bannere_468x60



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



毎日王冠2020予想
過去相性いいとだいたい ・・・今年もきてます!
──────────────────
毎日王冠VSコラボ指数
19年指数2→4→1位
18年指数4→3→5位
17年指数5→2→6位
16年指数4→3→9位
15年指数3→4→13位
14年指数2→11→1位
今年指数1,2,3ですかね?!
年々精度があがってますね。
──────────────────
◎ワンポイント情報
去年もそうでしたが
府中牝馬ステークス2019
フロンテアクイーン
9人気指数4位推奨→3着
去年の天皇賞秋でも
アエロリット6人気指数3位推奨
今年のNHKマイルも・・
ラウダシオン
9人気指数6位推奨→1着

実力差拮抗のG1でも
細かい指数値を出し順位付けしてくれてます!
──────────────────
毎日王冠は当日お昼
公式ブログ内で無料公開

毎日王冠上位3頭を見る
無料で他36レース見れるので今週は見てから馬券が正解です!




今日は、
レディスプレリュード(大井競馬1800m)の予想を。
10/8大井競馬11R、発走時間20:10です。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書いている。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。

◎レーヌブランシュ
サラーブ




ローテーション・レース傾向分析】

過去5年で馬券内に来た馬を検証する。
同じ2ターンのレースという事で、ブリーダーズゴールドカップとスパーキングレディーカップを経由した組が多い。
着順は不問だが、馬券内に来ているのとより良い。
それ以外のレースを経由する場合、芝をのぞくと馬券内に来ていることが必須。

また、当レースは外枠の成績が良く、5~8枠の馬が11頭。
大井1800はスタートしてから1コーナーまで距離が十分有るので、枠順の有利不利は少ない。
となると、外の方が揉まれづらいので、プラスに出るのだろう。


東京盃でも書いたが、今年はJBCが大井開催なので、当レースは本番に直結しそう。
良いメンバーが揃ったし、好レースが期待できそうだ!



レディスプレリュード1

ooi



【展開分析】
外枠のJRA勢が前に行きそう。
揉まれたくないマドラスチェックがハナへ行き、番手でプリンシアコメータがマークするか。
その後ろにレーヌブランシュが続きそう。

ペースが極端に早くなることは無く落ち着きそうで、前が有利だろう。



【ステップレース参考】
ブリーダーズゴールドカップの予想はこちら。

ブリーダーズゴールドカップの予想



レースラップ分析】
ダート戦らしく、基本は先行有利。
4コーナーで4番手以内だった馬が9頭。
5番手以内まで広げると、12頭だ。


昨年のようにペースが流れると後方からの馬でも届くが、まずは前に行く馬を選びたい。



レディスプレリュード2



追切タイム  




前日オッズ
前日時点のオッズはこちら。

1 マルシュロレーヌ:1.0
2 マドラスチェック:9.2
3 レーヌブランシュ:10.5
4 プリンシアコメータ:16.3
5 シネマソングス:39.8



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
地方競馬を買うならば、IPATやオッズパークなどもあるが、私は楽天競馬一択だ。
理由は大きく5つ。


1 入会費、年会費、全く無し。完全無料で楽しめる!
2 楽天銀行の口座があれば、最短5分で入会完了!(楽天銀行が無い場合も、最短3分で口座開設完了)
3 365日、スマホやPCで、全国のライブ映像を見ながら全ての馬券を購入できる。ライブ映像は無料、終了したレースの映像も無料で楽しめる!
4 馬券を購入すると、楽天ポイントが数%還元される! 
5 貯まったポイントは、楽天市場楽天ブックスなどで現金の代わりに利用可能!


特に#4が大きい。
その中でも、交流重賞は
ポイント還元が10%なので、非常にオトクだ。
ポイント還元が10%ということは、年間で馬券を10,000円買った場合、1,000円分のポイントが還元されるということ。
これは他には無いオトクなサービスだし、他にも毎月様々なキャンペーンを行っている。


楽天銀行に口座を持っていたり、日頃から楽天市場など楽天のサービスを利用している方は、是非楽天競馬を使うべき。
楽天競馬地方競馬をオトクに買い、馬券を当てましょう!


新規登録時に最大1000円貰えるなど、「お試しキャンペーン」を常時行っているので、まずはチェックして欲しい。 



【出走全馬ワンポイント評価】
1番レガロデルソル
父キンシャサノキセキ
母フィールマイハート
(マリエンバード)
大井・橋本和馬  
牝5 鹿
西啓太 55.0K
26戦1勝 [1-6-7-12](元JRA)

B2で勝てておらず、厳しい。



2番サラーブ
父ルーラーシップ
母サマーハ
(シングスピール)
大井・藤田輝信  
牝5 鹿
御神本 55.0K
18戦5勝 [5-5-2-6](元JRA)

昨年の当レースで5着(0.8差)。
その時以来の当舞台、好走に期待だ。



3番アンバラージュ
父ロージズインメイ
母マイネアルデュール
(アドマイヤコジーン)
佐賀・真島元徳  
牝4 鹿
山口勲 55.0K
30戦7勝 [7-6-5-12]

2走前のブリーダーズゴールドカップで大敗。
厳しい。



4番シネマソングス
父ハーツクライ
母アースリヴィング
(Yonaguska)
美浦・小笠倫弘  
牝5 黒鹿
池添謙 55.0K
22戦4勝 [4-2-5-11]

前走のブリーダーズゴールドカップで4着(1.1差)。
重い馬場で伸びなかった。
馬格の無い馬なので、軽い大井に変わるのはプラスだろう。



5番チェリーシャクナゲ
父フォーティナイナーズサン
母ミヤビオウカ
(ジャングルポケット)
大井・田中正人  
牝6 鹿
的場文 55.0K
79戦14勝 [14-19-10-36]

前走、B2を勝ったばかり。
厳しい。



6番サンルイビル
父スウィフトカレント
母トシメロディー
(マイニング)
大井・阪本一栄  
牝5 黒鹿
藤本現 55.0K
35戦12勝 [12-5-4-14]

昨年11月以降勝てておらず、厳しい。



7番クオリティスタート
父ダノンシャンティ
母グッドゲーム
(Fly Till Dawn)
北海道・角川秀樹  
牝6 栗
桑村真 55.0K
39戦13勝 [13-5-2-19](元JRA)

ブリーダーズゴールドカップで3年連続大敗しており、厳しい。



8番ナンヨーオボロヅキ
父キンシャサノキセキ
母モデルウォーク
(キングカメハメハ)
大井・高野毅  
牝4 鹿
有年淳 55.0K
20戦8勝 [8-2-2-8]

B2で勝てておらず、厳しい。



9番マルカンセンサー
父ロージズインメイ
母キャニオンドリーム
(ブラックタイアフェアー)
大井・高野毅  
牝5 黒鹿
笹川翼 55.0K
25戦6勝 [6-3-2-14]

昨年1月に、今回と同舞台のTCK女王盃で2着(1.1差)があるが、、、、
近走から厳しい。



10番マルシュロレーヌ
父オルフェーヴル
母ヴィートマルシェ
(フレンチデピュティ)
栗東・矢作芳人  
牝4 鹿
川田将 55.0K
13戦4勝 [4-2-0-7]

交流重賞初挑戦。
前走、初ダートの3勝クラスを快勝した。
この力が有れば十分通用するだろう。
後は、ナイターや関東圏での競馬など、数々の初物にどこまで対応できるか。



11番アッキー
父ゼンノロブロイ
母ロキロキ
(プレミアムサンダー)
川崎・林隆之  
牝7 鹿
張田昂 55.0K
40戦6勝 [6-6-6-22](元JRA)

交流重賞では通用しておらず、厳しい。



12番マドラスチェック
父Malibu Moon
母Gloat
(Mr. Greeley)
美浦・斉藤誠  
牝4 栗
森泰斗 55.0K
10戦4勝 [4-2-0-4]

昨年の当レースで大敗。
内枠で揉まれるとよくない馬なので、今回の外枠はプラスだろう。



13番プリンシアコメータ
父スパイキュール
母ベルモントフェリス
(アジュディケーティング)
美浦・矢野英一  
牝7 黒鹿
岩田康 56.0K
33戦8勝 [8-7-3-15]

昨年の当レースでは大敗したが、一昨年には勝利している。
加齢による衰えがある一方、安定した先行力は強みだ。



14番ゼットパッション
父グランプリボス
母バイブレイションズ
(キングカメハメハ)
川崎・佐々木仁  
牝4 鹿
山崎誠 55.0K
22戦4勝 [4-3-0-15]

2走前にB1B2を勝利しているが、その前後の成績が芳しくない。
厳しい。



15番レーヌブランシュ
父クロフネ
母アンジュエ
(アグネスタキオン)
栗東・橋口慎介  
牝3 芦
松山弘 54.0K
6戦3勝 [3-0-1-2]

前走のブリーダーズゴールドカップで3着(0.3差)。
重い馬場で斤量を背負っていたが、踏ん張った。
コース替わりはプラスに働きそう。



16番ナムラメルシー
父エンパイアメーカー
母ディアナムラ
(ザッツザプレンティ)
大井・福田真広  
牝6 黒鹿
矢野貴 55.0K
32戦11勝 [11-3-1-17](元JRA)

上がりが相当かからないと上位にこれない馬。
厳しい。



01_320x100
【最終結論】
◎はレーヌブランシュ
上記の展開予想の通り、JRA勢をマークしながら揉まれずに進められそう。
前走で古馬との戦いに目途がついたし、馬体重が増えて成長が見込める。
軽いダートも合いそうだ!


▲はサラーブ
内枠はマイナスだが、コース替わりは大きなプラス。
昨年の当レースでは早めに動いて掲示板に踏ん張った。
今年はジックリ脚を溜めて挑みたい。


〇はプリンシアコメータ
既に7歳となったが、スタミナと先行力は健在。
よほど競られることが無い限り馬券内に来るだろう。


以下、(元)JRA勢のマドラスチェック、マルシュロレーヌ、シネマソングス
アッキーを抑える。



◎レーヌブランシュ
サラーブ
〇プリンシアコメータ
△マドラスチェック
△マルシュロレーヌ
△シネマソングス
アッキー




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60