iroha_bn



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



ブエナビスタC400%
セントウルS900%

今見ておくのはココ!
中央・地方絶好調
回収率もハンパねぇ!
【無料情報:的中実績】
─────────────────────
9/21中京10R:ブエナビスタC
3連複5-8-13/51倍×400円
★2万400円/回収率425%☆
9/13中京11R:セントウルS
3連複3-7-16/136.8倍×400円
★5万4720円/回収率912%☆
12人気メイショウグロッケ入れました!
─────────────────────

─────────────────────
-地方も強いんです-
9/16川崎11R:戸塚記念
ワイド4-13/4.8倍×3000円
★1万4400円/回収率288%☆
─────────────────────

─────────────────────
そして今週27(日)は…
◇オールカマー(G2)無料公開◇
→オールカマーの無料情報
20日は同時公開のワイドも的中!合わせてご覧ください。




今週は
産経賞オールカマー予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ステイフーリッシュ
▲サンアップルトン



【レース展望】
秋の古馬芝中長距離の前哨戦として歴史のある、オールカマー。
中山芝2200はこの後に東京芝で行われるG1と求められる適性が異なる(後述)為、当レースへの有力馬の出走は少なく、夏競馬の延長のように持続力勝負のレースとなっていた。

ところが最近は、ノーザンファームの使い分けによってミドルペースの持続力勝負になりにくくなっており、スローペースからの瞬発力勝負の傾向が強まっている。
その結果、毎年、ディープインパクト産駒が馬券内に来ており、瞬発力がある馬が上位に来るレースとなっている。
しかも今年は僅か9頭立て。
よりスロー濃厚だ。


一応、先週のセントライト記念と同じ中山芝2200で行われるため、求められる適性は同様となる。
先週の予想記事を参考にしていただきたい。

セントライト記念の予想!



まとめると、「
持続力勝負の得意なロベルト系あるいはグレイソヴリン=トニービン血統を持つ馬、瞬発力勝負の得意なディープインパクト産駒」を狙いたい。

nakayama_turf_2200




【出走全馬ワンポイント評価】
1番クレッシェンドラヴ
父ステイゴールド
母ハイアーラヴ
(Sadler's Wells)
美浦・林  
牡6 鹿
内田博 56.0K
22戦7勝 [7-4-2-9]

昨年の当レースで5着(0.5差)。
その後、重賞を2勝して再度当レースへ挑戦。
捲れる脚がある一方、今回はペースが落ち着きそうなのが心配。



2番サンアップルトン
父ゼンノロブロイ
母シナル
(キングカメハメハ)
美浦・中野  
牡4 黒鹿
柴田善 56.0K
11戦4勝 [4-2-1-4]

前走、重賞初挑戦で4着(0.4差)。
スタートが良くなく最後方からだったが、良く差を詰めた。
その後、両前脚の骨折で休養となったが、軽度な剥離骨折だった。
恐らく走りには影響ないだろう。
少頭数かつ流れが落ち着きそうなので、まずスタートを決めたい。



3番ミッキースワロー
父トーセンホマレボシ
母マドレボニータ
(ジャングルポケット)
美浦・菊沢  
牡6 鹿
横山典 57.0K
20戦5勝 [5-3-3-9]

昨年の当レースで2着(0.3差)。
常に後方から進める馬で展開に左右されがちなのが心配で、今回もペースが落ち着きそう。
鞍上がどうやって進めるのか、注目だ。



4番センテリュオ
父ディープインパクト
母アドマイヤキラメキ
(エンドスウィープ)
栗東・高野  
牝5 鹿
戸崎圭 54.0K
15戦4勝 [4-5-0-6]

牝馬限定戦では上位に来ているが、今回は牡馬混合戦。
2走前のオープンでも牡馬相手では掲示板が精一杯だったし、どこまでやれるか。



5番ジェネラーレウーノ
父スクリーンヒーロー
母シャンハイロック
(ロックオブジブラルタル)
美浦・矢野  
牡5 青鹿
三浦 56.0K
9戦4勝 [4-0-2-3]

屈腱炎明けで1年8ヶ月ぶり。
中山での実績が多数光る一方、折り合いの難しい面がある。
力はあるが、それを発揮できるかどうかレース運びが難しそうだ。



6番アウトライアーズ
父ヴィクトワールピサ
母ウィストラム
(フレンチデピュティ)
美浦・小島  
牡6 鹿
丸田 56.0K
26戦4勝 [4-2-2-18]

前走の小倉記念は、ハイペースに乗じて3着(0.4差)。
今回は少頭数かつペースが落ち着きそうで、厳しいだろう。



7番ステイフーリッシュ
父ステイゴールド
母カウアイレーン
(キングカメハメハ)
栗東・矢作  
牡5 鹿
田辺 56.0K
20戦2勝 [2-4-6-8]

G1では通用していない一方、G2・G3では常に上位に来ている。
ここも得意?のG2、久々でも注目すべきだろう。



8番カレンブーケドール
父ディープインパクト
母ソラリア
(Scat Daddy)
美浦・国枝  
牝4 鹿
津村 54.0K
10戦2勝 [2-5-2-1]

重賞で3戦続けて2着。
強豪相手でも健闘するが勝ち切れず。
鉄砲実績のある馬で久々は大丈夫そうだが、今回も勝ち切れるかどうか微妙。



9番オウケンムーン
父オウケンブルースリ
母ムーンフェイズ
(エリシオ)
美浦・国枝  
牡5 鹿
北村宏 56.0K
8戦3勝 [3-0-0-5]

こちらも屈腱炎明けで約2年ぶり。
休む前、4戦続けてG1・G2で勝負になっていなかった。
普通に考えれば厳しいのだが、自身が劇的な成長をしているならば。。。。。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はステイフーリッシュ
ケガなく順調に使われており、当コースでも今年のAJCCで2着(0.2差)に来ている。
にも関わらず思ったほど人気が無いのはオイシイ。
少頭数でメンバーが楽になった今回、久々の勝ち星が見込めそうだ!



▲はサンアップルトン
5戦連続で最速の上がりを使っている。
また、当レースでは3歳冬に2度好走しており、コース実績があるのもプラス。
半年ぶりで状態は確かに心配。
しかし、他馬が早めに仕掛けて展開がハマれば一発ある!



〇はミッキースワロー
中山外回りでは、セントライト記念の勝利を含めて崩れ無し。
フィエールマンの回避もあり、中心視すべきだ。



以下、
実績上位のカレンブーケドール、休む前に実績のあったジェネラーレウーノオウケンムーン、牡馬相手は大変だがスローで瞬発力が活きるならば上位に来そうなセンチュリオを抑える。



◎ステイフーリッシュ
▲サンアップルトン
〇ミッキースワロー
△カレンブーケドール
△ジェネラーレウーノ
△オウケンムーン
△センチュリオ



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn