりロスなく内を進んで、マンガンの後を追いかけるように外へ出した。
マンガンの圧倒的な強さには及ばなかったが、サウンドトゥルーに先着したのは立派。



3着:〇
サウンドトゥルー
父フレンチデピュティ
母キョウエイトルース
(フジキセキ)
船橋・佐藤裕太  
中5週
セ11 栗
森泰斗 57.0K

3連覇成らず、、、、
それでも前へ行った馬の中では最上位。
まだ力が有る所を見せてくれた。



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60