bannere_468x60



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!




京都大賞典+東京盃
合わせて+2万円!

やはり無料情報はココ!
春もクラシック強かったんですが、秋華賞を前に本領発揮してます!
─────────────────────

─────────────────────
【10月2週目実績(無料)】
◆10/11:京都大賞典
3連複13-2-17/32.8倍×400円
1万3120円/回収率234%
◆10/07:東京盃
ワイド3-7/4.4倍×4000円
1万7600円/回収率352%
─────────────────────

─────────────────────
9月メイン無料公開し4~900%
◆9/21:ブエナビスタC
3連複5-8-13/51倍×400円
2万400円/回収率425%
◆9/13:セントウルS
3連複3-7-16/136.8倍×400円
5万4720円/回収率912%
◆9/16:戸塚記念
ワイド4-13/4.8倍×3000円
1万4400円/回収率288%
─────────────────────
今週もやります!重賞無料開放
12日:マイルCS南部杯
18日:秋華賞

→地方中央重賞の無料情報
春は日本ダービー皐月賞とクラシックをことごとく的中!秋華賞も買いです。




今日は、エーデルワイス賞(門別競馬ダ1200m)の予想を。
10/15の門別競馬R、発走時刻20:00です。 


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書いている。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。


◎ソロユニット
▲トゥルスウィー


banner_300x300
【レース展望】
門別ダ1200で行われる2歳牝馬限定の交流重賞であるエーデルワイス賞。
JRA勢はデビューしてすぐの馬が多い上、初のナイターと長距離輸送の克服が必要。
加えて、本当に強いダート馬はまだデビューしていないケースが多いし、芝を使われている場合もある。
よって、当レースに強いJRA勢が出走することは少ない。

一方でホッカイドウ競馬勢はデビューしてから半年近く坂路で鍛えられていて、レース数もこなしている。
何より、砂圧12センチという重くて特殊な門別競馬場を経験しており、交流重賞の中でも一番地方馬が馬券に絡むレースだ。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、12頭がホッカイドウ競馬所属馬だ。

ちなみに前走だが、重賞のリリーカップ組・フローラルカップ組が多く、10頭。
また、角川厩舎勢が5年中4年で馬券に絡んでおり、注目したい。


また、2歳牝馬同士の一戦という事で、揉まれないほうが好走している。
5~8枠の馬が12頭。
特に近3年は、全て5~8枠の馬となっており、迷ったら外寄りの枠の馬を買いたい。

monbetsu



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
地方競馬を買うならば、IPATやオッズパークなどもあるが、私は楽天競馬一択だ。
理由は大きく5つ。


1 入会費、年会費、全く無し。完全無料で楽しめる!
2 楽天銀行の口座があれば、最短5分で入会完了!(楽天銀行が無い場合も、最短3分で口座開設完了)
3 365日、スマホやPCで、全国のライブ映像を見ながら全ての馬券を購入できる。ライブ映像は無料、終了したレースの映像も無料で楽しめる!
4 馬券を購入すると、楽天ポイントが数%還元される! 
5 貯まったポイントは、楽天市場楽天ブックスなどで現金の代わりに利用可能!


特に#4が大きい。
その中でも、交流重賞は
ポイント還元が10%なので、非常にオトクだ。
ポイント還元が10%ということは、年間で馬券を10,000円買った場合、1,000円分のポイントが還元されるということ。
これは他には無いオトクなサービスだし、他にも毎月様々なキャンペーンを行っている。


楽天銀行に口座を持っていたり、日頃から楽天市場など楽天のサービスを利用している方は、是非楽天競馬を使うべき。
楽天競馬地方競馬をオトクに買い、馬券を当てましょう!


新規登録時に最大1000円貰えるなど、「お試しキャンペーン」を常時行っているので、まずはチェックして欲しい。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番ラストリージョ
父アグネスデジタル
母コスモマクスウェル
(アドマイヤマックス)
美浦・蛯名利弘  
牝2 鹿
柴田大 54.0K
2戦2勝 [2-0-0-0]

ダート・芝で連勝中。
ただ前走で馬体重を大きく減らしたのと、再度の長距離輸送が心配。



2番アウィウィリオ
父ダノンレジェンド
母レッドシャトル
(タイキシャトル)
北海道・米川昇  
牝2 鹿
阪野学 54.0K
7戦2勝 [2-3-0-2]

既に7戦。
馬体重の成長が無く、相手も一気に強くなる。
厳しそうだ。



3番ホーキーポーキー
父ディスクリートキャット
母ファンファーレ
(フレンチデピュティ)
美浦・武市康男  
牝2 栗
杉原誠 54.0K
4戦1勝 [1-1-0-2]

未勝利戦を勝利後、芝のオープンで完敗して今回が初ダート。
血統的にはいけそうだが、、、、
厳しいだろう。



4番ブルーカルセドニー
父ディープブリランテ
母ニシノミーチャン
(キングカメハメハ)
北海道・川島洋人  
牝2 鹿
五十嵐 54.0K
7戦2勝 [2-3-1-1]

前走のフローラルカップを勝利した一方、2走前のリリーカップで大敗。
再度の1200に戻って、ついいて行けるかどうか。
3走前にクローリスノキセキの2着(0.6差)があるが、その時も完敗だったので、、、



5番エイシンウィンク
父エイシンヒカリ
母エーシンブイムード
(Malibu Moon)
北海道・米川昇  
牝2 黒鹿
石川倭 54.0K
5戦3勝 [3-0-0-2]

3連勝中。
距離を伸ばした前走でも快勝した。
スムーズに先行できれば、ここでも通用しそうだ。



6番マーサマイディア
父サウスヴィグラス
母ドリームヴィーナス
(ジェイドロバリー)
北海道・角川秀樹  
牝2 栗
桑村真 54.0K
5戦3勝 [3-0-1-1]

2走前にフルールカップを勝利した一方、前走のフローラルカップは1番人気ながら完敗。
距離短縮はプラスのようで、巻き返しに期待。



7番マウンテンムスメ
父アドマイヤムーン
母ヤマガール
(ストーミングホーム)
美浦・中野栄治  
牝2 栗
田辺裕 54.0K
3戦1勝 [1-1-0-1]

初ダート。
前走のすずらん賞での大敗は、連闘の疲れがあったのでは。
そこから一息入ったのはプラスだが、長距離輸送の克服が課題となる。



8番アークリオン
父リオンディーズ
母エアワルツ
(ダンスインザダーク)
北海道・小野望  
牝2 鹿
小野楓 54.0K
4戦1勝 [1-2-1-0]

未勝利戦を勝ったばかり。
厳しい。



9番ミコブラック
父パイロ
母ペニーブラック
(Redoute's Choice)
栗東・浅見秀一  
牝2 青鹿
岩田康 54.0K
3戦1勝 [1-0-1-1]

前走のヤマボウシ賞で4着(1.6差)に完敗。
それでも、JRA勢の中ではダート実績が一番豊富。
後は長距離輸送や初コース+ナイターの克服がカギとなる。



10番レディブラウン
父フリオーソ
母レモンリーフ
(リンドシェーバー)
北海道・村上正和  
牝2 青鹿
山本咲 54.0K
5戦1勝 [1-2-0-2]

2走前のリリーカップで2着(1.5差)だが、勝ち馬から離されていた。
前走のフローラルカップは4着(0.3差)と健闘したが、再度の距離短縮でついていけるかどうか。



11番ソロユニット
父アジアエクスプレス
母ヒバリエクスプレス
(アグネスデジタル)
北海道・角川秀樹  
牝2 栗
阿部龍 54.0K
5戦4勝 [4-1-0-0]

アザワクの妹で、前走のリリーカップを圧勝。
毎年当レースで活躍馬を輩出する角川厩舎の大将格だ。
ここもそのスピードを存分に活かすだろう。



12番スーパービンゴ
父ホッコータルマエ
母ナカヤママニッシュ
(トワイニング)
北海道・斉藤正弘  
牝2 鹿
村上忍 54.0K
2戦1勝 [1-0-0-1]

前走の条件戦で完敗し、厳しい。



13番クローリスノキセキ
父キンシャサノキセキ
母レディクローリス
(フォーティナイナー)
北海道・田中淳司  
牝2 鹿
服部茂 54.0K
4戦2勝 [2-1-1-0]

前走はJRAへ遠征して、すずらん賞でタイム差なしの2着。
芝・ダート問わず短距離で安定して走っているし、2走前に今回と同舞台で好タイムをマーク。
有力だろう。



14番トゥルスウィー
父ヴァンセンヌ
母ブラックウィッチ
(ブラックホーク)
北海道・川島洋人  
牝2 鹿
岩橋勇 54.0K
6戦3勝 [3-1-1-1]

3連勝中。
確実に持ち時計を詰めているし、キャリアの多さが活きそうだ。
渋すぎる血統も魅力。



15番ウワサノシブコ
父アイルハヴアナザー
母スマートシンパシー
(ダンスインザダーク)
北海道・米川伸也  
牝2 栗
松井伸 54.0K
8戦2勝 [2-2-1-3]

全馬中、キャリア最多だが、成績はイマイチ。
使い詰めで上り目が期待できず、厳しそうだ。



16番スマイルミュ
父マクフィ
母セイユウスマイル
(ルールオブロー)
北海道・村上正和  
牝2 黒鹿
落合玄 54.0K
5戦1勝 [1-0-1-3]

新馬戦以降、パッとしない。
特に3・4走前のダートで完敗しており、厳しい。



02_320x100

【最終結論】
◎はソロユニット
今年もホッカイドウ競馬勢を上位に抜擢。
中でも、当レースと相性の良い厩舎で、かつ今回と同舞台の重賞を圧勝したこの馬が本命にふさわしい。
小細工せずに逃げか番手から、そのまま押し切りに期待!


▲はトゥルスウィー
ここ2戦は逃げて勝っているが、3走前は控えて勝ってもいる。
前走の勝ち時計は、馬場が違えどリリーカップと同タイムだし、余裕を持った逃げ切りなのでまだ時計を詰められそう。
今回も外から揉まれずにマイペースで先行できそうなので、4連勝もあるだろう!


〇はクローリスノキセキ
芝・ダート問わず短距離では安定して力を発揮している
ここも上位争いするだろう。


以下、JRA勢のミコブラック外枠を引いたウワサノシブコレディブラウン、重賞勝ち馬のブルーカルセドニー抑える。


◎ソロユニット

トゥルスウィー
〇クローリスノキセキ
△ミコブラック
△ウワサノシブコ
△レディブラウン
△ブルーカルセドニー



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ