bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたニューイヤーカップの回顧を。





船橋記念、マイル争覇期待大
TCK女王盃、ゴールドジュニア
梅桜賞、川崎記念、白鷺賞・・・
無料公開されたら・・期待できる!
中央地方と無料情報好調です!
─────────────────────
◎検証OK/中央無料予想
01/09ニューイヤーS 14,2,5人気
ワイド3-13→1470円/回収率147%
─────────────────────

12/26ホープフルS  回収率176%
12/19ターコイズS  回収率420%
12/13カペラS    回収率149%
12/06ラピスラズリS 回収率157%
─────────────────────
無料予想/地方戦績
・名古屋Grp 124%・ビオラ賞   111%
・浦和記念   92% ・サンタアニタT100%
・ロジータ記念 144%・時雨空特別  272%
・楠賞     219%・平和賞    117%
・クイーン賞TR138%・鎌倉特別   100%
・南部杯    214%・姫山菊花賞  109%
・NTV盃   419%・月光特別   820%
─────────────────────
難解な重賞もワイドBOXのうまい買い方で
的中率KEEP中!!
地方は当日無料開放されるのでメルマガに注目!
無料予想/(中央・地方)
↑からメール登録しておき、重賞当日は要チェックです!
(去年から検証OKな無料地方予想なんです!)





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
ニューイヤーカップ3

トランセンデンスが中団から差し切って快勝!
出世レースを勝利して、クラシック路線での活躍が期待できる走りだった。

2着と3着の差が6馬身あり、それぞれの力差が鮮明になった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
ニューイヤーカップ4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過時のタイムは標準かやや早め。
先行馬が固まり、よどみのないペースとなった。

その結果、1・3着は、2コーナーで後方に居た馬。
それでもジョーロノが逃げ残ったり、4着に道中4番手から進めたワールドリングが残ったり、浦和らしい結果になった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
カシノルシーダが大きく出遅れ、サヨノグローリーも出遅れた。
キャッスルヒーローも後方から。


ハナに立ったのは、予想通りジョーロノ
スタートを切って、労せず逃げる事に。
そこへ大外枠からハートプレイスが掛かり気味に上がる。
間にはピースフラッグ。
その後ろは、ワールドリングとサイダイゲンカイ。
トランセンデンスはその後ろのインにつけた。


1~2コーナーで、ジョーロノが半馬身差の逃げ。
番手にピースフラッグ、それを3番手からハートプレイス。
インからワールドリング、並んでサイダイゲンカイ。
そこへ、外に切り替えたトランセンデンスが上がって行った。
連れてキャストロポポも。
先団が固まり、大きく離れてキャッスルヒーロー。
その後ろから、ムチをいれてサヨノグローリーが上がって行く。


3~4コーナーで先行勢の何頭かが脱落し、代わってトランセンデンスが番手に。
ジョーロノは、まだ逃げている。
3番手は、インからワールドリング・外からキャストロポポ。
大外からはサヨノグローリーも3番手集団に迫る。


直線、外からトランセンデンスがジョーロノを交わして先頭へ
ジョーロノも粘るが、トランセンデンスが独走状態に。
3着争いは、遥か後方でサヨノグローリーが上がる。

トランセンデンスは完全に抜けだし、そのまま1着でゴール。
2着がジョーロノ、大きく離れた3着はサヨノグローリー。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
トランセンデンス
父トランセンド
母タントタント
(シニスターミニスター)
浦和・小久保智  
中2週
牡3 鹿
森泰斗 56.0K

鞍上の好騎乗が目立った。
スタート後、最初の4コーナーでインに入れて距離ロスを減らし、向こう正面では外からスムーズに揚がって3コーナーではもう番手。
直線はジョーロノを交わすだけ、、、、
馬自身の強さもあったが、それ以上に鞍上が光る一戦だった。



2着:◎
ジョーロノ
父ジョーカプチーノ
母キョウエイエルメス
(ワイルドラッシュ)
浦和・小久保智  
中1週
牡3 栗
吉原寛 56.0K

好枠から逃げたが、ピースフラッグらに常に絡まれる厳しい展開。
それでも2着を守ったのは力のある証拠。
使い詰めで上り目は無さそうだが、今後も自分の競馬が出来れば上位に来そうだ。



3着:▲
サヨノグローリー
父トゥザグローリー
母アルディートプリエ
(シーキングザダイヤ)
浦和・工藤伸輔  
中1週
牡3 鹿
町田直 56.0K

スタートで出遅れてはるか後方から。
3着まで追い込んではきたが、2着とは6馬身差。
まずはスタートの改善からだ。



9着:〇ハートプレイス
父ネオユニヴァース
母ネリヤカナヤ
(タイキシャトル)
大井・佐宗応和  
中3週
牡3 栗
桑村真 56.0K

かかり気味に先行して外を回り続け、3コーナーでもう失速。。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60