ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!




今日は、先日行われたプラチナカップの回顧を。


その前に、「マトメーター」の進捗を。
着実に進んでいる。

ゴール付近で落馬したが、どうやら大丈夫だったようだ。
一安心、、、、




昨日の通り、今週は中京記念を予想するつもり。
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


【上位馬着順(コーナー通過順)着差】

1着:〇キタサンミカヅキ(4-4-3-3)
2着:△ウェイトアンドシー(1-1-1-1)4
3着:インフォーマー(6-6-7-7)2


【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
1.26.1(38.2):晴・良
12.1-11.7-11.8-12.3-11.7-13.1-13.4
3ハロン通過:35.6・5ハロン通過:59.6


今回が第1回の重賞なので、ラップ比較は先日のさきたま杯と行う。
3ハロン通過・5ハロン通過ともほぼ同様。
全体時計も差が無く、上がりのかかる展開となった。


そんな中、キタサンミカヅキは好位から貫禄の抜け出し。
ウェイトアンドシーもよく逃げ粘った。




【レース分析】
スタート後、ウェイトアンドシーが注文通りハナへ。
ノブワイルドは前に行ったが、ウェイトアンドシーにはさほど競りかけず2番手。
その後ろにニシノラピートが続く。
少し空いて、キタサンミカヅキが好位を取る。
内にはリアライズリンクス、
アンサンブルライフはスタートが悪く、位置取りが非常に悪くなった。


1~2コーナーで、馬群が縦長となる。
ウェイトアンドシーが単騎逃げとなり、その後ろにノブワイルド。
恐らく後続馬をブロックしているのだろう、、、、
少し空いてニシノラピート・キタサンミカヅキ・リアライズリンクスと続き、隊列がスンナリ決まった。
その後ろまでアンサンブルライフが上がっていき、内にはインフォーマー。


3コーナー前でウェイトアンドシーとノブワイルドとの差が徐々に無くなる一方、
キタサンミカヅキが上がっていく。
ニシノラピートはその後ろに下がってしまった。
後続の馬も手応えが悪く、上がって来ない。


直線、ウェイトアンドシーがもう一伸びしたが、外からキタサンミカヅキが良い脚で一気に上がってきた。
残り100を切って先頭に立ち、後続を突き放してそのままゴールへ。


2着にはウェイトアンドシーが逃げ粘る。
3着は、ノブワイルドと外から差してきたインフォーマーとの争い。
ハナ差でインフォーマーに軍配が上がった。




【上位馬・印上位馬 短評】
1着:〇キタサンミカヅキ
[船橋]  牡8 鹿毛
父キングヘイロー 母キタサンジュエリー(サクラバクシンオー)
森泰斗 58.0K


ペースがそれなりに流れた中、好位追走から直線楽々と抜け出し、上り最速で勝利。
ここでは力が違った。
順調にいけばまだまだやれそうで、秋以降も楽しみだ!!




2着:△ウェイトアンドシー
[浦和]  セ7 黒鹿毛
父オレハマッテルゼ 母レディージーニアス(エブロス)
今野忠 58.0K


逃げると本当にしぶとい。
このペースでも最後まで止まらず、2着を確保。
今後も、逃げられるかどうかが全てだろう。



3着:インフォーマー
[川崎]  牡7 栗毛
父タイムパラドックス 母カネショウベガ(ナグルスキー)
張田昂 58.0K


3コーナーから追いどおしで位置取りが悪くなったが、伸び続けて3着を確保

同じ位置に居たリアライズリンクスらが伸びあぐねる中、馬券内に来たのは立派。
馬体重が-11Kと絞れたのが良かったか。



着:リアライズリンクス
[浦和]  牡8 栗毛
父ダイタクリーヴァ 母ブライティアイブン(マイネルラヴ)
左海誠 58.0K


インフォーマーとほぼ同位置にいたが、伸びず。
間隔が詰まっていたのと加齢で、2番が効かなくなったのか、、、、




着:◎アンサンブルライフ
[浦和]  牡5 鹿毛
父アジュディケーティング 母ゲイリーエンジェル(Dancing Brave)
的場文 58.0K


スタート悪く、道中も行きっぷり悪く、最後までレースの流れに乗れなかった。
今回は参考外、次走以降にまた狙いたい。





こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!