ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



【レース展望】

今日はロジータ記念を予想する。
南関東の3歳牝馬のトップホースがほぼ揃った上、笠松・金沢の3歳牝馬のトップホースも参戦し、非常に面白いレースとなった。
ポイントはこの距離だ。3歳牝馬にとってダ2100の距離は過酷。最終的に前の馬も後ろの馬もバテてしまうので、ある程度の位置を取れるかどうかが重要だ。
過去5年、馬券内に来た馬を見ると、いずれもB3以上で勝利したか重賞勝利の実績が有った。力が無ければ、ダ2100は乗り切れない。


気になる展開だが、桜花賞を逃げ切ったスターインパルスがハナを切るだろう。これにアップトゥユーが絡み、ギンチャンやヤマミダンスも先行したい。ペースはそれなりに早くなるとはいえ、前記のとおり後方からの差しは厳しいだろうから、ある程度の位置を取ることができて、追って伸びる馬が有利だ。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番ステップオブダンス
関東オークス3着は、このメンバーでは実績断然。ただ今回はその時以来の休み明け。馬券外になる可能性も考慮したい。


2番イクノチャン
近走大敗続き。ここも厳しい。


3番アムールリアン
連勝中だが、C1でのもの。ここは厳しいのでは。


4番ギンチャン
4連勝中だが、この馬もC1でのもの。確かにいずれも圧勝だが、前売り2番人気。過剰人気にも思える。


5番アップトゥユー
逃げたいが、スターインパルスのほうがテンが早そうで、自分の競馬をするのが困難。展開が厳しく、今回は辛い。


6番ミスアンナ
B3で1勝3着1回。堅実に走っており、ここも期待できる。


7番ダムールベルン
B3に上がって大敗続き。厳しい。


8番シェアハッピー
近走大敗続きだが、いずれも強豪ぞろいのレースばかり。4走前の東京ダービーでは1.9差とはいえ4着に健闘したし、侮れないのではないか。


9番ガロ
この馬もB3に格付けされた近2戦がサッパリ。今回も厳しそう。


10番アペリラルビー
前走でドリームズラインの0.2差2着。このドリームズラインは、黒潮盃で1.6差の7着。2着のカンムル(戸塚記念・埼玉新聞栄冠賞を勝利)とは0.8差だったので、アペリラルビーは机上の計算上、カンムルと1.0差くらいの力差。ならば穴で一考しても面白そう。


11番スターインパルス
桜花賞を逃げ切ったようにスピードはあるが、同型が多くて展開が厳しい。加えて、距離が伸びるのも良くないだろう。


12番グラスサファイヤ
桜花賞で0.8差2着だったが、東京プリンセス賞では0.7差7着と着順を落としている。距離が伸びて良いかどうか、半信半疑。


13番ヤマミダンス
この馬も展開が厳しい。輸送の度に馬体を減らしているし、今回も辛そう。


14番ローレライ
前走のロジータ記念TRで、ダ2000を先行して押し切った。ここは中団からのレースになりそうだが、2走前などで追ってよく伸びており、展開が向きそうだ。



【最終結論】
◎はミスアンナ。こうした混戦時は、キャリアが物を言う。本レースで26戦目だが、近5走は全て馬券内に来ており安定している。2走前に下したタネホカホカも、その後に勝利しており、弱い相手ではなかった。


▲はアペリラルビー。4走前の兵庫サマークイーン賞では古馬に混じって1.4差の4着。1着のディアマルコからは離されたが、2着のプリンセスバリュー・3着のマテリアメディカとは0.8~0.9差で踏ん張っている。まずは輸送をクリアして欲しい。


〇はローレライ。好位~中団からよく伸びてきそうだ。


以下、実績最上位のステップオブダンス、近走の不振に目をつぶってシェアハッピー、距離をこなせば残り目があるグラスサファイヤ、過剰人気気味かつ展開が厳しそうだが力は有るギンチャンを抑える。


◎ミスアンナ
▲アペリラルビー
〇ローレライ
△ステップオブダンス
△シェアハッピー
△グラスサファイヤ
△ギンチャン


こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




【レース展望】

今日はローレル賞を予想する。
2歳重賞で毎回書いているが、この時期の2歳戦はホッカイドウ競馬所属馬(元ホッカイドウ競馬所属を含む)を軽視してはいけない。鎌倉記念・平和賞の結果を見てもわかる通り、一線級以下のホッカイドウ競馬所属馬でも、南関東勢と互角以上に渡り合っている。
今年もエーデルワイス賞の勝利馬・2着馬という強豪が遠征してきた。

過去5年、前走がエーデルワイス賞以外で馬券内に来た馬は、11頭。
そのうち、1着だった馬が8頭。最低でも3着に来ており、前走馬券外だった馬の巻き返しは困難だ。


展開だが、ベニアカリかサウスグローリーがハナを切り、ストロングハートが前に付けそう。大外から揉まれずに前に付けられそうで、好走必至だろう。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番ダイバエミュー
3走前、シェーンリートに1.6差で負け。
前走も4着とはいえ、ハイセイコー記念8着のヴァンルモンテに2.2差。厳しい。


2番クレイジーアクセル
前走5着。ハイセイコー記念10着のクリスタルシルバーに2.1差の完敗。ここも厳しそう。


3番ゴールドパテック
前走の鎌倉記念で3着に好走したが、今回は先行争いが緩くスローになりそう。差し届かない可能性が高い。


4番ピースフルジョイ
2戦2勝、逃げても差しても良し。後はこの内枠で揉まれた時にどうか。


5番ムービングスエルテ
3走前に1.3差とはいえ、ハイセイコー記念で3着だったトーセンブルの5着に入っている。
が、5走前、シェーンリートに1.7差で負け。厳しいか。


6番グラヴィオーラ
2走続けてストロングハートに0.1差の2着。それ以前も安定して走っており、ここも期待できる。


7番ポッドジゼル
前走の鎌倉記念で4着に好走。ゴールドパテックとはタイム差無しだった。それでいて人気が相当落ちており、美味しい存在だ。


8番シェーンリート
前走の平和賞で3着に好走したが、小頭数で楽に先行出来たことが大きそう。2走前の鎌倉記念では大敗しており、買いづらい。


9番ボーダレスガール
2走前にストロングハート・グラヴィオーラを下している。姉が南関東の短距離で活躍中のスアデラで、短距離馬である可能性も有るが、前走のエーデルワイス賞は揉まれて競馬になっていなかった。脚を溜めれば再度2頭を下してもおかしくない。鞍上も強化されている。


10番ベニアカリ
近走、逃げて完敗。それ以前のレースでも、ハタノサンドリヨン・ゴールドパテック・シェーンリートに負けており、厳しい。


11番サウスグローリー
前走でハタノサンドリヨンと対戦して大敗。ここも厳しい。


12番ハタノサンドリヨン
ホッカイドウ競馬から転厩し、2勝2着1回。冒頭の通り、元ホッカイドウ競馬所属の軽視は禁物だ。


13番カシノランサム
前走圧勝しているが、2走前はハイセイコー記念5着のクロスケやシェーンリートに完敗。更に4か月ぶりのレースで、厳しい。


14番ストロングハート
前走のエーデルワイス賞でJRA勢を撃破して勝利。逃げても先行しても良いし、距離も1600までこなしている。
父サウスヴィグラス×母父スマートボーイという血統は、一昨年の当レースの覇者のモダンウーマン・昨年の当レースの覇者のアップトゥユーと同様。そのアップトゥユーの全妹が本馬だ。
生産者も同じグランド牧場であり、今年も期待できる。



【最終結論】
◎はハタノサンドリヨン。ホッカイドウ競馬から転厩後、まだ底を見せていない。前走も3コーナーから捲ってゴール前まで粘っていた。


▲はボーダレスガール。今回は前走のエーデルワイス賞よりもメンバーが落ちて、揉まれる可能性が減る。差し切りがあってよい。


〇はストロングハート。好位からしっかりと脚を使ってくれそうだ。


以下、安定感のあるグラヴィオーラ、しぶとい脚を使うポッドジゼル、3着になら差してきそうなゴールドパテックを抑える。


◎ハタノサンドリヨン
▲ボーダレスガール
〇ストロングハート
△グラヴィオーラ
△ポッドジゼル
△ゴールドパテック


こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!


 
今日は私の一口馬情報を掲載する。


【レーツェル】
11/4にきんもくせい特別(福島芝1800)へ出走。
7頭と小頭数、スロー確実の中、勝っておきたいレースだったが、、、、


見事、ハナ差で勝利!!
逃げた馬がかなり楽をしていたので捕まえられるかヒヤヒヤしたが、大きな勝ち星を挙げた。
これでクラシック出走が現実になって来た。

一口馬を始めて長いけど、JRAの一口馬で2勝を挙げたのも、特別戦を勝利したのも初。
ここに来て一気に運がやってきたのだろうか、、、、



キャロットクラブ2歳勢の中で、現時点での2勝馬はレーツェルのみ。
募集価格最安値の馬が、暫定とはいえ同期の頂点に立った。
これも競馬の面白い所。

前走は逃げ切りだったが、今回は先行して外を回して差し切った。
競馬を覚えながら勝ち星を積み重ねるという、理想的な展開。

勝利後のインタビューを読んだが、美浦に戻った時は前走時よりも体が減った状態だったとのこと。それを立て直し、勝利に導いた伊藤大調教師に、敬礼。


次走がいつどこになるかわからないけど、まずはこのまま無事行って欲しい。
そして願わくば、今後も勝利を!!



【サンフレイム】
10/28の高知5R(C2-5)に出走して9着(7番人気:2.5差)。

馬場等が合わなかったのだろうか、、、、



【ホールロッタラヴの2016】
NF早来で、ウォーキングマシンでの運動と週5回はロンギ場での運動、週1回は周回コースでキャンター1800mの調教中。普段はやんちゃな面を見せることもあるが、騎乗中は乗り手の指示にしっかり従っており、ロンギ場や周回コースでのキャンターは問題なく対応しているようだ。
背中から良い乗り味が感じられ、負荷をかけた分だけ変わり身を見せてくれそうな手応えを得ているとのこと。良好なコンディションを保っているそうだ。
今月もベタボメ♪

馬体重も8月と比較して+22の447キロ。順調にいって欲しい!!

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




予想の前に、改めてブログ更新予定を。

11/6:一口馬情報
11/7:ローレル賞の予想
11/8:ロジータ記念の予想
11/9:レース回顧(JBC(スプリント・クラシック))
11/10:大庭和弥騎乗予定
11/11:レース回顧(ローレル賞・ロジータ記念)
11/12:エリザベス女王杯予想

明日以降も非常に慌ただしいが、ガンガン更新して、有益な情報を提供していく予定だ!!
なお、競馬ブログランキングで、みやこSの予想も実施済です。


ちなみに、最近ブログ名をちょっとだけ変えている。
穴予想を行っていることを明示した。
今後も人気薄の馬から、激走する可能性有る馬を選んでいきたい。


【レース展望】
今日はアルゼンチン共和国杯を予想する。
東京芝2500は坂を二度越えるため、スタミナ勝負になりやすい。今年も切れ味よりスタミナ色の強い馬が揃った。また、一線級の馬はG1に出るためにメンバーが一枚落ちる場合が多い上、ハンデ戦という事で非常に難解だ。
一方で過去5年、馬券内に入ったのは7番人気以内の馬。一時ほど荒れていないのも事実。


展開だが、逃げ馬が不在。カレンミロティックあたりがハナを切りそうだが、スロー濃厚だろう。
ただ、例年当レースは差し馬が多く台頭しており、中団の馬に利がある。
また、昨日のレースでは、内の荒れはある程度修復されていたのだが、後半のレースになったら外差しが効いていた。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番セダブリランテス
一頓挫あって休み明けの一戦であるのに加え、スタミナが求められる当レースに合うかどうか。3歳牡馬のレベルは高くないし、それでいて人気を集めているので嫌いたい。


2番マイネルサージュ
前に行けるため展開面で有利だが、オープン昇格後の成績を見るとここも厳しそう。


3番デニムアンドルビー
距離や条件を変えて使っているが、結果には結びつかず。実績は上位なので、差してきてもおかしくはないが、、、過剰人気気味なので買いづらい。


4番スワーヴリチャード
日本ダービー2着馬。鉄砲実績もあるので久々は問題ない。Mデムーロに乗り代わり、内で包まれなければ勝ち負けか。3歳馬での56Kは楽ではないが、、、。


5番トウシンモンステラ
この馬も、オープン昇格後の成績を見ると厳しそう。鉄砲実績も無い。


6番プレストウィック
シルクR2頭出し。セダブリランテスよりスタミナ色が強く、上がりの脚も持っている。ただ、昨年の当レースは10着。そこから斤量が1K増えるのはマイナス材料。


7番ソールインパクト
どんな条件・相手でも勝ち切れない、善戦マン。ここも上位には来るだろうけど、勝ち切るのはどうか。


8番カレンミロティック
昨年の天皇賞・春を2着した実績馬だが、流石にピークを過ぎた印象。


9番シホウ
叩き2戦目に好走歴が多いように、休み明けを一度使った今回はチャンス。


10番サラトガスピリット
同条件の今年の目黒記念で11着。そこから斤量が1K減るのはプラス材料だが、それ以外に好材料が無い。


11番アルバート
現役屈指のスタミナ自慢の馬。昨年当レースで2着しているように、舞台設定に不足なし。後は初の58.5Kが課題か。


12番トルークマクト
同条件の今年の目黒記念で15着。そこから斤量が1K減るのはプラス材料。後は前走のように、この馬の好走パターンである外差し競馬になってほしい。


13番ハッピーモーメント
同条件の今年の目黒記念で3着。そこから斤量据え置きだ。先行してバテないタイプで、今回も好走が期待できる。


14番レコンダイト
同条件の今年の目黒記念で5着。そこから斤量据え置きだ。ハッピーモーメントとは0.2差とほぼ互角。差し馬が有利な当レース、逆転があってもおかしくない。


15番ヒットザターゲット
内枠で好走する馬。9歳でピークは過ぎているだろうし、外枠は大幅マイナス。


16番カムフィー
近走冴えず。ここも厳しい。



【最終結論】
◎はレコンダイト。叩き2戦目・距離延長・スタミナが求められる舞台、条件好転の材料が多数有る。昨年の当レースで6着だった雪辱を晴らせるチャンス!!


▲はハッピーモーメント。差し馬有利と言っても、明らかに先行勢が少ないならば前に行く馬も狙いたい。その中から、今年の目黒記念で好走したこの馬をチョイス。バテない強みを活かして欲しい。


〇はアルバート。斤量と鞍上以外は不安無し。上位争い必至だろう。


以下、外差し競馬ならば台東があるトルークマクト、前走は出遅れで競馬ができておらず叩き2戦目の上積みに期待してシホウ、Mデムーロは怖いスワーヴリチャード、超善戦マンのソールインパクトを抑える。


◎レコンダイト
▲ハッピーモーメント
〇アルバート
△トルークマクト
△シホウ
△スワーヴリチャード
△ソールインパクト

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



今日は、先日行われたJBCレディスクラシックの回顧を。


【上位馬着順(コーナー通過順)着差】

1着:◎ララベル(3-3-3-2)
2着:▲プリンシアコメータ(1-1-1-1)アタマ
3着:△ラインハート(13-13-12-10)3/4


【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
1:54.2(39.1):晴・重
12.6-12.4-12.9-12.6-12.2-12.4-12.8-12.6-13.7


参考:2015年:晴・不良
1:51.5(39.6)
12.2-11.6-12.0-11.8-11.8-12.5-13.6-13.1-12.9

1着:ホワイトフーガ(8-7-6-6)
2着:サンビスタ(6-4-4-4)5
3着:トロワボヌール(9-8-4-5)2 1/2


JBCは開催が持ち回りの為、2015年に大井で行われた際のレースとの比較を行っている。

今年はペースがゆったりと流れて、前に行った2頭がそのまま上位争いをした。
一方、2015年は序盤からペースが速く、結果的に差し馬が台頭した。




【レース分析】

好スタートからプリンシアコメータが逃げて、プリンセスバリューが2番手、ララベルが3番手。隊列がスンナリ決まり、ペースが非常に落ち着いた。その直後に、内からワンミリオンス。更にその外にホワイトフーガとキンショーユキヒメがつける。
3コーナーでキンショーユキヒメが外から動くが伸びない。他の馬が動く中、ララベルがプリンセスバリューを交わして2番手に上がり、プリンシアコメータへ馬体を合わせて2頭が抜け出す。
直線に入っても2頭の叩き合いが続く。その後ろにワンミリオンスが続く。ホワイトフーガは全く伸びない。そんな中、内から外に切り替えたラインハートがワンミリオンスへグングン迫って交わし、3番手に上がる。

2頭の叩き合いは審議になったが、ララベルが競り合いを制して優勝。
地方所属馬初のJBCレディスクラシック制覇という偉業を成し遂げた。
しかも地方生え抜きの馬が勝ったという事で、非常に感慨深い。






【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎ララベル
審議になってしまったが、好位の外を先行して直線叩き合いを制した。一叩きされて状態が大きく上向いたのと、前走よりペースが楽になった(前走レディスプリュードの前半5ハロン:62.1・今年:62.7)のが勝因か。


2着:▲プリンシアコメータ
絶妙のペースで単騎逃げできた。道中絡まれること無く、直線もよく粘っていた。


3着:△ラインハート
予想時に書いたとおり、出走取消→JRAから転入初戦となる直前に、エルムSで1.5差の9着。モンドクラッセやメイショウスミトモらに先着しているので、牝馬同士ならば実力上位だったということか。


5着:〇アンジュデジール
ペースが遅い中、道中は7番手。4コーナーでも6番手で、これでは届かない。

↑このページのトップヘ