iroha_bn



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!




菊花賞2020予想に【朗報】
東京HJ回収率788%
月イチ高回収率出している無料情報が
障害レース重賞でもやってくれました!
━━━━━━━━━━━━━━
★☆東京HJ/無料情報
3連複1-5-6/47.3倍×900円
4万2570円獲得/回収率788%
7人気ヒロシゲセブン当て込み
点数少なめで高回収率を実現!

↓↓前夜公開の買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
5月末から追いかけてますが
月イチ高回収率は当たり前です!
【各月の高回収率(無料)】
■8/23小倉8R→9万4290円/1758%
■8/16札幌6R→4万8360円/1008%
→(8月買い目画像
■7/19函館9R→3万9440円/821%
■6/13函館7R→6万800円/1267%
→(6,7月買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━
現在確認済み買い目無料提供
◎富士S(G2)◎スワンS(G2)
2020年の菊花賞も無料公開期待!
→土曜重賞の無料情報
買い目はレース前夜公開!
コントレイル有力の菊花賞も無料公開あるのか確認はマストです。





今週は
菊花賞予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎レクランサス
▲サトノインプレッサ



【レース展望】
3歳牡馬の3冠目として行われる菊花賞。
全馬にとって未知数の京都芝3000という条件で行われるレースで、今までのレースであまり問われなかったスタミナという部分が要求される一戦だ。


一時期、京都芝は高速馬場となっていたが、最近はソフトな馬場となっている。
更に雨の影響を付ける事も増えており、スタミナが求められるケースが多い。
ロスなく立ち回ってスタミナを温存できる内枠の馬の成績が良さそうだが、実際は逆。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、1~4枠は5頭のみ。
外枠の馬が狙い目だ。


また、前走でも馬券内に来ていることが重賞。
馬券外からの巻き返しは15頭中2頭のみで、セントライト記念か神戸新聞杯だった。


血統的には、ディープインパクト産駒が5年連続で馬券内に来ているが、それ以外に現代競馬で目立つ血を持つ馬も来ており、目立った傾向は無い。


まとめると、「
外枠で前走馬券内に来た馬(ディープインパクト産駒なら尚良し)」を狙いたい。
kyoto_turf_3000







【出走全馬ワンポイント評価】
1番ディアマンミノル
父オルフェーヴル
母イソノスワロー
(デヒア)
栗東・本田  
牡3 栗
幸 57.0K
9戦2勝 [2-1-1-5]

連勝中。
特に前走は、時計のかかる馬場で勝利した。
中1週はキツいが、偉大な父に続きたい。



2番ガロアクリーク
父キンシャサノキセキ
母ゴールドレリック
(Kingmambo)
美浦・上原  
牡3 鹿
川田 57.0K
7戦2勝 [2-0-2-3]

前走のセントライト記念で3着(0.4差)。
血統的に距離延長が不安だし、3走前の皐月賞も3着とは言え0.7差の完敗だった。
厳しそう。


3番コントレイル
父ディープインパクト
母ロードクロサイト
(Unbridled's Song)
栗東・矢作  
牡3 青鹿
福永 57.0K
6戦6勝 [6-0-0-0]

説明不要の2冠馬。
前走の神戸新聞杯も完勝で、中心視すべきだろう。



4番マンオブスピリット
父ルーラーシップ
母サンデースマイルII
(サンデーサイレンス)
栗東・斉藤崇  
牡3 鹿
Mデムーロ 57.0K
6戦2勝 [2-1-0-3]

この馬も重賞で連続完敗中。
厳しいだろう。



5番サトノインプレッサ
父ディープインパクト
母サプレザ
(Sahm)
栗東・矢作  
牡3 黒鹿
坂井 57.0K
6戦3勝 [3-0-0-3]

前走の毎日王冠は大敗したが、2走前の東京優駿では4着(0.8差)に健闘。
前走から距離が伸びるのも、力の要る馬場になるのも歓迎だ。



6番ヴェルトライゼンデ
父ドリームジャーニー
母マンデラ
(Acatenango)
栗東・池江  
牡3 黒鹿
池添 57.0K
7戦2勝 [2-3-1-1]

前走の神戸新聞杯は大外から2着(0.3差)。
中間、順調さを欠いた中で良く差してきた。
その一方、2走前の東京優駿でも3着(0.8差)に敗れており、当時11着だったサトノフラッグと0.4差。
他馬との力差はさほどないようで、今回2番人気が妥当かどうか、微妙。



7番ダノングロワール
父ハーツクライ
母ソーメニーウェイズ
(Sightseeing)
美浦・国枝  
牡3 栗
北村友 57.0K
6戦3勝 [3-0-1-2]

この馬も連勝中。
前走勝利した九十九里特別は、過去にデルタブルースがステップとしたレース。
前走の様子から、時計のかかる馬場も歓迎だ。



8番ディープボンド
父キズナ
母ゼフィランサス
(キングヘイロー)
栗東・大久保  
牡3 青鹿
和田竜 57.0K
8戦2勝 [2-1-1-4]

前走の神戸新聞杯で4着(0.5差)。
先行勢が崩れる中、最後まで粘っていた。
叩き2戦目での前進に期待したい一方、今の京都の馬場ではイン先行勢が粘るのが難しい。
どこまでやれるか。



9番アリストテレス
父エピファネイア
母ブルーダイアモンド
(ディープインパクト)
栗東・音無  
牡3 鹿
ルメール 57.0K
8戦3勝 [3-4-0-1]

春はプリンシパルステークスで完敗したが、休養を挟んでここ2戦が連勝中。
特に前走は、神戸新聞杯よりも0.6早いタイムで勝利した。
乗り替わりも問題ないし、先週のソフトフルートのような上がり馬になり得るか、、、、
と思ったが、予想以上の穴人気となり、返って敬遠すべきか。



10番サトノフラッグ
父ディープインパクト
母バラダセール
(Not For Sale)
美浦・国枝  
牡3 鹿
戸崎圭 57.0K
7戦3勝 [3-1-0-3]

前走のセントライト記念で2着(0.3差)。
4コーナーでの手応えが良かったが、そこから突き抜ける事ができなかったのは不満。



11番バビット
父ナカヤマフェスタ
母アートリョウコ
(タイキシャトル)
栗東・浜田  
牡3 栗
内田博 57.0K
6戦4勝 [4-2-0-0]

前走のセントライト記念を鮮やかに逃げ切り、4連勝中。
ただ今回はキメラヴェリテという厄介な同型馬がいて、自分の競馬をするのが難しそう。
厳しい。



12番レクセランス
父ディープインパクト
母エクセレンスII
(Champs Elysees)
栗東・池添学  
牡3 鹿
松山 57.0K
6戦3勝 [3-0-0-3]

3戦続けて早い上りが使えず、完敗。
距離が伸びてタフ馬場に替わる事で、どこまで前進があるか。



13番ロバートソンキー
父ルーラーシップ
母トウカイメガミ
(サンデーサイレンス)
美浦・林  
牡3 鹿
伊藤 57.0K
4戦1勝 [1-1-1-1]

前走の神戸新聞杯で3着(0.3差)となり、出走権を獲得。
ただ2走前は1勝クラスを勝ち切れておらず、厳しそうだ。



14番ヴァルコス
父ノヴェリスト
母ランズエッジ
(ダンスインザダーク)
栗東・友道  
牡3 鹿
岩田康 57.0K
8戦2勝 [2-2-0-4]

前走のセントライト記念で5着(0.6差)。
ズブい馬なので距離延長は歓迎だが、前走や2走前の東京優駿の結果を見ると厳しそう。



15番ブラックホール
父ゴールドシップ
母ヴィーヴァブーケ
(キングカメハメハ)
美浦・相沢  
牡3 黒鹿
藤岡佑 57.0K
8戦2勝 [2-1-0-5]

G1で結果が出ていないし、前走の札幌記念でも完敗。
2走前の東京優駿では上がり2位の末脚を使ってはいるが。。。。



16番ターキッシュパレス
父Golden Horn
母リージェンシーロマンス
(ディクタット)
栗東・昆  
牡3 青鹿
富田 57.0K
7戦3勝 [3-0-0-4]

前走の神戸新聞杯は5着(0.6差)。
ジワジワ伸びて、2着のヴェルトライゼンデとは0.3差だった。
コントレイル以外とならば差は少ないだろう。



17番キメラヴェリテ
父キズナ
母ルミエールヴェリテ
(Cozzene)
栗東・中竹  
牡3 黒鹿
松若 57.0K
10戦2勝 [2-1-1-6]

同生産者のコントレイルのアシスト役としてバビットを潰すのが主目的だろう。
厳しい。



18番ビターエンダー
父オルフェーヴル
母ビタースウィート
(Afleet Alex)
美浦・相沢  
牡3 鹿
津村 57.0K
8戦2勝 [2-1-1-4]

結果が出ているのはいずれも右回り。
また2戦続けて重賞で完敗しており、厳しい。




うまとみらいと

【最終結論】

◎はレクランサス
デビューから3連勝した際は、いずれも上がり最速の末脚を披露。
しかも最速で34.8というタフ馬場で、早い上りを使っていた。
今回のような、タフな良馬場がピッタリくる馬で、前走からの前進が期待できる。
その前走も、出遅れたとはいえ最後まで伸び続けていた。
先週、牝馬3冠を達成した鞍上が、今週は牡馬3冠を阻止する!!



▲はサトノインプレッサ
前走、初の古馬との一戦で完敗したが、そのせいで人気急落。
だが、距離延長+舞台替わりのここでこそ、狙うべきだ。
3冠を狙う同きゅう舎の人気薄が、実は怖い一頭だ!



〇はコントレイル
先週のデアリングタクト同様、中心視すべき。
血統や枠に不安はあるが、それでも上位争いするだろう。



以下、
外枠を引けたブラックホールロバートソンキートライアル2着のヴェルトライゼンデ、この馬も2戦続けてタフな馬場で上がり最速の末脚を使っているダノングロワールを抑える。



◎レクランサス
▲サトノインプレッサ
〇コントレイル
△ブラックホール
△ロバートソンキー
△ヴェルトライゼンデ
△ダノングロワール



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn