bannere_468x60



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



東京盃:無料提供!
羽田盃・大井記念・スパーキングLC
地方重賞をズバッと的中の無料ワイド。
直近の実績も熱いんです!
─────────────────────
【無料情報:地方ワイド】
◇9/16:戸塚記念
ワイド4-13/4.8倍×3000円
★1万4400円/回収率288%☆
─────────────────────

─────────────────────
【無料情報:中央ワイド】
◆10/4:中山4R
ワイド5-7/2.1倍×5000円
★1万500円/回収率210%☆
◆9/27:中山3R
ワイド2-9/4.5倍×2000円
★9000円/回収率180%☆
─────────────────────

─────────────────────
◎無料公開10月地方重賞
10/07(水)東京盃(大井)
10/12(月)マイルCS南部杯(盛岡)

本命・中穴選び秀逸!堅いレースは1点勝負で高配当です。
→東京盃の無料情報
レース1時間前に買い目チェック!週末は重賞無料公開あるのでこちらも見てください。



今日は、
東京盃(大井競馬1200m)の予想を。
10/7大井競馬11R、発走時間20:10です。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書いている。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。

◎サブノジュニア
ブルドッグボス




ローテーション・レース傾向分析】

過去5年で馬券内に来た馬を検証する。
JBCに向けた重要ステップレースという事で、前走でも交流重賞を使ってきた馬が多い。
着順は不問で、馬券外からの巻き返しもある。
後はアフター5スター賞経由の馬も来ているが、こちらは連対が必須だ。


今年はJBCが大井開催なので、当レースは本番に直結しそう。
良いメンバーが揃ったし、好レースが期待できそうだ!


東京盃1

ooi



【展開分析】
JRA勢は、皆ハナを切りたい馬。
その中でも、枠順からジャスティンが行きそうだ。
番手にマテラスカイ、そしてラプタスとコパノキッキングが続きそう。
地方馬はその後に続くだろう。

例年通りペースが流れて、激しいレースになるだろう。



【ステップレース参考】
アフター5スター賞の回顧はこちら。

アフター5スター賞の回顧




レースラップ分析】
大井1200は前傾ラップとなりがち。
当レースでもそれは同様だ。
ただしオープン馬の一戦という事で、前に行った馬もなかなか止まらない。
4コーナーで4番手以内だった馬が9頭、5番手以内まで広げると11頭となる。
基本は先行馬を狙うべきだ。



東京盃2




追切タイム  




前日オッズ
前日時点のオッズはこちら。

1 サブノジュニア:3.4
2 コパノキッキング:3.6
3 マテラスカイ:5.9
4 ヤマニンアンプリメ:6.5
5 ジャスティン:6.6



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
地方競馬を買うならば、IPATやオッズパークなどもあるが、私は楽天競馬一択だ。
理由は大きく5つ。


1 入会費、年会費、全く無し。完全無料で楽しめる!
2 楽天銀行の口座があれば、最短5分で入会完了!(楽天銀行が無い場合も、最短3分で口座開設完了)
3 365日、スマホやPCで、全国のライブ映像を見ながら全ての馬券を購入できる。ライブ映像は無料、終了したレースの映像も無料で楽しめる!
4 馬券を購入すると、楽天ポイントが数%還元される! 
5 貯まったポイントは、楽天市場楽天ブックスなどで現金の代わりに利用可能!


特に#4が大きい。
その中でも、交流重賞は
ポイント還元が10%なので、非常にオトクだ。
ポイント還元が10%ということは、年間で馬券を10,000円買った場合、1,000円分のポイントが還元されるということ。
これは他には無いオトクなサービスだし、他にも毎月様々なキャンペーンを行っている。


楽天銀行に口座を持っていたり、日頃から楽天市場など楽天のサービスを利用している方は、是非楽天競馬を使うべき。
楽天競馬地方競馬をオトクに買い、馬券を当てましょう!


新規登録時に最大1000円貰えるなど、「お試しキャンペーン」を常時行っているので、まずはチェックして欲しい。 



【出走全馬ワンポイント評価】
1番マッチレスヒーロー
父オレハマッテルゼ
母ブラックティー
(チーフベアハート)
大井・橋本和馬  
牡9 栗
石崎駿 56.0K
61戦4勝 [4-10-7-40](元JRA)

近走冴えず、厳しい。



2番カプリフレイバー
父サウスヴィグラス
母サクラスリール
(ファンタスティックライト)
船橋・稲益貴弘  
牡3 栗
本田正 54.0K
7戦5勝 [5-0-0-2]

3連勝で挑んだ前走のアフター5スター賞で大敗。
古馬の壁は厚かったようで、ここも厳しそう。



3番ジャスティン
父オルフェーヴル
母シナスタジア
(Gone West)
栗東・矢作芳人  
牡4 栗
戸崎圭 56.0K
17戦6勝 [6-2-0-9]

2走前に、今回と同舞台の東京スプリントで勝利。
前走は出遅れて競馬にならず参考外。
好枠を引いたので、今回はスタートを決めて逃げたい。



4番サイタスリーレッド
父ダノンシャンティ
母ユメノラッキー
(Salt Lake)
大井・佐宗応和  
牡7 鹿
山崎誠 56.0K
35戦7勝 [7-3-3-22](元JRA)

2年間馬券に絡んでおらず、厳しい。



5番ブルドッグボス
父ダイワメジャー
母リファールカンヌ
(デインヒル)
浦和・小久保智  
牡8 鹿
御神本 58.0K
42戦13勝 [13-8-8-13](元JRA)

昨年の当レースで2着(0.8差)。
今年は斤量を背負うが、得意のコースで上位を狙う。



6番ヤマニンアンプリメ
父シニスターミニスター
母ヤマニンエリプス
(サンデーサイレンス)
栗東・長谷川浩  
牝6 鹿
川田将 56.0K
32戦9勝 [9-4-4-15]

今年は距離の都合で、恐らくJBCスプリントを狙うのだろう。
そのためにここを使ってきた。
ただ斤量を背負うし、この距離のスペシャリストが揃った。
末脚勝負に徹してどこまでやれるか。



7番コパノキッキング
父Spring At Last
母セラドン
(ゴールドヘイロー)
栗東・村山明  
セ5 黒鹿
藤田菜 57.0K
18戦9勝 [9-4-2-3]

昨年の当レースの覇者。
ただ今年はジャスティンがハナを切りそうだし、今年未勝利という流れの悪さは引っかかる。



8番クルセイズスピリツ
父サウスヴィグラス
母クルセイズ
(バブルガムフェロー)
大井・荒井朋弘  
牡5 栗
西啓太 56.0K
42戦11勝 [11-5-3-23]

重賞では結果が出ておらず、厳しい。



9番フランシスコダイゴ
父ヨハネスブルグ
母セレスティアル
(アグネスタキオン)
浦和・小久保智  
牡5 鹿
本橋孝 56.0K
30戦8勝 [8-4-2-16](元JRA)

前が早くなりそうで展開利が有るかもしれないが。。。。
前走のアフター5スター賞では伸びず、ここも厳しそう。



10番ブロンディーヴァ
父スマートファルコン
母アンソロジー
(サクラバクシンオー)
川崎・内田勝義  
牝3 栗
今野忠 52.0K
11戦4勝 [4-1-2-4]

前走のアフター5スター賞で3着(0.5差)に来たが、前の2頭とは差があった。
斤量が増えて更に相手が強くなる今回、厳しいのでは。



11番マテラスカイ
父Speightstown
母Mostaqeleh
(Rahy)
栗東・森秀行  
牡6 栗
C.ルメール 56.0K
30戦7勝 [7-7-0-16]

前走のクラスターカップで、番手から勝利できたのは収穫。
今回も枠順からジャスティンがハナを切りそうなので、番手でマークして直線抜け出したい。



12番トロヴァオ
父カネヒキリ
母サワズソング
(Cox's Ridge)
大井・荒山勝徳  
牡7 栗
藤田凌 56.0K
30戦5勝 [5-6-4-15]

何度も書いているが、内枠の時に走る馬。
外枠の今回は、厳しい。



13番ジョウラン
父エスポワールシチー
母ドーニングストーム
(Storm Cat)
北海道・田中淳司  
牡4 栗
左海誠 56.0K
18戦5勝 [5-3-0-10](元JRA)

今回が交流重賞初挑戦。
地元では元JRAオープン馬と好勝負しているが、今回は長距離輸送の克服がある。
厳しいのでは。



14番サブノジュニア
父サウスヴィグラス
母サブノイナズマ
(カコイーシーズ)
大井・堀千亜樹  
牡6 黒鹿
矢野貴 56.0K
34戦11勝 [11-9-4-10]

前走のアフター5スター賞を快勝。
休み明け+馬体重増だったが、ライバルたちに力の差を見せた。
完成に近づいて来た感があり、JRA勢相手でも好勝負できるだろう。



15番ラプタス
父ディープブリランテ
母エアラホーヤ
(ボストンハーバー)
栗東・松永昌博  
セ4 鹿
幸英明 56.0K
11戦6勝 [6-0-0-5]

ハナを切りたいが、痛恨の大外枠。。。
加えて今までより相手が一気に強くなり、厳しいだろう。



01_320x100
【最終結論】
◎はサブノジュニア
前走のアフター5スター賞を快勝して、いよいよ交流重賞制覇が見えてきた。
外枠はマイナスだが、叩き2戦目の前進があるだろうし、前が早くなりそうで展開利もある。
ライバルのキャンドルグラスも分も走り、本番に向けて好結果を残したい!



▲はブルドッグボス
斤量を背負う一方、昨年の当レースよりも前が早くなりそうで、差し脚が活きそう。
内で距離ロスを減らし、直線外に出せば、昨年以上の成績が期待できる!



〇はジャスティン
JRA勢は、ハナを切れないと力が減る馬が多い。
そんな中、枠順や鞍上をふまえると、この馬がハナを切る確率が高く、力を出し切れる可能性も高い。


以下、JRA勢のマテラスカイ、コパノキッキング、ヤマニンアンプリメ、
差しが届いた時のブロンディーヴァを抑える。



◎サブノジュニア
ブルドッグボス
〇ジャスティン
△マテラスカイ
△コパノキッキング
△ヤマニンアンプリメ
△ブロンディーヴァ




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60