iroha_bn



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



札幌2歳S・新潟記念無料公開
秋競馬の前哨戦は始まってます!

春G1&前哨戦でズバッと的中の無料3連複。
春夏高配当含め実績まとめました。
──────────────────
【春夏高配当(無料)まとめ】
☆皐月賞:3連複1-7-16(1-3-8人気)
500円×91.5倍→4万5750円獲得!
☆五稜郭S:3連複1-5-6(3-9-4人気)
500円×99.6倍→4万9800円獲得!
▼春G1&前哨戦実績▼
──────────────────

──────────────────
◎日経賞→回収率798%
◎中山記念→回収率322%
◎京王杯→回収率310%

春はトライアルレースで高配当なんです。
▼▼今週の無料3連複▼▼
札幌2歳S・新潟記念
週末重賞の無料情報←コチラ
まずはココまで無料でチェックしてみてください。




今週は新潟記念予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




インビジブルレイズ
▲アイスストーム


【レース展望】
サマー2000シリーズの最終戦となる新潟記念。
ハンデ重賞だが、近年はノーザンファームの使い分けで有力馬が登場する事があり、レースレベルも上がっている。


新潟開催最終週に行われるせいか、外差しの馬が有利
過去5年に馬券内に来た15頭中、4コーナー5番手以下の馬が10頭
特に10番手以下の馬が8頭いて、後方からでも十分届く。
その時は、同じくらいにいた馬が一緒に差し込んできており、展開決め打ちで狙うのが良い。


血統は、父か母父にサンデーサイレンス系の血を持つ馬に注目。
開催最終週でも新潟の馬場はある程度維持されており、早い上りを使えることが必要。
また、直線が長いため、そのスピードを維持する持続力も求められるので、ロベルトやグレイソヴリンの血を併せ持つと、尚良い。


まとめると、「
後方から差してきそうな、父・母父がサンデーサイレンス系(ロベルトやグレイソヴリンの血があると尚良し)の馬」を狙いたい。

niigata_turf_2000



【出走全馬ワンポイント評価】
1番インビジブルレイズ
父ハーツクライ
母クレバースプリント
(サクラバクシンオー)
栗東・吉村  
牡6 鹿
北村宏 56.0K
22戦6勝 [6-3-2-11]

2走前の新潟大賞典で5着(0.7差)。
プレシャスブルーやブラヴァスとは0.4差で、重賞初挑戦ならば上々。
前走のエプソムカップは馬場が悪すぎて参考外。
巻き返しに期待だ。



2番アイスバブル
父ディープインパクト
母ウィンターコスモス
(キングカメハメハ)
栗東・池江  
牡5 芦
戸崎圭 55.0K
18戦4勝 [4-5-1-8]

前走の目黒記念での2着(0.1差)は、切れ味よりスタミナ自慢の当馬にハマった感じ。
切れ味勝負は2走前のように分が悪く、厳しそうだ。



3番ピースワンパラディ
父ジャングルポケット
母クリアソウル
(アグネスデジタル)
美浦・大竹  
牡4 鹿
池添 55.0K
9戦4勝 [4-2-2-1]

前走を除くとオール馬券内という安定株。
前走の敗退は極端な道悪が原因のようなので、舞台替わりでの巻き返しが有りそうだ。



4番サトノダムゼル
父ディープインパクト
母ダリシア
(Acatenango)
美浦・堀  
牝4 鹿
岩田康 53.0K
6戦4勝 [4-1-0-1]

まだ6戦と未知の魅力がある。
ただ、5連対のうち4戦が道悪という悪馬場巧者。
高速馬場でのパフォーマンスは未知数だ。



5番ジナンボー
父ディープインパクト
母アパパネ
(キングカメハメハ)
美浦・堀  
牡5 黒鹿
Mデムーロ 56.0K
11戦4勝 [4-1-1-5]

昨年の当レースでタイム差なしの2着。
前走は出遅れて何もしておらず、スムーズに先行できれば昨年の再現が有りそうだ。



6番メートルダール
父ゼンノロブロイ
母イグジビットワン
(Silver Hawk)
美浦・戸田  
牡7 鹿
丸山 56.0K
27戦6勝 [6-2-6-13]

昨年3月以降、重賞では勝負になっていない。
厳しい。



7番アールスター
父ロードカナロア
母ウェーブクイーン
(サッカーボーイ)
栗東・杉山晴  
牡5 鹿
長岡 56.0K
18戦4勝 [4-7-2-5]

前走の小倉記念を鮮やかに勝利。
ただそこから斤量が+3K。
相手も強くなるし、厳しいだろう。



8番サトノガーネット
父ディープインパクト
母ビートリックスキッド
(Victory Note)
栗東・矢作  
牝5 黒鹿
松山 55.0K
22戦5勝 [5-3-1-13]

前走の小倉記念で2着(0.2差)。
昨年末の中日新聞杯を勝利しているように、差し比べとなれば牡馬相手でも侮れない。
同馬主の馬が2頭いて、これらがペースを上げてくる可能性がある。
末脚勝負になれば要注意だ。



9番アイスストーム
父ストーミングホーム
母デザートチル
(Red Ransom)
栗東・吉村  
牡5 鹿
柴田大 56.0K
17戦5勝 [5-1-3-8]

5走前の中日新聞杯でタイム差なしの3着に来ているように、力はある。
馬場が渋るとよくない馬だが、当日天気が持ちそうで一安心。
前走のエプソムカップでの大敗は、不良馬場で参考外としてよいだろう。



10番ウインガナドル
父ステイゴールド
母タイムフェアレディ
(メジロマックイーン)
美浦・上原  
牡6 黒鹿
三浦 55.0K
21戦4勝 [4-3-3-11]

3年まえの当レースで4着(0.1差)。
単騎逃げが見込めるので展開利が有りそう。
後は開幕最終週の馬場でどこまで粘れるか。



11番ワーケア
父ハーツクライ
母チェリーコレクト
(Oratorio)
美浦・手塚  
牡3 鹿
ルメール 53.0K
5戦2勝 [2-1-1-1]

伸びしろの多い3歳馬ということで人気を背負っているが、前走の東京優駿での8着(1.0差)を見ると人気ほど力が有るかどうか微妙。
先日の札幌記念で、東京優駿7着(0.9差)のブラックホールが全く通用しておらず、この馬も厳しいのでは。



12番プレシャスブルー
父ディープインパクト
母オンワードミシェル
(アンバーシャダイ)
美浦・相沢  
牡6 鹿
石橋脩 54.0K
32戦5勝 [5-4-3-20]

2走前の新潟大賞典で3着(0.2差)に来ており、前走からの舞台替わりはプラス。
後は前走で大幅に減らした馬体がどこまで回復しているかだろう。



13番ゴールドギア
父ロードカナロア
母ギンザボナンザ
(ゼンノロブロイ)
美浦・伊藤圭  
牡5 黒鹿
田辺 53.0K
23戦4勝 [4-2-4-13]

条件戦時代でも取りこぼしが多かった。
切れ味が無いのが原因であり、上がり勝負の新潟では厳しいだろう。



14番カデナ
父ディープインパクト
母フレンチリヴィエラ
(フレンチデピュティ)
栗東・中竹  
牡6 鹿
鮫島駿 58.0K
24戦4勝 [4-3-3-14]

昨年の当レースで3着(0.3差)。
そこから斤量が+1Kとなるし、もともとは短い直線で一瞬の切れ味を使うのが好走パターン。
直線の長い当コースは、本質的に合わない。



15番リープフラウミルヒ
父ステイゴールド
母ピノブラン
(クロフネ)
美浦・相沢  
牝5 黒鹿
津村 53.0K
29戦3勝 [3-4-3-19]

この馬も短い直線で一瞬の脚を使うのが好走パターン。
直線の長いコースはマイナスで、厳しい。



16番サンレイポケット
父ジャングルポケット
母アドマイヤパンチ
(ワイルドラッシュ)
栗東・高橋忠  
牡5 黒鹿
荻野極 54.0K
12戦4勝 [4-3-1-4]

前走の佐渡ステークスを勝利してオープン入り。
2走前にはヒンドゥタイムズの2着(0.2差)があり、サマーセントに先着した。
軽ハンデを武器に、どこまでやれるか。



17番ブラヴァス
父キングカメハメハ
母ヴィルシーナ
(ディープインパクト)
栗東・友道  
牡4 鹿
福永 56.0K
11戦4勝 [4-3-1-3]

2走前の新潟大賞典で4着(0.3差)の一方、前走の七夕賞では2着(0.2差)。
右回りかつ上がりのかかる展開が良さそうで、新潟は割引だ。



18番サトノクロニクル
父ハーツクライ
母トゥーピー
(Intikhab)
栗東・池江  
牡6 鹿
藤井勘 56.0K
17戦3勝 [3-5-1-8]

今年復帰して4戦、良い所がない。
厳しい。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はインビジブルレイズ
父がサンデーサイレンス系で、グレイソヴリンの血も持っている。
実際、3・4走前の末脚は鮮やかだった。
前走は道悪、2走前は休み明けのため、情状酌量の余地がある。
6歳だが、ここにきて成長しており、上積みもありそう。
道中から外に出すことができれば、直線突き抜けてきそうだ!



▲はアイスストーム
こちらは母父がロベルト系の馬。
直線の長いコースで末脚勝負をするのが得意で、当レースはピッタリ。
道悪はダメなので、良馬場が見込めそうなのは何よりだ。
2走前には進路を探しながら直線突き抜けており、器用さもある!
結果的に、吉村厩舎2頭出しに注目することとなった。



〇はジナンボー
人気先行の良血馬という印象だったが、今年春の大阪杯で善戦したように、力を付けている。
前走は先行できず、鞍上も不調だったので参考外。
今回前に行く馬が少なく、展開利が得られそう。
昨年好走した当レースで、復活に期待!



以下、
馬体が回復していれば当コースでの好走歴が活きそうなプレシャスブルー、昨年の当レースで上位に来たカデナ、前走で激走したサトノガーネット、昨年10月以降オール馬券内と安定しているサンレイポケットを抑える。



◎インビジブルレイズ
▲アイスストーム
〇ジナンボー
△プレシャスブルー
△カデナ
△サトノガーネット
△サンレイポケット



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn