bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた日本テレビ盃の回顧を。




ーー凱旋門賞情報ーー
去年海外情報好調だったのがコチラ

─────────────────────
■無料公開/海外買い目
・インターナショナル3連単6点
・愛チャンピオンS 3連複4点
・凱旋門賞     3連複4点
凱旋門賞2019は4点勝負回収率600%!
実際去年配信された買い目画像↓↓
─────────────────────

─────────────────────
理由はこの人がいるからでしょうね!

─────────────────────
イギリスからの刺客
来日感謝ですね。様々な馬券師がいるのでまずは一度覗いてみてください!
週末中央+海外情報
凱旋門賞はプラン情報ですが、去年から海外進出の予想さんなんで今年は3点で当てちゃうかもですね(笑)まずは無料メルマガ購読しておき各情報くまなくチェックをおすすめ!






banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
日本テレビ盃3

ロードブレスが初の交流重賞を快勝!
2走前に連勝が止まったが、前走を勝利し、勢いに乗って重賞も制覇した。

非常に落ち着いた配当が続いてた当レースだが、今年は波乱の結果となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
日本テレビ盃4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過時のタイムは過去最速。
芝並みの超ハイペースとなり、後方の馬に展開利があった。

その結果、上りが過去最遅。
昨年の上がりよりも2秒以上遅かった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
全馬共、大きな出遅れなくスタートを決めた。


ハナを狙ったのは予想通りサルサディオーネ
アッサリと先頭に立った。
それを番手からヒカリオーソが追う。
予定通りでペースが落ち着く、、、、と思ったら、外からダノンファラオとアナザートゥルースが並んでサルサディオーネに迫る。
3頭の後ろはヒカリオーソとロードブレス。
更に少し空いてミューチャリーとアングライフェン。
想定と異なる隊列・そしてペースとなり、馬群が大きく縦長となった。


1~2コーナーで、サルサディオーネが半馬身差の逃げ。
その後ろがかなり空いてヒカリオーソとロードブレス。
更にミューチャリー、また開いてアングライフェン以下。
前がガンガン飛ばしており、3コーナー前ではダノンファラオの手が激しく動く。
また、向こう正面でヒカリオーソが突然失速、、、、3度目の鼻出血だったよう。。。。


3~4コーナー前でアナザートゥルースがサルサディオーネを交わす。
サルサディオーネも抵抗するが後退。
ダノンファラオもムチが入って一杯になり、代わってロードブレスが迫る。
その後ろからミューチャリーら差し馬も進出。


直線、早々にアナザートゥルースが一杯となり、ロードブレスが先頭に立つ
そのまま独走状態に。
番手には外からデルマルーヴルが一気に上がり、ロードブレスを追う。
インからはミューチャリー、更に大外からストライクイーグルが差してきた。

残り100を切ってもロードブレスの脚色は衰えず、そのまま1着でゴール。
2着がデルマルーヴル、3着はストライクイーグルがミューチャリーを差した。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
ロードブレス
父ダノンバラード
母ミステリューズ
(ナリタトップロード)
栗東・奥村豊  
牡4 黒鹿
三浦皇 56.0K

ハイペースで飛ばした3頭を見ながら絶好の位置で進めて、直線では早々に先頭に立ち、押し切る。
展開利が有ったのは確かだが、このメンバーで勝利したのは自信になるし、まだ4歳で成長の余地もあり、今後が楽しみ。
血統も魅力だ。



2着:〇
デルマルーヴル
父パイロ
母カリビアンロマンス
(コマンズ)
美浦・戸田博文  
牡4 青鹿
戸崎圭 57.0K

ハイペースの追走に苦労していたが、直線は良く伸びて上がり最速の末脚を使った。
もっと距離がある方が良いので、次走以降は更に期待できるだろう。
条件問わず安定して走るのも魅力だ。



3着:
ストライクイーグル
父キンシャサノキセキ
母ミスエアクラフト
(Marquetry)
大井・藤田輝信  
牡7 青鹿
森泰斗 56.0K

内枠+距離不足で人気が落ちていたが、ハイペースで馬群がバラけたのと上がりがかかったのが当馬に味方した。
次走は浦和記念を狙うようで、相手関係が良ければ頭まで有りそうだ。



4着:◎
ミューチャリー
父パイロ
母ゴッドビラブドミー
(ブライアンズタイム)
船橋・矢野義幸  
牡4 芦
御神本 56.0K

普段より前に付けて進めたが、そのせいか直線弾けず。
ただこのペースを経験したのは今後プラスになりそうだし、掲示板を確保したのは力のある証拠。
この馬もまだ4歳だし、更なる成長に期待。



9着:▲
サルサディオーネ
父ゴールドアリュール
母サルサクイーン
(リンドシェーバー)
大井・堀千亜樹  
牝6 栗
矢野貴 54.0K

好スタートから自分の競馬をしたが、マークがキツ過ぎて。。。。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60