bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた埼玉新聞栄冠賞の回顧を。




◎変幻自在ワイドBOX
堅実にプラスを出したい、競馬を毎日楽しみたい。そんな方におすすめ。LAP競馬は中央・地方で毎日無料買い目を更新中。ただ毎日出してるだけじゃなく、中央メイン・地方重賞でキッチリ結果を残しています。
───────────
10/14鎌倉記念→回収率:100%
10/12南部杯→ 回収率:214%
10/10魚沼特別→回収率:283%
───────────

───────────
基本買い目は10点BOXで人気馬も買ってますが、入線しそうな人気薄も合わせてBOX買い!ワイド3点ともトリプル的中も狙えますし、特に堅そうなレースなら馬連・3連複など、馬券のランクアップを視野に入れてもOK?より良い結果になるかもしれません◎
───────────
▽ほか的中実績
10/05大井06R→回収率121%
10/04中山08R→回収率108%
10/01園田11R→回収率106%
09/30船橋11R→回収率419%
09/29名古屋11R→回収率820%
───────────
日々コツコツ勝利がココの良い所ですが、3連複などワイドBOX以外の買い目が出たら爆勝ちチャンス!決める時は決めてくれる、ココはそんな魅力もあるんです!
無料予想エントリーはコチラ
無料買い目は毎日更新。地方重賞の公開率高めなので、お見逃しないように!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
埼玉新聞栄冠賞3

タービランスが昨年の報知グランプリカップ以来の重賞制覇!
休み明けも全く問題なく、地方馬同士の力の違いを見せた。

人気が割れ加減で波乱も予想されたが、順当な結果となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
埼玉新聞栄冠賞4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3.5ハロン・5.5ハロンの通過時のタイムは過去最速。
ファルコンウィングがペースを落とさずに逃げてハイペースとなり、上りがかかった。

それでも上位3頭は4コーナーで1~3番手。
浦和らしい結果となった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
リンゾウチャネルが出遅れる。。。。
他、オールブラッシュとチェスナットコートも後ろから。


ハナを狙ったのは予想通りファルコンウィング
スンナリ先行して3コーナーに入った。
それにタービランス・ホーリーブレイズ・トーセンガーネットが続く。
4コーナーを過ぎる頃には馬群が縦長となっていた。


1周目の4コーナー前を過ぎて、ファルコンウィングが5~6馬身差の大逃げ。
番手にタービランス・3番手は3頭並んでホーリーブレイズ・マイネルバサラ・リッカルド。
外からはオールブラッシュも上がっていった。


1~2コーナーで、ファルコンウィングが2馬身差の逃げ。
番手にオールブラッシュ、それを3番手集団のタービランス・リッカルド・マイネルバサラらが続く。
その後ろのホーリーブレイズはムチが入る。
リンゾウチャネルも、上がろうとはしていた。


2周目の3~4コーナーで、まだファルコンウィングが逃げていたが、リッカルドが良い手応えで迫ってくる。
更に押して押してタービランス。
その後ろは間が空いてしまい、ホーリーブレイズ。
更に間が空いて、オールブラッシュら。
馬券内は、上位3頭に絞られた。


直線、ファルコンウィングが粘ろうとするが、リッカルドが並ぼうとする
更にその間の狭い所を突いて、タービランスが差してくる。
一気に2頭を交わして先頭に立ち、そのまま1着でゴール。
2着がリッカルド、3着はファルコンウィングが粘った。




banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇
タービランス
父パイロ
母チャームエンジェル
(Theatrical)
浦和・水野貴史  
牡7 黒鹿
笹川翼 58.0K

道中絶好位で進めて、直線はインをこじ開けて差し切る。
実績が違うと言わんばかりの勝利だった。



2着:△
リッカルド
父フサイチリシャール
母キョウエイハツラツ
(オペラハウス)
船橋・佐藤裕太  
セ9 芦
矢野貴 58.0K

勝負所で前を射程圏に入れて抜け出すも、最後にタービランスに競り負ける。
それでも左回りダートでは安定しており、まだまだやれそうだ。



3着:◎
ファルコンウィング
父スズカコーズウェイ
母ユアカラー
(ジェイドロバリー)
浦和・小久保智  
牡3 栗
左海誠 58.0K

この鞍上らしく、強気の大逃げ。
ペースを落とさずに進めて後続の脚も殺していたが、上位2頭の力が上だった。
それでも最後まで粘っており、今後が楽しみ。



8着:リンゾウチャネル
父モンテロッソ
母ワールドレデー
(タヤスツヨシ)
船橋・矢野義幸  
牡4 黒鹿
石崎駿 58.0K

スタートの出遅れで好位を取れなかったのが全て、、、、




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60