ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎→印・▲→印への馬連流し
◎▲→印・◎〇→印・▲〇→印への3連系馬券流し

カテゴリ: 転職活動記録





ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



再度となるが、まずは、、、、




【注意!!】
この記事は競馬予想と全く関係ありません!!
興味の無い方は、大変申し訳ありませんがスルーでお願いします。。。。







少し前のイケダハヤト氏(超有名カリスマブロガー)のTwitterから。

大企業に勤めている私としては、図星過ぎて胸が痛い。
私の会社も、下の呟きのとおり、「無気力な若者」と「偉そうなオッサン」しかいない。




一番胸が痛いのは、『大企業に就職すると、何の強みもない「ジェネラリスト」になる』。
まさに私がそう。
だから転職活動で、非常に苦労している。。。。



前回の続き。
今回は、3月最終週送別会ラッシュでの話を書いていく。


ありがたいことに、社内外の色々な方々が送別会を開いてくれた。
ランチ・ディナーで日々別々の人と話して、飲食した。



そんな中、あるディナーにて、社外の知人からこんな事を言われた。
「ツベイバさんの会社は、本当に社員を大事にされているのでしょうか。」
、、、、言われて、ハッとした。



確かに私の勤めている某大企業は規模が大きく、福利厚生が充実している。
給料も良い。

が、今回のように転勤強制があり、異動希望が叶わない事だらけ。
そもそも、人事ローテーションが無いに等しい。

非効率な働き方も多数ある。
社員が日中ダラダラと仕事をしたり、無駄な会議が本当に多い。
不必要な残業が多いにも関わらず、「仕事をした気になっている社員」ばかり。

評価制度も合ってないようなもので、完全な年功序列だ。
バカで偉そうな上司がポストを埋めており、能力ではなくロイヤリティを重視している。
当然、昇格も望めない(希望していないが)


こんな会社に定年までしがみつくよりも、「自分の希望する事ができる会社」を選んだほうが、後悔の無い人生を送れるのではないか!!
勿論、リスクは色々あるだろうけど、社外には私の知らない世界が広がっているはず!!



ディナー後の帰りの電車でこう考えた。
上記の知人が薦めていたことも思い出して、帰った後に即、転職エージェントへ登録した。



が、登録の際、職務経歴書を入力していた時、大きな悩みが発生した。
「私はこれまで何をやってきたのだろう」「何ができる人間なのだろうか」


「これまで何もしておらず、何もできないの人間なのでは、、、、」




上記のイケダハヤト氏の呟きどおり、私は『何の強みもない「ジェネラリスト」』だった。

今まで幾つかの担当を歴任したり、全体をまとめるポジションを経験してきたが、どれも専門性に欠けており、確固たる強みやスキルが身についていない。

また、これは大企業にありがちなのだが、私の会社でも仕事・担当が細分化されすぎている。
各社員は、仕事全体の1パーツしかやっておらず、全体像が理解・把握できていない
仕事を一気通貫で行っておらず、厳しい。

40代にしてこの事実に気づくなんて、遅すぎた、、、、


とはいえ過去は変えられない。
書くだけ書いて、後は私に合う求人が世の中に有るかどうか、、、、



続く。。。。





もしあなたが今、転職を考えているならば、絶対に転職エージェントへ登録するべき!!


詳しくは後日説明するが、彼ら彼女らは非常に豊富な転職ノウハウを持っており、以下のサービスなどなど、転職希望者を幅広く支えてくれる。

・対面/電話によるカウンセリング
・非公開求人情報の多数提供
・職務経歴書や履歴書などの書類添削
・面接サポート
・各種説明会の開催


我々利用者は、それらを無料で利用できる。


「登録に手間がかかるのでは、、、、」などと考えてはいけない。
むしろ、今の仕事の方が圧倒的に面倒なはず。
そこから逃げる為に転職を考えるのだから、登録を面倒くさがってはいけない。


代表的な転職エージェントを以下に紹介する。
担当者との相性などもあるので、複数登録するのが望ましい。
私も現在4つ登録している。

さぁ、一気に登録しよう!!















ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



再度となるが、まずは、、、、




【注意!!】
この記事は競馬予想と全く関係ありません!!
興味の無い方は、大変申し訳ありませんがスルーでお願いします。。。。







先日、タイムリー?に、 田端氏(元LINE上級執行役員)とイケダハヤト氏(超有名カリスマブロガー)が、『転勤強制制度』について、ものすごく妥当な指摘をしてくださっていた。







本当におっしゃるとおり。
転勤強制は社会問題だ。

ただ、多くの日本人は、それを問題だと感じていない。特に大企業に勤めている人は。
働き方改革という言葉が飛び交っているが、転勤強制の仕組みをなぜ誰も話題にしないのか、理解に苦しむ。残業過多と並ぶ、日本の悪い労働風習だと思うのだが。


後日書くが、私の転職について、知り合いからも「(転勤は)我慢して受け入れるべき」と言われた。
思考停止になり、社畜・奴隷状態となっている人、多そう。


自分の頭で物事を考え、自分の判断で行動する。
知能を持つ生き物として当然の行為ができなくなっているとは、、、、生物としてヤバい。

それとも、退化している人が増えているのだろうか。。。。



前回の続き。
今回は、辞令が出た翌日以降の話を書いていく。
同じような境遇の方々の参考となり、役に立つ情報となれば嬉しい。




異動先での生活基盤を急ピッチで作らないといけない。
辞令が出たのが3月下旬ということで、引っ越し業者は確保できないし、物件探しも困難。
奥さんも派遣社員として働いており、急に仕事を辞めるわけにもいかない。
それに、将来は関東での勤務・生活に戻りたいとも考えていた。



ので、ひとまずは私が単身赴任することとした。
しかも、私の勤める会社には『単身赴任手当』があるようなので、手当受給の手続きを聞いたが、「特に用意するものはなく、会社の書類を書けば良い」とのこと。
(実はこれが後々、大問題になってくるのだが、、、、)


その時は一安心して、新生活の準備をすることにした。



【住居の確保】
私の勤める会社は大企業という事で、異動先の街に社宅があった。

ただ、異動先は北にあり、まだまだ非常に寒かった。実際、雪もよく降った。
最低気温が氷点下となり、朝晩と日中との気温差が大きい。

そんな中、社宅内には家電等が無く、空の家に引っ越した後に生活必需品を買い揃える必要があった。
しかも私は車を運転しない為、買い揃えるのが一苦労。
後々、立ち退く際にも後片付けが面倒だ。


ので、異動先近辺のマンスリーマンションを選ぶことにした。
幸い、異動先から徒歩20分強にあるマンションを見つけて、入居する事ができた。

築年数は相当経っていたが、テレビ・冷蔵庫・電子レンジ・ベッド・炊飯器・食器・灯油ストーブなどが設置済みだったし、家賃内に光熱費も含まれていてオトクだった。
入り口にオートロックが付いており、防犯面も安心。
電気やガス等も立会不要で、入居後すぐに使う事ができるそうだ。

不動産会社とのカギ授受も、特別に土日対応してもらう事ができたので、スムーズに入居可能となった。
直に物件を見る事は出来なかったが、贅沢は言えない。



【荷造り】
衣類など最低限のものを箱詰めし、足りないものは異動先近辺で買うことにした。
奥さんの協力で、5箱程度で収める事が出来た。本当に感謝しかない。
これで当面の生活は大丈夫そう。

異動先の街はそこそこ大きく、調べた結果、スーパーやコンビニなどの店は一通りあるようだった。
不足した場合でも、問題なさそう。
いざという時にはネットショップもある。



【心配事】
私がノートPCを持っておらず、「PCを使用したい時にどうするか」という問題が有った。
考えた結果、異動先の街にはネットカフェが有ったので、当面は必要な時にそこへ入り浸ることで解決することとした。



あとは、飛行機のチケットも予約できた!
こうした作業を行っていると、あっという間に時間が過ぎていった。
その間、ありがたいことに、何人かの方々から送別会のお誘いをいただいた。
3月最終週は、昼・夜問わず、送別会ラッシュとなることに。



続く。。。。





もしあなたが今、転職を考えているならば、絶対に転職エージェントへ登録するべき!!


詳しくは後日説明するが、彼ら彼女らは非常に豊富な転職ノウハウを持っており、以下のサービスなどなど、転職希望者を幅広く支えてくれる。

・対面/電話によるカウンセリング
・非公開求人情報の多数提供
・職務経歴書や履歴書などの書類添削
・面接サポート
・各種説明会の開催


我々利用者は、それらを無料で利用できる。


「登録に手間がかかるのでは、、、、」などと考えてはいけない。
むしろ、今の仕事の方が圧倒的に面倒なはず。
そこから逃げる為に転職を考えるのだから、登録を面倒くさがってはいけない。


代表的な転職エージェントを以下に紹介する。
担当者との相性などもあるので、複数登録するのが望ましい。
私も現在4つ登録している。

さぁ、一気に登録しよう!!















ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



遂に、転職活動記録の第一弾が完成!!
その前に、、、、



【注意!!】
この記事は競馬予想と全く関係ありません!!
興味の無い方は、大変申し訳ありませんがスルーでお願いします。。。。







ただ、私の人生にとっては大きなイベントだったし、この情報が他の方に参考となるかもしれないので、書いている。
昨今、転職は誰にでも起こり得るイベントといえるし、私のように40代となってから初めて経験する事も有るだろう。


初めての出来事に取り組む時は、たいてい不安がつきもの。
そんな際、こうした情報は非常に安心感をもらえる。
事実、私もインターネット上の様々な転職関連情報に、大いに助けられた。
今度は私が情報を提供する番だ。


この日から書き続けているとおり、急に転勤通知が出て異動となり、その後色々な事があって転職を決意した。その経緯や心境、参考にした情報などをまとめていく。




まずは、この日にあった事をまとめる。

某大企業に勤めている私。
例年、この時期になると、不特定多数の社員へ唐突に辞令が出る。
その中には、職種や場所がガラっと変わるケースも多々あった。
ただ、私の場合、10年以上も同じ職種を続けており、辞令が出る事はないと思っていた。


が。
今年は違った。

突然、辞令がある旨、呼び出しを受ける。
そして、行ってみると、、、、



【ツベイバ氏、○○にて勤務を命ずる】



○○?????

聞いた事の無い勤務地、、、、
そもそも何をやるのかも不明、、、、

辞令を出した上司からの説明は無く、ただ上記が書かれた紙を一枚、私に渡したのみ。


考えてみたら、私の会社は色々方針を変えていた。
人員削減とか、強化部門を変更するとか。
その波が、私へも来たという事なのかも。


と、後から冷静になって考えると思い当たる節はあったのだが、
紙を貰った際は頭が真っ白になり、質問や理由などを考える余裕が無かった。
頭の中では、
「この先どうすれば良いか。いや、そもそも今は3月下旬だし、当面どうする、、、、???」
くらいしか、考えていなかった。
というか、パニックになっていて、『考えられなかった』というほうが正しかった。


とりあえず、周囲に辞令が出た事を話したら、一様に「なぜ??」と言われる。
それは、私自身が聞きたかった。
ひとまず、○○へ挨拶の電話はしたが、、、、

奥さんにも話したものの、その晩は不安と混乱でロクに眠れず。



続く。。。。




もしあなたが今、転職を考えているならば、絶対に転職エージェントへ登録するべき!!


詳しくは後日説明するが、彼ら彼女らは非常に豊富な転職ノウハウを持っており、以下のサービスなどなど、転職希望者を幅広く支えてくれる。

・対面/電話によるカウンセリング
・非公開求人情報の多数提供
・職務経歴書や履歴書などの書類添削
・面接サポート
・各種説明会の開催

我々利用者は、それらを無料で利用できる。


「登録に手間がかかるのでは、、、、」などと考えてはいけない。
むしろ、今の仕事の方が圧倒的に面倒なはず。
そこから逃げる為に転職を考えるのだから、登録を面倒くさがってはいけない。


代表的な転職エージェントを以下に紹介する。
担当者との相性などもあるので、複数登録するのが望ましい。
私も現在4つ登録している。

さぁ、一気に登録しよう!!











↑このページのトップヘ