ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



予想の前に、「マトメーター」の状況を。
昨日、一つ進んで、新記録まであと3勝!!!
大井開催、あと3日。
是非、この中で決めてほしい、、、、











PR 



週末のレパードSを一緒に分析してみましょう!

■近年の傾向


■出走予定馬データ考察


■総括

過去10年96 %牡馬、関西馬が強い傾向にあり、
サンデーサイレンス系が過去3年6頭きてる実績。
「エングローサー」がユニコーンSを3着できてるためイチオシ!
「アドマイヤビクター」「グリム」もサンデー系のため注目したい。
でもユニコーンS9着の「グリム」に復活劇はあるか?!

こういう時こそ長年愛用してる指数データをCHECKします。
ー長年愛用してる指数データはコチラー

「レパードS」のステップレースでもある「ユニコーンS」の
データがこちらになります。



エングローサー


これが愛用してる指数データになります。
このデータは指数上位馬6頭を推奨
「エングローサー」34.4倍を指数6位に入れ込むデータはなかなかないですよね?!
オッズ高い隠れ穴馬が指数上位にきたらこのデータは買いです。
「エングローサー」は指数順位上位の場合、着順も上位の可能性が高く
このデータは見てるだけでも馬券の参考になります。

この指数サイトは・・・
スピード指数】×【適性指数】×【統計データ】×【血統理論
4つのデータを合わせて、他にはない指数情報を提供しています。

無料で過去のデータ全てと馬ごとのデータも見れるためおすすめです。
※午前中6レースと重賞1レースが週末無料公開
※全レース見たくなっても月額1,980円のみの指数データ

ー長年愛用してる指数データはコチラー









【過去5年の前走成績】
過去5年間で馬券内に来た15頭の前走を見る。


様々な路線を経て出走しているが、12頭が前走で掲示板を確保していた。
真夏の当レース、調子が大事なのだろう。

また、毎年、「前走が京成盃グランドマイラーズだった馬」が、着順に関係なく来ている。
今年は、ムサシキングオーが該当!


なお、このレースはハンデ戦で、微妙な斤量差が有る。
過去5年で58.0K以上の馬は、馬券に来たことが無い。
(そもそも、58.0K以上の馬が出走する事が少ないのだが、、、、)

今回、カンムル(58.0K)・ヒガシウィルウィン(59.0K)には、嫌なデータだ。



【展開・馬場考察】
逃げるのは、昨年の覇者であり、的場騎手が乗るゴーディーだろう。
それに、ニシノラピート・カンムル・フォクスホールらが続きそう。
内回りコースということで、各馬が早めに動き、差し馬に展開が向きそうだ。


関東は猛暑が再来中。
今晩は良馬場となる可能性大だ

昨年の当レース当日(2017/7/26)の、C2での1600の勝ちタイムが、1.45.3。
対して、昨日のC2での1600の勝ちタイムが、1.42.6。
馬場やペースの違いがあるだろうけど、
昨年より早い決着となりそうだ。



【ステップレース参考】
前哨戦となる、大井記念・京成盃グランドマイラーズ・プラチナカップの予想とレース回顧はこちら。
大井記念の予想

大井記念の回顧
京成盃グランドマイラーズの予想
京成盃グランドマイラーズの回顧
プラチナカップの予想
プラチナカップの回顧



過去5年レースラップ】
強い先行馬が出てきたら、ペースが速くなっても押し切ってしまう。
ただ、2~3着には差し馬の台頭も大いにあるため、注意したい。


また、以下結果の通り、リピーターも存在する。
過去に上位へ来た馬への注意が必要だ。
ゴーディー(昨年1着)・リアライズリンクス(一昨年1着)・グランディオーソ(2014年2着)が該当する。


なお、リピーターに関して、現在的場騎手が3年連続馬券内。
今年は、昨年に続いてゴーディーに騎乗している。
人馬とも、注目だ!!。



参考:2017年:曇・良
1.41.0(40.3)
12.5-11.5-12.3-12.3-12.1-12.8-13.3-14.2
3ハロン通過:36.3・5ハロン通過:60.7

1着:ゴーディー(1-1-1-1)
2着:コンドルダンス(14-14-13-12)4
3着:トーセンハルカゼ(13-13-10-10)1/2



参考:2016年:曇・重
1.40.9(38.1)
12.6-12.3-13.3-12.6-12.0-12.4-12.9-12.8
3ハロン通過:38.2・5ハロン通過:62.8

1着:リアライズリンクス(3-3-3-3)
2着:テムジン(5-7-7-6)1 1/4
3着:アメージングタクト(12-12-4-4)3



参考:2015年:曇・良
1.38.8(38.3)
12.2-11.7-12.6-12.2-11.8-12.4-12.9-13.0
3ハロン通過:36.5・5ハロン通過:60.5

1着:ソルテ(2-2-1-1)
2着:ケイアイレオーネ(4-4-3-3)2 1/2
3着:カキツバタロイヤル(8-6-7-4)1/2



参考:2014年:晴・良
1.39.0(38.9)
12.3-11.1-12.2-12.2-12.3-12.7-12.9-13.3
3ハロン通過:35.6・5ハロン通過:60.1

1着:セイントメモリー(3-2-2-2)
2着:グランディオーソ(12-11-14-14)2
3着:ジョーメテオ(15-15-6-5)クビ



参考:2013年:曇・重
1.39.4(39.1)
12.2-11.5-12.6-12.1-11.9-12.8-13.0-13.3
3ハロン通過:36.3・5ハロン通過:60.3

1着:セイントメモリー(1-1-1-1)
2着:ジョーメテオ(13-12-8-5)1 1/4
3着:カキツバタロイヤル(11-10-11-8)3 1/2




追切タイム
大井開催のお楽しみ、追切タイムだ!





前日オッズ

最後に、前日発売終了時点での上位人気馬は、こちら。

1 ヒガシウィルウィン:2.4
2 バルダッサーレ:3.8
 モンドアルジェンテ:4.8
 ゴーディー:5.4
 カンムル:16.0



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
特に、交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。




【出走全馬ワンポイント評価】
1番モンドアルジェンテ
村上頼[大井] 牡6 芦毛
父クロフネ 母エイグレット(サンデーサイレンス)
御神訓(大井) 56.0K
19戦6勝 [6-4-2-6](JRA:[5-4-2-5]、地方:[1-0-0-1])

前走の大井記念は6着(1.2差)。
早めに前に迫った内容は悪くなく、3着のヒガシウィルウィンとは0.3差。
今回、斤量差が3Kに開くので、最内枠を上手く捌ければ差が詰まりそう。



2番ムサシキングオー
栗田泰[大井] 牡9 鹿毛
父キングヘイロー 母ラストアウィン(ラストタイクーン)
本田重(船橋) 56.0K
61戦14勝 [14-13-9-25]

京成盃グランドマイラーズの予想でも書いたが、マイル戦では安定感が有る。
加えて、今回はハンデ戦。
斤量差を活かしたい。



3番グランディオーソ
渡邉和[大井] 牡9 鹿毛
父アフリート 母メジロプレスト(メジロライアン)
吉原寛(金沢) 56.0K
39戦13勝 [13-8-6-12]

過去に当レースで上位に来ているし、末脚は力強いが、今回は昨年11月の浦和記念(競走中止)以来。
様子見が妥当だろう。



4番カンムル
小久智[浦和] 牡4 鹿毛
父サマーバード 母ムレイニー(Star de Naskra)
左海誠(船橋) 58.0K
17戦4勝 [4-2-2-9](JRA:[1-1-1-3]、地方:[3-1-1-6])

昨年夏~秋に重賞で好走を続けた。
2走前は、58.0Kを背負ってディアドムスに勝利しており、力は有る。
今回は叩き2戦目、どこまで状態が上がっているか。
斤量の克服もカギ。



5番ゴーディー
赤嶺本[大井] 牡10 栗毛
父プレシャスカフェ 母イケノエメラルド(コノミテイオー)
的場文(大井) 56.0K
76戦12勝 [12-14-6-44]

昨年の当レースの覇者。
的場騎手に戻って、逃げてどこまで粘れるかどうか。



6番サージェントバッジ
月岡健[大井] 牡6 黒鹿毛
父ステイゴールド 母タペストリー(Fusaichi Pegasus)
赤岡修(高知) 55.0K
34戦4勝 [4-3-3-23](JRA:[4-3-3-21]、地方:[0-0-0-2])

前走の大井記念は7着(1.4差)。
上がり2位の脚を使ったし、モンドアルジェンテやヒガシウィルウィンと大きな差は無かった。
今回、彼らと斤量差が開くので、それを活かした追い込みに期待。



7番リコーベルリネッタ
蛯名雄[大井] 牡6 栗毛 
父スパイキュール 母リコーパープル(カコイーシーズ)
藤本現(大井) 54.0K
37戦9勝 [9-5-6-17]

前走でサンタアニタトロフィートライアルを勝利。
ただ、例年の勝ちタイムを考えると、更に0.5~1.0秒以上、時計を詰めなければいけない。
最軽量はプラスだが、厳しいのでは。



8番グランユニヴェール
福田真[大井] 牡5 栗毛
父ネオユニヴァース 母ブリズデロートンヌ(シンボリクリスエス)
高松亮(岩手) 54.0K
26戦3勝 [3-6-4-11]

近走、良い所が無く、厳しい。



9番フォクスホール
薮口一[浦和] 牡5 鹿毛
父ホールウォーカー 母オレンジスカイ(リキアイワカタカ)
繁田健(浦和) 56.0K
27戦5勝 [5-10-6-6]

ここ17戦で馬券内に来たのが15戦。
どんな相手に対しても上位に来ており、非常に安定している。

また、2走前の武蔵野オープンの走破時計(1.40.3)は、例年の当レースでの勝ち時計と差が無い。
今回も強力なメンバーだが、勝ち負けになりそう。



10番リアライズリンクス
小久智[浦和] 牡8 栗毛
父ダイタクリーヴァ 母ブライティアイブン(マイネルラヴ)
岡部誠(大井) 57.0K
41戦15勝 [15-3-4-19]

2年前の当レースの覇者。
2走前の京成盃グランドマイラーズで2着(0.8差)に来たとおり、まだ力は有る。
ただ、この馬をよく知る左海誠や的場騎手が乗らないのはマイナス。
小久保厩舎は今回2頭出し、本命はカンムルのほうではないか、、、、



11番バルダッサーレ
中道啓[大井] 牡5 黒鹿毛
父アンライバルド 母メイルリヒト(フジキセキ)
笹川翼(大井) 56.0K
27戦5勝 [5-1-3-18](JRA:[2-0-2-9]、地方:[3-1-1-9])

一昨年の東京ダービー馬が、オープン戦を連勝して復活してきた!
しかも、前走の武蔵野オープンの走破時計(1.40.1)は、例年の当レースでの勝ち時計と遜色ない。
相手は強くなるが、最近の勢いを活かしてどこまで差してくるか。



12番ニシノラピート
市村誠[大井] 牝7 栗毛
父サウスヴィグラス 母ミスダイナクリス(Dynaformer)
瀧川寿(川崎) 55.0K
43戦9勝 [9-2-6-26](JRA:[2-0-1-17]、地方:[7-2-5-9])

牝馬で55.0Kを背負うという事は、牡馬換算で57.0K。
他馬と比較すると軽くない。
また、今回はゴーディーがハナを切りそうで、自分の競馬をするのが難しそうだ。



13番ヒガシウィルウィン
佐藤賢[船橋] 牡4 栗毛
父サウスヴィグラス 母プリモタイム(ブライアンズタイム)
森泰斗(船橋) 59.0K
19戦7勝 [7-7-1-4]

こちらは昨年の東京ダービー馬。
前走の帝王賞で5着(1.0差)と復調を感じさせる走り。
距離短縮は問題無さそうだが、一番の課題は斤量だろう。



02_320x100
【最終結論】
◎はカンムル
叩き2戦目、フレッシュな4歳の当馬の上積みに期待する。
58.0Kも3歳時に経験・克服済み。
ゴーディーを行かせて、早めに先頭に立つ形になるのが理想。
左海誠が継続して乗るのも心強いし、昨年夏にも実績が有って暑さも問題ない。



▲はフォクスホール
上記のとおり、走りが超安定している。
しかも、2走前の武蔵野オープンで先着した馬は、ニシノラピート・スアデラ・キングニミッツら重賞好走歴の有る面々。
ここでも十分通用するはずだ!



〇はバルダッサーレ
斤量や最近の成績、そして脚質を考えると、この馬が軸にふさわしい。
特に、最近の上がりの速さは特筆すべきものがあり、ここも差し脚に期待だ!



以下、昨年の覇者で単騎逃げが見込めるゴーディー、マイル戦では崩れの少ないムサシキングオー、前走の大井記念でヒガシウィルウィンと差の無かったモンドアルジェンテサージェントバッジを抑える。



◎カンムル
▲フォクスホール
〇バルダッサーレ
△ゴーディー
△ムサシキングオー
△モンドアルジェンテ
△サージェントバッジ



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!