iroha_bn



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



G1シーズンはココですね
秋華賞から有馬記念まで無料公開を期待!
────────────────────

────────────────────
去年も秋華賞あたりから無料情報で
チャンピオンズカップ、チャレンジカップなど
難しいダートまで3連単できてましたね!
────────────────────

────────────────────
ちなみに先週無料情報勝ってましたね!
<10月11日俺の無料(ワイド)>
京都8R3歳以上2勝クラス 
券種:ワイドボックス 03,04,08
点数:3点推奨:3,300円
投資合計:9,900円
推奨配当:19,140円
<10月11日[LINE限定]特別無料情報>
新潟10R松浜特別
券種:3連単 軸1頭マルチ
10→01,04,05,08
点数:36点推奨:300円
投資合計:10,800円
推奨配当:13,560円
────────────────────
G1勝ちたい方
無料情報で勝ちたい方
は必見です!
秋華賞無料開放買い目
メール登録し前日夜20時頃ログインしチェックしてみてください。
濃ゆめのサイトですが、まーー3連単ならココです!




今週は
秋華賞予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ソフトフルート
▲ムジカ



【レース展望】
3歳牝馬の3冠目として行われる秋華賞。
3冠中、唯一内回りコースで行われる為、他の2レースとは求められる適性が異なる。
そのため、かつては波乱が続いていたが、最近は平穏な決着が目立つ。
近年は同世代内の能力差が大きく、適性差をカバーしているようだ。


京都内回りコースで行われる為、ハイペースとなり易い。
結果、上りがかかり、後方からの馬でも届くことが多くなっている。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで5番手以下だった馬が12頭
うち、10番手以下だった馬が4頭おり、直線が短くても追い込みが決まっている。
先行馬には厳しいレースだ。


血統的には、現代競馬の主流となっているディープインパクト産駒・キングマンボ=キングカメハメハ産駒が強い。
また、平坦コースでスピードの持続力勝負に強いトニービン=グレイソヴリン系の血を持つ馬も来ている。


まとめると、「
差し・追い込みのディープインパクト産駒・キングマンボ=キングカメハメハ・トニービン=グレイソヴリン系の血を持つ産駒」を狙いたい。

kyoto_turf_2000





【出走全馬ワンポイント評価】
1番ミヤマザクラ
父ディープインパクト
母ミスパスカリ
(Mr. Greeley)
栗東・藤原英  
牝3 芦
福永 55.0K
6戦2勝 [2-1-0-3]

未勝利戦を勝利した後は、早い上りが使えていない。
春のG1でも大負けしていない一方、ジワジワとしか伸びておらず、恵まれても善戦止まりでは。



2番リアアメリア
父ディープインパクト
母リアアントニア
(Rockport Harbor)
栗東・中内田  
牝3 黒鹿
川田 55.0K
6戦3勝 [3-0-0-3]

前走のローズステークスを快勝。
ただ、今回も内枠だし、前走よりも先行しそうなメンバー構成。
そうなると被せられたり揉まれそうで、前走より厳しい展開になるのでは。



3番マルターズディオサ
父キズナ
母トップオブドーラ
(Grand Slam)
美浦・手塚  
牝3 青鹿
田辺 55.0K
8戦4勝 [4-2-0-2]

前走の紫苑ステークスを快勝。
馬体重増も成長分で、力をつけたことを示した。
その一方、叩き2戦目での成績が芳しくないのとは心配だし、枠順から揉まれそうなのが不安。



4番ホウオウピースフル
父オルフェーヴル
母ツルマルワンピース
(キングカメハメハ)
美浦・大竹  
牝3 栗
池添 55.0K
6戦2勝 [2-1-0-3]

前走の紫苑ステークスで大敗。
3コーナー前から動いていったのが失敗だったよう。
今回は脚を溜めて行くだろうけど、短い直線で馬群を捌けるかどうか。



5番ウインマイティー
父ゴールドシップ
母アオバコリン
(カコイーシーズ)
栗東・五十嵐  
牝3 芦
和田竜 55.0K
8戦3勝 [3-1-1-3]

前走の紫苑ステークスは出遅れで参考外だし、上がり最速の末脚は使っていた。
この馬も、上りのかかる馬場になる事が好走条件。
パンパンの良馬場にならなければ面白い存在。



6番ダンツエリーゼ
父キズナ
母ワスレナグサ
(アグネスデジタル)
栗東・本田  
牝3 青鹿
太宰 55.0K
10戦3勝 [3-2-1-4]

勝ち星はいずれもダート。
さすがに厳しいのでは。



7番ムジカ
父エピファネイア
母ローズアダージョ
(ディープインパクト)
栗東・鈴木孝  
牝3 鹿
秋山 55.0K
10戦1勝 [1-4-3-2]

前走のローズステークスで2着(0.3差)。
インが伸びたレースで外から差してきたのは評価できる。
今回は内寄りの枠となったので、スムーズに進められるかどうかだろう。



8番ソフトフルート
父ディープインパクト
母ストロベリーフェア
(Kingmambo)
栗東・松田  
牝3 黒鹿
藤岡康 55.0K
9戦3勝 [3-0-2-4]

今回最大の惑星だろう。
前走はローズステークスと同じ舞台で、古馬2勝クラスで0.7差の圧勝。
ローズステークスの勝ち時計と0.1しか変わらない好時計だった。
まだデアリングタクトと戦っていない未知の魅力がある。



9番サンクテュエール
父ディープインパクト
母ヒルダズパッション
(Canadian Frontier)
美浦・藤沢和  
牝3 鹿
Cルメール 55.0K
5戦2勝 [2-1-0-2]

春の2戦はいずれも完敗。
厩舎や鞍上で人気しがちだが、成績はついてきていない。
今回も優駿牝馬からのぶっつけでそれなりに人気しているが、、、、



10番クラヴァシュドール
父ハーツクライ
母パスオブドリームズ
(Giant's Causeway)
栗東・中内田  
牝3 青鹿
Mデムーロ 55.0K
7戦1勝 [1-2-1-3]

前走のローズステークスは、馬体重増が響いたのか5着(0.6差)止まり。
春は叩き2戦後から失速しており、休み明け2戦目となる今回は上昇があるかどうか微妙。



11番フィオリキアリ
父キズナ
母クリアリーコンフューズド
(Successful Appeal)
栗東・清水久  
牝3 鹿
北村友 55.0K
10戦3勝 [3-1-0-6]

前走のローズステークスで8着(0.7差)。
2走前の2勝クラスで快勝したように、先行できれば前進が有りそうだが、、、、



12番マジックキャッスル
父ディープインパクト
母ソーマジック
(シンボリクリスエス)
美浦・国枝  
牝3 鹿
大野拓 55.0K
7戦1勝 [1-3-0-3]

前走の紫苑ステークスで4着(0.2差)。
2走前の優駿牝馬でも詰まりながら5着(0.4差)に来ており、力を見せた。
関西への輸送も3度目だし、展開が向けば上位に来てもおかしくない。



13番デアリングタクト
父エピファネイア
母デアリングバード
(キングカメハメハ)
栗東・杉山晴  
牝3 青鹿
松山 55.0K
4戦4勝 [4-0-0-0]

4戦4勝で、春の2冠馬。
包まれづらい外枠を引けたので、3冠に一歩近づいたと言えよう。
悪馬場になっても問題なく、中心視すべきだろう。



14番オーマイダーリン
父ディープインパクト
母ラブーム
(Monsun)
栗東・河内  
牝3 鹿
幸英明 55.0K
11戦2勝 [2-3-3-3]

前走のローズステークスは、鞍上の好騎乗で3着を確保。
あれが今回もう一度できるかどうか、微妙。



15番ミスニューヨーク
父キングズベスト
母マンハッタンミート
(マンハッタンカフェ)
栗東・杉山晴  
牝3 青鹿
長岡禎 55.0K
7戦3勝 [3-0-2-2]

前走の紫苑ステークスは5着(0.3差)。
ジワジワと伸びていた。
1勝クラス・2勝クラスでの勝利は馬場が渋っており、雨はプラスだろう。



16番パラスアテナ
父ルーラーシップ
母ステラリード
(スペシャルウィーク)
美浦・高柳瑞  
牝3 鹿
坂井 55.0K
6戦2勝 [2-2-0-2]

前走の紫苑ステークスで2着(0.2差)。
2走前にはラジオNIKKEI賞で4着(0.9差)に健闘しており、力がある。
今回も揉まれづらい外枠を引けたのがプラスだし、乗り替わりも悪くない。
3コーナー前からスムーズに進められれば。



17番ウインマリリン
父スクリーンヒーロー
母コスモチェーロ
(Fusaichi Pegasus)
美浦・手塚  
牝3 栗
横山武 55.0K
5戦3勝 [3-1-0-1]

優駿牝馬からのぶっつけ。
今回は初の長距離輸送の克服が課題となりそう。
この枠から先行できるかどうかもポイントだ。



18番アブレイズ
父キズナ
母エディン
(ジャングルポケット)
栗東・池江  
牝3 青鹿
藤井勘 55.0K
4戦2勝 [2-0-0-2]

2走続けて重賞凡走。
上がりのかかる馬場で先行できれば、3走前のフラワーカップでの勝利のように好走できるが、、、
良馬場では厳しそうなので馬場の助けが欲しい。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はソフトフルート
春はクラシック路線に乗れなかったが、春最終戦は2勝クラスの芝2400で古馬相手に3着(0.1差)。
秋初戦の前走は、同じ2勝クラスで圧勝し、成長を見せた。
そして、まだデアリングタクトと対戦しないというのがプラス。
勝負付けが済んでいないので、インでジッとして直線も内から突き抜けてほしい!



▲はムジカ
前走のローズステークスで、外を回って上位に来たことを評価。
今回も前走同様、インで脚を溜めて直線外に出して追えば、、、、
トライアルで2着に来ていることを完全にフロック視されており、非常に美味しいオッズとなっている。



〇はデアリングタクト
もはや説明不要だろう。
3冠に向けて条件は整っており、普通に勝ち負けだ。



以下、春の
実績馬のウインマイティーマジックキャッスルミヤマザクラ、トライアルで好走したパラスアテナを抑える。



◎ソフトフルート
▲ムジカ
〇デアリングタクト
△ウインマイティー
△マジックキャッスル
△ミヤマザクラ
△パラスアテナ



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn