ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東レース・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。 相互リンクは、いつでも絶賛歓迎です!





≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:南関東トライアル予想・交流重賞予想・一口馬(キャロットクラブより許可をもらって転載しております)


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎・▲の単勝
◎→印・▲→印への馬連流し

カテゴリ: 日曜中央競馬・海外競馬

iroha_bn



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



小倉2歳ステークス上位3頭的中!
━━━━━━━━━━━━
1着メイケイエール 指数3位→1着
2着モントライゼ  指数2位→2着
3着フォドラ    指数1位→3着
━━━━━━━━━━━━
指数3→2→1位の上位決着!
堅い時は上位3頭決着
━━━━━━━━━━━━
波乱傾向での例を挙げると・・
レパードステークス
ケンシンコウ7人気
指数3位推奨→結果1着

1着=指数3位
2着=指数1位
3着=指数6位/3連単122050円
6頭BOX購入でも1000%
━━━━━━━━━━━━
春G1、NHKマイルでも
ラウダシオン9人気を指数6位推奨
エルムS   指数1→2→4位
レパードS  指数3→1→6位
アイビスSD 指数4→1→6位
━━━━━━━━━━━━
■本命~指数1~4位
■波乱~指数1~6位
を見ておくべきです!週末24レース無料公開。前半戦から見れるのでおすすめです。
→中山,中京週指数はコチラ
当日午前中公式ブログでセントウルSも無料公開されるのでチェックしてみてください。




今週はセントウルステークス予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ビアンフェ
▲セイウンコウセイ



【レース展望】
サマー1200シリーズの最終戦であり、スプリンターズステークスの前哨戦となる、セントウルステークス。
別定戦であり、有力馬が参戦しやすいため、毎年好メンバーが揃っている。
過去5年、1番人気が4勝2着1回と、強さを発揮しているので、無闇な穴狙いは禁物だ。

なお、例年は阪神で行われるが、今年は中京で開催される。
カーブがきつくて外を走る馬は膨れやすいので、内枠先行馬が有利だろう。


開催開幕週に行われるせいか、先行する馬が有利
過去5年に馬券内に来た15頭中、4コーナー5番手以内の馬が9頭
特に逃げた馬が、5年で3度馬券内に来ており、まずは前へ行く馬に注目したい。


血統は、サクラバクシンオーを代表とするプリンスリーギフト系、あるいはミスプロ系やストームキャット系などの米国ダート血統に注目。
前半からスピードに乗って進めるかどうかが大きいため、溜めて切れ味を活かすサンデーサイレンス系やパワー型の血統より、これらの血統に注目だ。

中京芝1200は、スタート後に下り坂が続き、最後に坂が待っている。
周りは異なるが、中山芝1200と似たコース形態になっており、ここでの結果が本番に直結しそうだ。


まとめると、「
内枠で先行しそうな、プリンスリーギフト系あるいは米国ダート血統を持つ」を狙いたい。

chukyo_turf_1200



【出走全馬ワンポイント評価】
1番トウショウピスト
父ヨハネスブルグ
母シーイズトウショウ
(サクラバクシンオー)
美浦・土田  
牡8 鹿
丸田 56.0K
56戦6勝 [6-3-3-44]

オープンではまだ掲示板入りする事があるが、芝1200の重賞では通用しておらず厳しいだろう。



2番ノーワン
父ハーツクライ
母プレイガール
(Caerleon)
栗東・笹田  
牝4 鹿
池添 54.0K
17戦2勝 [2-0-3-12]

前走はダート、2走前は直線競馬の最内で対象外。
内枠を取ったのでイン差しに期待したが、出遅れ癖やテンに置かれることが多くて届かない。
厳しそうだ。



3番メイショウグロッケ
父メイショウサムソン
母メイショウグラナダ
(マンハッタンカフェ)
栗東・荒川  
牝6 鹿
浜中 54.0K
28戦5勝 [5-4-4-15]

もともとテンのスピードが速くないのに、今回が初の芝1200。
追走だけで手一杯になりそうで、厳しい。



4番ラヴィングアンサー
父ダイワメジャー
母ラブレター
(ロックオブジブラルタル)
栗東・石坂正  
牡6 鹿
吉田隼 56.0K
26戦6勝 [6-2-4-14]

3走前に芝1200のオープン特別を勝利したが、重賞では僅差まで。
前傾ラップよりも後傾ラップで瞬発力を活かして好走するタイプ。
ペースが早くならないで欲しいが、今回先行勢が揃っており厳しそう。



5番キングハート
父オレハマッテルゼ
母ラブハート
(マイネルラヴ)
美浦・星野  
牡7 鹿
菱田 56.0K
44戦6勝 [6-6-2-30]

近走冴えず、厳しい。



6番セイウンコウセイ
父アドマイヤムーン
母オブザーヴァント
(Capote)
美浦・上原  
牡7 栗
幸 57.0K
35戦7勝 [7-7-1-20]

3年前に今回と同舞台の高松宮記念を勝利し、その後も何度か好走している。
ただ今回は絶好の開幕馬場でのレース。
加齢によるスピード力の衰えが心配。



7番ミスターメロディ
父Scat Daddy
母Trusty Lady
(Deputy Minister)
栗東・藤原英  
牡5 鹿
北村友 57.0K
14戦4勝 [4-3-0-7]

昨年の高松宮記念の勝ち馬。
当時のようにインで脚を溜められそうな枠に入った。
鉄砲掛けしないので状態がカギだが、普通に走れば当時の再現があるだろう。



8番タイセイアベニール
父ベーカバド
母ハロードリーム
(ブライアンズタイム)
栗東・西村  
牡5 鹿
松山 56.0K
24戦5勝 [5-8-1-10]

近走、重賞を2戦するも人気に応えられず。
追い込むも届かない競馬となっており、ここもロスなく進めてどこまで迫れるかだろう。
時々出遅れるので、スタートを決めたい。



9番シヴァージ
父First Samurai
母Indian Bay
(Indian Charlie)
栗東・野中  
牡5 栗
岩田望 56.0K
18戦5勝 [5-5-3-5]

末脚は強烈だが、その分、展開に左右されてしまう。
開幕週の今回は割引だ。



10番トゥラヴェスーラ
父ドリームジャーニー
母ジャジャマーチャン
(アドマイヤコジーン)
栗東・高橋康  
牡5 鹿
武豊 56.0K
15戦3勝 [3-3-0-9]

オープン特別で連続好走するも、前走の北九州記念は6着(0.5差)。
物足りない結果だが、有力馬が休み明けなので今回は使われている強みを活かしたい。
スンナリ先行できれば巻き返しがあるだろう。



11番ビアンフェ
父キズナ
母ルシュクル
(サクラバクシンオー)
栗東・中竹  
牡3 鹿
藤岡佑 54.0K
7戦3勝 [3-2-0-2]

ハナを取れれば好走する馬。
今回、ハナ争いしそうなラブカンプーが大外に入ったのは好材料。
初の古馬との一戦、自分の競馬に徹してどこまでやれるか。



12番メイショウキョウジ
父ダイワメジャー
母アルペンローズ
(Kris S.)
栗東・藤岡  
牡5 鹿
藤岡康 56.0K
24戦5勝 [5-8-4-7]

オープンで3戦し、通用しておらず、厳しい。



13番クライムメジャー
父ダイワメジャー
母クライウィズジョイ
(トニービン)
栗東・渡辺  
牡6 栗
鮫島駿 56.0K
29戦5勝 [5-4-3-17]

前走の北九州記念で、上がり最速の末脚を使い4着(0.4差)。
展開がハマった感はあるが、ここも前傾ラップになったら差してくるかも。



14番フェルトベルク
父ブラックタイド
母プリンセスブルー
(Pulpit)
栗東・荒川  
牝6 鹿
藤懸 54.0K
35戦5勝 [5-1-3-26]

前走で3勝クラスを勝ったばかり。
厳しいだろう。



15番クリノガウディー
父スクリーンヒーロー
母クリノビリオネア
(ディアブロ)
栗東・藤沢則  
牡4 栗
森裕 56.0K
15戦1勝 [1-2-1-11]

3走前に降着とはいえ高松宮記念で好走した。
ここ2戦は惨敗しているが、好走した舞台に戻って巻き返しに期待。



16番ダノンスマッシュ
父ロードカナロア
母スピニングワイルドキャット
(ハードスパン)
栗東・安田隆  
牡5 鹿
三浦 57.0K
19戦8勝 [8-2-1-8]

2走前のようにスンナリ走れば、苦手の左周りでも好走できる。
鉄砲実績もあるし、近走より楽な相手になって、いきなり期待したい。



17番ラブカンプー
父ショウナンカンプ
母ラブハート
(マイネルラヴ)
栗東・森田  
牝5 黒鹿
斎藤新 54.0K
31戦3勝 [3-8-1-19]

ハナへ行ければ3走前の好走の再現がありそうだったが、、、、
大外枠は大幅マイナスだ。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はビアンフェ
大型馬だが鉄砲実績があり、先行力が有る。
逃げたい馬が何頭かいるけど、その中でもこの馬が内寄りの枠を引いたし、スタートダッシュも早いはず。
ハナを切って押し切り、本番を迎えて欲しい!



▲はセイウンコウセイ
インから先行しそうなのがこの馬。
包まれずに行けば、3走前の高松宮記念のようにまだまだ好走できる。
雨もこの馬にとって味方だろう。



〇はミスターメロディ
近2走は条件が合わなかった。
3走前のスプリンターズステークスで4着(0.3差)しているように、芝1200がベスト条件。
加えて左回り、復活の舞台は整った。



以下、
内枠を引けたノーワンG1で好走歴のあるクリノガウディーダノンスマッシュ、内に潜り込むことができれば近2走から前進があるタイセイアベニールを抑える。



◎ビアンフェ
▲セイウンコウセイ
〇ミスターメロディ
△ノーワン
△クリノガウディー
△ダノンスマッシュ
△タイセイアベニール



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn

iroha_bn



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



札幌2歳S・新潟記念無料公開
秋競馬の前哨戦は始まってます!

春G1&前哨戦でズバッと的中の無料3連複。
春夏高配当含め実績まとめました。
──────────────────
【春夏高配当(無料)まとめ】
☆皐月賞:3連複1-7-16(1-3-8人気)
500円×91.5倍→4万5750円獲得!
☆五稜郭S:3連複1-5-6(3-9-4人気)
500円×99.6倍→4万9800円獲得!
▼春G1&前哨戦実績▼
──────────────────

──────────────────
◎日経賞→回収率798%
◎中山記念→回収率322%
◎京王杯→回収率310%

春はトライアルレースで高配当なんです。
▼▼今週の無料3連複▼▼
札幌2歳S・新潟記念
週末重賞の無料情報←コチラ
まずはココまで無料でチェックしてみてください。




今週は新潟記念予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




インビジブルレイズ
▲アイスストーム


【レース展望】
サマー2000シリーズの最終戦となる新潟記念。
ハンデ重賞だが、近年はノーザンファームの使い分けで有力馬が登場する事があり、レースレベルも上がっている。


新潟開催最終週に行われるせいか、外差しの馬が有利
過去5年に馬券内に来た15頭中、4コーナー5番手以下の馬が10頭
特に10番手以下の馬が8頭いて、後方からでも十分届く。
その時は、同じくらいにいた馬が一緒に差し込んできており、展開決め打ちで狙うのが良い。


血統は、父か母父にサンデーサイレンス系の血を持つ馬に注目。
開催最終週でも新潟の馬場はある程度維持されており、早い上りを使えることが必要。
また、直線が長いため、そのスピードを維持する持続力も求められるので、ロベルトやグレイソヴリンの血を併せ持つと、尚良い。


まとめると、「
後方から差してきそうな、父・母父がサンデーサイレンス系(ロベルトやグレイソヴリンの血があると尚良し)の馬」を狙いたい。

niigata_turf_2000



【出走全馬ワンポイント評価】
1番インビジブルレイズ
父ハーツクライ
母クレバースプリント
(サクラバクシンオー)
栗東・吉村  
牡6 鹿
北村宏 56.0K
22戦6勝 [6-3-2-11]

2走前の新潟大賞典で5着(0.7差)。
プレシャスブルーやブラヴァスとは0.4差で、重賞初挑戦ならば上々。
前走のエプソムカップは馬場が悪すぎて参考外。
巻き返しに期待だ。



2番アイスバブル
父ディープインパクト
母ウィンターコスモス
(キングカメハメハ)
栗東・池江  
牡5 芦
戸崎圭 55.0K
18戦4勝 [4-5-1-8]

前走の目黒記念での2着(0.1差)は、切れ味よりスタミナ自慢の当馬にハマった感じ。
切れ味勝負は2走前のように分が悪く、厳しそうだ。



3番ピースワンパラディ
父ジャングルポケット
母クリアソウル
(アグネスデジタル)
美浦・大竹  
牡4 鹿
池添 55.0K
9戦4勝 [4-2-2-1]

前走を除くとオール馬券内という安定株。
前走の敗退は極端な道悪が原因のようなので、舞台替わりでの巻き返しが有りそうだ。



4番サトノダムゼル
父ディープインパクト
母ダリシア
(Acatenango)
美浦・堀  
牝4 鹿
岩田康 53.0K
6戦4勝 [4-1-0-1]

まだ6戦と未知の魅力がある。
ただ、5連対のうち4戦が道悪という悪馬場巧者。
高速馬場でのパフォーマンスは未知数だ。



5番ジナンボー
父ディープインパクト
母アパパネ
(キングカメハメハ)
美浦・堀  
牡5 黒鹿
Mデムーロ 56.0K
11戦4勝 [4-1-1-5]

昨年の当レースでタイム差なしの2着。
前走は出遅れて何もしておらず、スムーズに先行できれば昨年の再現が有りそうだ。



6番メートルダール
父ゼンノロブロイ
母イグジビットワン
(Silver Hawk)
美浦・戸田  
牡7 鹿
丸山 56.0K
27戦6勝 [6-2-6-13]

昨年3月以降、重賞では勝負になっていない。
厳しい。



7番アールスター
父ロードカナロア
母ウェーブクイーン
(サッカーボーイ)
栗東・杉山晴  
牡5 鹿
長岡 56.0K
18戦4勝 [4-7-2-5]

前走の小倉記念を鮮やかに勝利。
ただそこから斤量が+3K。
相手も強くなるし、厳しいだろう。



8番サトノガーネット
父ディープインパクト
母ビートリックスキッド
(Victory Note)
栗東・矢作  
牝5 黒鹿
松山 55.0K
22戦5勝 [5-3-1-13]

前走の小倉記念で2着(0.2差)。
昨年末の中日新聞杯を勝利しているように、差し比べとなれば牡馬相手でも侮れない。
同馬主の馬が2頭いて、これらがペースを上げてくる可能性がある。
末脚勝負になれば要注意だ。



9番アイスストーム
父ストーミングホーム
母デザートチル
(Red Ransom)
栗東・吉村  
牡5 鹿
柴田大 56.0K
17戦5勝 [5-1-3-8]

5走前の中日新聞杯でタイム差なしの3着に来ているように、力はある。
馬場が渋るとよくない馬だが、当日天気が持ちそうで一安心。
前走のエプソムカップでの大敗は、不良馬場で参考外としてよいだろう。



10番ウインガナドル
父ステイゴールド
母タイムフェアレディ
(メジロマックイーン)
美浦・上原  
牡6 黒鹿
三浦 55.0K
21戦4勝 [4-3-3-11]

3年まえの当レースで4着(0.1差)。
単騎逃げが見込めるので展開利が有りそう。
後は開幕最終週の馬場でどこまで粘れるか。



11番ワーケア
父ハーツクライ
母チェリーコレクト
(Oratorio)
美浦・手塚  
牡3 鹿
ルメール 53.0K
5戦2勝 [2-1-1-1]

伸びしろの多い3歳馬ということで人気を背負っているが、前走の東京優駿での8着(1.0差)を見ると人気ほど力が有るかどうか微妙。
先日の札幌記念で、東京優駿7着(0.9差)のブラックホールが全く通用しておらず、この馬も厳しいのでは。



12番プレシャスブルー
父ディープインパクト
母オンワードミシェル
(アンバーシャダイ)
美浦・相沢  
牡6 鹿
石橋脩 54.0K
32戦5勝 [5-4-3-20]

2走前の新潟大賞典で3着(0.2差)に来ており、前走からの舞台替わりはプラス。
後は前走で大幅に減らした馬体がどこまで回復しているかだろう。



13番ゴールドギア
父ロードカナロア
母ギンザボナンザ
(ゼンノロブロイ)
美浦・伊藤圭  
牡5 黒鹿
田辺 53.0K
23戦4勝 [4-2-4-13]

条件戦時代でも取りこぼしが多かった。
切れ味が無いのが原因であり、上がり勝負の新潟では厳しいだろう。



14番カデナ
父ディープインパクト
母フレンチリヴィエラ
(フレンチデピュティ)
栗東・中竹  
牡6 鹿
鮫島駿 58.0K
24戦4勝 [4-3-3-14]

昨年の当レースで3着(0.3差)。
そこから斤量が+1Kとなるし、もともとは短い直線で一瞬の切れ味を使うのが好走パターン。
直線の長い当コースは、本質的に合わない。



15番リープフラウミルヒ
父ステイゴールド
母ピノブラン
(クロフネ)
美浦・相沢  
牝5 黒鹿
津村 53.0K
29戦3勝 [3-4-3-19]

この馬も短い直線で一瞬の脚を使うのが好走パターン。
直線の長いコースはマイナスで、厳しい。



16番サンレイポケット
父ジャングルポケット
母アドマイヤパンチ
(ワイルドラッシュ)
栗東・高橋忠  
牡5 黒鹿
荻野極 54.0K
12戦4勝 [4-3-1-4]

前走の佐渡ステークスを勝利してオープン入り。
2走前にはヒンドゥタイムズの2着(0.2差)があり、サマーセントに先着した。
軽ハンデを武器に、どこまでやれるか。



17番ブラヴァス
父キングカメハメハ
母ヴィルシーナ
(ディープインパクト)
栗東・友道  
牡4 鹿
福永 56.0K
11戦4勝 [4-3-1-3]

2走前の新潟大賞典で4着(0.3差)の一方、前走の七夕賞では2着(0.2差)。
右回りかつ上がりのかかる展開が良さそうで、新潟は割引だ。



18番サトノクロニクル
父ハーツクライ
母トゥーピー
(Intikhab)
栗東・池江  
牡6 鹿
藤井勘 56.0K
17戦3勝 [3-5-1-8]

今年復帰して4戦、良い所がない。
厳しい。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はインビジブルレイズ
父がサンデーサイレンス系で、グレイソヴリンの血も持っている。
実際、3・4走前の末脚は鮮やかだった。
前走は道悪、2走前は休み明けのため、情状酌量の余地がある。
6歳だが、ここにきて成長しており、上積みもありそう。
道中から外に出すことができれば、直線突き抜けてきそうだ!



▲はアイスストーム
こちらは母父がロベルト系の馬。
直線の長いコースで末脚勝負をするのが得意で、当レースはピッタリ。
道悪はダメなので、良馬場が見込めそうなのは何よりだ。
2走前には進路を探しながら直線突き抜けており、器用さもある!
結果的に、吉村厩舎2頭出しに注目することとなった。



〇はジナンボー
人気先行の良血馬という印象だったが、今年春の大阪杯で善戦したように、力を付けている。
前走は先行できず、鞍上も不調だったので参考外。
今回前に行く馬が少なく、展開利が得られそう。
昨年好走した当レースで、復活に期待!



以下、
馬体が回復していれば当コースでの好走歴が活きそうなプレシャスブルー、昨年の当レースで上位に来たカデナ、前走で激走したサトノガーネット、昨年10月以降オール馬券内と安定しているサンレイポケットを抑える。



◎インビジブルレイズ
▲アイスストーム
〇ジナンボー
△プレシャスブルー
△カデナ
△サトノガーネット
△サンレイポケット



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn

iroha_bn



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



◎月いち高回収率当たり前~
5月末から検証してる無料情報。

回収率300%はお手の物~
月1・2でこんな高回収率出してます!
━━━━━━━━━━━━━━
【8月の高回収率:無料】
■8/23小倉8R
3連複316.4倍的中(10-2-7人気)
→9万4290円◎回収率1758%
■8/16札幌6R
3連複40.3倍的中(3-2-6人気)
→4万8360円◎回収率1008%
買い目画像↓↓
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
【6・7月の高回収率:無料】
■7/19函館9R
3連複49.3倍的中(1-3-9人気)
→3万9440円◎回収率821%
■6/13函館7R
3連複76倍的中(3-2-9人気)
→6万800円◎回収率1267%
買い目画像↓↓
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
5月末からしっかり検証。毎週収支プラス。
本命きっちり抑えながらの穴馬選びが秀逸。
8月も毎週的中してる無料3連複なんです。
前夜1鞍公開の無料3連複
当たる快感、稼げる快感!両方とも味わえるのは今ココでしょう。



今週はキーンランドカップ予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ディメンシオン
▲メイショウショウブ



【レース展望】
サマースプリントシリーズの中でも別定戦で行われるため、他のサマースプリント戦よりレベルが高くなる傾向にあるキーンランドカップ。
タフな洋芝で行われる為、スピードだけでは通用しない。
今年は例年よりも開催後半に行われるので、スタミナや総合力がより問われそうだ。


開催後半に行われるせいか、内枠より外枠が有利
過去5年に馬券内に来た15頭中、1~3枠の馬は2頭
4枠より外に入った馬を中心視したい。
その一方、逃げた馬が3度馬券に絡んでおり、ハナを切りそうな馬にも注目だ。


血統は、父がサンデーサイレンス系の馬に注目。
スタートしてからゴールまでほぼ平坦な為、前半から極端にペースが上がることは少ない。
代わりに、他の短距離戦よりスタミナや総合力が必要なため、やや重めの血統が通用するのだろう。


まとめると、「
外よりの枠に入った、父がサンデーサイレンス系の馬」を狙いたい。

sapporo_turf_1200





【出走全馬ワンポイント評価】
1番ダイアトニック
父ロードカナロア
母トゥハーモニー
(サンデーサイレンス)
栗東・安田隆  
牡5 鹿
武豊 58.0K
16戦7勝 [7-3-3-3]

2走前の高松宮記念でタイム差なしの3着。
前走の函館スプリントステークスを58Kで完勝、ここも中心視すべきだろう。
ただ、最内枠はマイナスだ。



2番イベリス
父ロードカナロア
母セレブラール
(ボストンハーバー)
栗東・角田  
牝4 鹿
横山武 54.0K
13戦3勝 [3-0-3-7]

昨年のアーリントンカップを勝利したり、セントウルステークスで3着(0.6差)しているとおり、力はある。
叩き3戦目となる今回、期待したいが、再度の54Kが気になる。
この斤量で結果が出ていないので、、、、



3番ダイシンバルカン
父サクラバクシンオー
母ダイシンモード
(マイネルラヴ)
栗東・吉田  
牡8 鹿
勝浦 56.0K
53戦4勝 [4-3-3-43]

オープン昇格後、苦戦続き。
2走前のオープン戦での4着(0.2差)が最高で、厳しい。



4番ビリーバー
父モンテロッソ
母デイドリーマー
(ネオユニヴァース)
美浦・石毛  
牝5 黒鹿
杉原 54.0K
31戦4勝 [4-3-9-15]

近走、堅実な末脚で追い込むも、後一歩届いていなかった。
今回は一気に相手が強くなるし、重賞では時計が早くなる。
厳しいだろう。



5番メイショウショウブ
父ダイワメジャー
母メイショウスズラン
(キングカメハメハ)
栗東・池添兼  
牝4 栗
横山典 54.0K
16戦1勝 [1-2-3-10]

未だに1勝止まりだが、一度だけ乗った鞍上の時(ニュージーランドトロフィー)はタイム差なしの2着に好走。
再度のコンビ結成に、激走の期待有り。
好枠を引いたので、まずは逃げか番手のレースをしたい。



6番ショウナンアンセム
父ジャングルポケット
母ヴォラドーレス
(クロフネ)
美浦・田中剛  
牡7 芦
石川 56.0K
39戦6勝 [6-9-6-18]

5走前に高松宮記念で3着(0.1差)があるものの、4走前の後に屈腱炎となってしまう。
復帰後全く見所なく、厳しい。



7番メイショウカズヒメ
父フレンチデピュティ
母メイショウワカツキ
(マンハッタンカフェ)
栗東・南井  
牝6 鹿
柴山 54.0K
23戦4勝 [4-2-0-17]

前走のアイビスサマーダッシュは、絶好の外枠で4着(0.1差)止まり。
物足りない結果だが、休み明けで馬体が増えていた影響があったかも。
叩き2戦目の今回、揉まれなければ前進があるかも。



8番カッパツハッチ
父キンシャサノキセキ
母メイショウユウゼン
(タイキシャトル)
美浦・矢野  
牝5 鹿
大野 54.0K
18戦3勝 [3-4-3-8]

直線競馬で良績を多く挙げているように、揉まれ弱い馬。
前走の好走も、スンナリ先行できたことが大きく、同型馬が多く多頭数の今回は厳しそう。



9番ダイメイフジ
父アグネスデジタル
母ダイメイダーク
(ダンスインザダーク)
栗東・森田  
牡6 鹿
菱田 56.0K
38戦7勝 [7-7-4-20]

前走の函館スプリントステークスは、大外枠から強引にハナを奪い、逃げられたことが原因。
同型馬が増える今回、同じ競馬ができるかどうか微妙。



10番クールティアラ
父アルデバランII
母クールユリア
(ケイムホーム)
美浦・矢野  
牝4 鹿
丹内 54.0K
13戦3勝 [3-3-1-6]

オープンでは通用しておらず、厳しい。



11番フィアーノロマーノ
父Fastnet Rock
母Heart Ashley
(Lion Heart)
栗東・高野  
牡6 鹿
藤岡康 56.0K
16戦6勝 [6-2-0-8]

G1を除くと、5~10月の気温が高い時期に結果が出ていない。
前走の函館スプリントステークスは、涼しい北海道でのもので、それにしても4着(0.4差)止まりだった。
今回は、最近暑い札幌でのもの。
厳しそうだ。



12番ライトオンキュー
父Shamardal
母グレイトタイミング
(Raven's Pass)
栗東・昆  
牡5 鹿
古川 57.0K
15戦6勝 [6-1-1-7]

昨年の当レースで4着(0.2差)。
その次の京阪杯で快勝し、パワーアップを印象付けた。
今シーズンは、2走前の函館スプリントステークスで凡走するも、前走でキッチリ変わり身を見せて勝利。
今回は叩き3戦目、陣営はシッカリ狙ってきているようだ。



13番アスタールビー
父ロードカナロア
母キリエ
(ブライアンズタイム)
栗東・南井  
牝4 鹿
吉田隼 54.0K
12戦4勝 [4-2-0-6]

前走で3勝クラスを勝利してオープン入り。
馬券外の6戦中、4戦が掲示板という安定株。
また、4勝中3勝が北海道でのものという洋芝巧者。
3歳春以来の重賞だが、ここでも十分通用する。



14番エイティーンガール
父ヨハネスブルグ
母センターグランタス
(アグネスタキオン)
栗東・飯田祐  
牝4 青鹿
坂井 54.0K
15戦4勝 [4-3-1-7]

ここ2戦、中団~後方から進めて届かない競馬が続いている。
ただ、どちらのレースも前残り。
開催が進んで差しが決まりやすくなるのは良いし、少しでも前が遣り合って早くなるならばチャンスがある。
それは、4走前のシルクロードステークスで、タイム差なしの2着に来た時等で示している。
前走の1番人気から解放されるのもプラスだ。



15番ディメンシオン
父ディープインパクト
母ミスペンバリー
(モンジュー)
栗東・藤原英  
牝6 鹿
松田 54.0K
19戦5勝 [5-3-1-10]

今回が引退レース(予定)。
マイルから一気の距離短縮がハマるかどうか。
2走前のCBC賞では、番手の競馬ができた一方、アッサリ沈んでしまった。
マイルがベストのように思えるが、、、、



16番ヤマカツマーメイド
父ロードカナロア
母ヤマカツマリリン
(グラスワンダー)
栗東・池添兼  
牝3 鹿
池添 51.0K
9戦2勝 [2-2-0-5]

重賞好走歴のある兄や姉の妹ということで注目されることが多いが、重賞は3走前の2着(0.2差)が最高。
テンのスピードが早くない上、初の芝1200。
おまけに古馬とも初対決だし大外枠。
厳しいだろう。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はディメンシオン
今回5枠より外に入った馬で、父がサンデーサイレンス系なのは当馬のみ。
母父が凱旋門賞馬で、力の要る馬場も問題ない。
前走のCBC賞も9着(0.5差)とはいえ、タフな馬場を伸びていた。
今回は不利を受けづらい外枠で、外から差してきそうだ!



▲はメイショウショウブ
好枠を引き、乗り替わったので、ハナを狙うことが出来そう。
内のイベリス(鞍上の息子)が行くならば、それに被せてついていけばよい。
6走前の阪神カップで3着(0.8差)に来たように力はある。
それを発揮するための条件が整った!



〇はライトオンキュー
昨年よりも良いローテで臨むことができている。
馬自身もパワーアップしており、枠も良い。



以下、
実績上位のダイアトニックフィアーノロマーノ前走から条件が好転するエイティーンガール、洋芝巧者であり安定感のあるアスタールビーを抑える。



◎ディメンシオン
▲メイショウショウブ
〇ライトオンキュー
△ダイアトニック
△フィアーノロマーノ
△エイティーンガール
△アスタールビー



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn

iroha_bn



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



PR)人の眼で見抜けない!
そんな好走馬を推奨してくれます!

─────────────────
重賞無料公開↓
8/9レパードステークス
ケンシンコウ7人気
指数3位推奨→結果1着

1着=指数3位
2着=指数1位
3着=指数6位
3連単122050円
6頭BOX購入でも1000%
─────────────────
5月のNHKマイルでも
ラウダシオン9人気を
指数6位に推奨→1着
1着=指数6位
2着=指数3位
3着=指数5位
3連単152750円
─────────────────
あげるとキリないですが、
こういう走る馬を数値化!格付け!
人気薄を上位に推す場合は注目の1頭。
直近では・・・
エルムS   指数1→2→4位
レパードS  指数3→1→6位
アイビスSD 指数4→1→6位
など重賞は指数上位できまってます。
─────────────────
19年札幌記念は指数4→1→1位
相性はいいイメージ
今年も指数はチェックしてから馬券が安心!
札幌記念他無料指数
↑からメール登録後、前日夜無料指数を覗いてみてください。
ココは答え合わせにも穴馬探しにも役立つのでおすすめなんです!




今週は札幌記念予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎トーセンスーリヤ
▲イエッツト



【レース展望】
夏競馬の中でも毎年豪華なメンバーになっている札幌記念。
GI級のメンバーが揃うレースなのだが、今年は頭数・メンバーレベル共にイマイチ。。。。


メンバーが豪華になる一方、荒れる事もしばしば。
荒れる際に共通しているのは、小回りコースで行われるために立ち回り競馬になった時
2015年・2017年がその時で、内枠を利してロスなく進めた馬が上位を占めた。
その一方、毎年ペースが流れて持久力勝負となっており、洋芝でタフな馬場を乗り切る力があることも必要だ。
今年は、今週からCコースに変わってインが良くなり、立ち回り勝負となる可能性があるので、荒れそうな予感がする。


血統は、キングカメハメハの血に注目。
過去5年で馬券内に来た15頭のうち、父・母父に同血統を持つ馬が6頭。
2ターンの芝2000という舞台が合っているのだろう。
また、ヴァイスリージェント系の血にも注目だ。
こちらも母父・母父父に同血統を持つ馬が5頭。


まとめると、「
立ち回り力があって、キングカメハメハ・ヴァイスリージェント系の血を持つ馬」を狙いたい。

sapporo_turf_2000




【出走全馬ワンポイント評価】
1番ノームコア
父ハービンジャー
母クロノロジスト
(クロフネ)
美浦・萩原  
牝5 芦
横山典 55.0K
14戦5勝 [5-1-3-5]

近走を見るに、牡馬混合戦でも力上位。
血統から洋芝も歓迎だし、間隔が空いているのも好材料だ。



2番ペルシアンナイト
父ハービンジャー
母オリエントチャーム
(サンデーサイレンス)
栗東・池江  
牡6 黒鹿
大野 57.0K
25戦4勝 [4-4-2-15]

昨年の当レースでも5着(0.3差)止まり。
近走冴えず、厳しい。



3番トーセンスーリヤ
父ローエングリン
母トーセンガラシャ
(デュランダル)
美浦・小野  
牡5 栗
横山和 57.0K
29戦5勝 [5-7-4-13]

前走の宝塚記念は、勝ち馬から離されながらも7着(2.8差)に粘った。
2・3走前に連勝しているように、ここに来て力を付けている。
相手が楽になる今回、再度の好走が有るかも。



4番ドレッドノータス
父ハービンジャー
母ディアデラノビア
(サンデーサイレンス)
栗東・矢作  
セ7 栗
坂井 57.0K
30戦6勝 [6-1-5-18]

年齢を重ねて、休み明けは走らなくなっている。
ここを叩いて、狙いは次走以降では。



5番ルミナスウォリアー
父メイショウサムソン
母ルミナスハッピー
(アグネスタキオン)
栗東・新谷  
牡9 鹿
川島 57.0K
35戦9勝 [9-9-2-15]

函館記念を勝利したのは3年前。
そこからJRAで馬券に絡んでおらず、厳しい。



6番ラッキーライラック
父オルフェーヴル
母ライラックスアンドレース
(Flower Alley)
栗東・松永幹  
牝5 栗
Mデムーロ 55.0K
16戦6勝 [6-4-2-4]

今年の大阪杯を勝利したように、今回のG1馬の中では一番勢いがある。
牡馬混合戦だが、中心視するべき。



7番ブラックホール
父ゴールドシップ
母ヴィーヴァブーケ
(キングカメハメハ)
美浦・相沢  
牡3 黒鹿
石川 54.0K
7戦2勝 [2-1-0-4]

昨年の札幌2歳ステークスを勝利したコースに戻るのはプラス。
頭数が手ごろなのもよく、後は古馬との力関係次第だろう。



8番カウディーリョ
父キングカメハメハ
母ディアデラノビア
(サンデーサイレンス)
美浦・堀  
牡4 黒鹿
藤岡佑 57.0K
9戦4勝 [4-0-0-5]

一息入れた前走の函館記念は、1番人気を裏切って7着(0.5差)。
久々の方が走る馬だが、物足りない結果だった。
そこから継続して使う今回、上積みがあるかどうか微妙。
ドレッドノータスとの兄弟対決は注目だが、、、、



9番イェッツト
父カンパニー
母イスタンブール
(キングカメハメハ)
美浦・金成  
牡5 鹿
横山武 57.0K
11戦3勝 [3-1-3-4]

前走の3勝クラスでは大外を回して2着(0.1差)に食い込んだ。
2走前にはキングオブコージの4着(0.8差)と、力はある。
もともと3歳時にはクラシック路線を目指していた馬。
今回、定量戦は厳しいが、上位争いしておかしくない。



10番ポンデザール
父ハーツクライ
母ジョコンダII
(Rossini)
美浦・堀  
牝5 黒鹿
ルメール 55.0K
11戦5勝 [5-0-0-6]

当コースではよく走っているが、それは2600でのこと。
この距離は短い上、相手も強化されて厳しそう。



11番アドマイヤジャスタ
父ジャスタウェイ
母アドマイヤテレサ
(エリシオ)
栗東・須貝  
牡4 鹿
吉田隼 57.0K
14戦3勝 [3-3-0-8]

前走の函館記念を鮮やかに勝利。
以前はホープフルステークスで2着(0.2差)したように力のある馬。
復活したのならば、再度の好走があっておかしくない。



12番トーラスジェミニ
父キングズベスト
母エリモエトワール
(マンハッタンカフェ)
美浦・小桧山  
牡4 鹿
木幡育 57.0K
19戦5勝 [5-0-1-13]

近走、逃げて良績を残しているが、更に相手が強化される今回は厳しそうだ。




うまとみらいと

【最終結論】

◎はトーセンスーリヤ
前走の宝塚記念で先行して厳しい経験をしたのが、今回活きてきそう。
今回は、トーラスジェミニを行かせて番手くらいにつけそうで、インをロスなく進められそうだ。
脚を溜めて直線追えば、再度の重賞制覇が見えてくる!



▲はイエッツト
外枠はマイナスだが、1コーナーまでの距離があり先行馬が何頭かいるので、ロスを減らすことは出来そう。
外を回し過ぎずに進めて直線に臨めば、一瞬のキレる末脚を使える馬。
◎共々、横山兄弟の一発に期待!



〇はノームコア
絶好枠を引いたので、うまく立ち回ることが出来そう。
近走から牡馬相手でも十分通用しそうだし、久々でも十分走る。
結局、◎▲〇が横山ファミリーとなった。。。。



以下、
実績上位のラッキーライラック前走で同じ洋芝レースを快勝したアドマイヤジャスタ1番人気から解放されるカウディーリョ、内枠を引いたのと昨年よりメンバー弱化で浮上が有りそうなペルシアンナイトを抑える。



◎トーセンスーリヤ
▲イエッツト
〇ノームコア
△ラッキーライラック
△アドマイヤジャスタ
△カウディーリョ
△ペルシアンナイト



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn

iroha_bn



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



好調な無料で見れる指数前半戦予想◎
特に新潟開催の予想が冴えてます!

今週は昨年大的中の関屋記念も無料公開!

各競馬場6Rまでの前半戦が無料公開!
指数で予想が見れるのですが新潟で今月大的中!

8/2新潟3R/3歳未勝利
1着指数4位セルレア(7人気)
2着指数3位レイチェリー(3人気)
3着指数1位スノーテーラー(1人気)
3連単872.4倍を指数上位で的中!
なんと7人気穴馬を指数上位指名!
単勝32.2倍の大穴だったのですが優勝◎
無料で見れる予想でこの的中来たらデカい!
さらに今週の日曜新潟メイン【関屋記念】
このレースも特別に当日全頭指数無料公開!
昨年も大的中させてるので信頼度絶大です◎

2019/8/11新潟11R/関屋記念(G3)
1着指数1位ミッキーグローリー(1人気)
2着指数2位ミエノサクシード(6人気)
3着指数3位ソーグリッタリング(4人気)
3連単264.1倍を指数順位通りドンピシャ!
6人気も絡んでるのにもはや神業ですね!

軸馬選びも穴馬探しもこの無料指数で完璧!
土日前半6鞍&関屋記念を攻略ならココです!
→関屋記念含む今週の無料指数はコチラから
前半戦は『今週のコラボ@指数』に前日夜から!
関屋記念は日曜お昼に『北条のブログ』
どちらも無料でチェックOKです!



今週は小倉記念予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎ショウナンバルディ
▲ミスディレクション



【レース展望】
夏の小倉競馬場で行われる名物重賞の、小倉記念。
高速かつ平坦馬場で行われており、毎年時計の早い決着となっている。


高速馬場でかつ持続力勝負になりやすいため、このレースはグレイソヴリン=トニービンの血を持つ馬がよく走っている。
現在4年連続で馬券内に来ている。


脚質は、近年エアレーション作業の影響が落ち着いてきたせいか、立ち回り力のある馬が上位に来ている。
昨年は、上位2頭が強力だったので差し決着となったが、3~5着は好位を立ち回った馬。
それを含めて過去5年で馬券内に来た15頭のうち、4コーナーで5番手以内だった馬が8頭
うち、ここ3年で6頭来ており、傾向が変わってきているのが伺える。
特に今年は開幕週で行われる為、一層前に行く馬が有利そうだ。



まとめると、「
立ち回り力があって、グレイソヴリン=トニービンの血統を持つ馬」を狙いたい。

kokura_turf_2000



【出走全馬ワンポイント評価】
1番ノーブルマーズ
父ジャングルポケット
母アイアンドユー
(Silver Hawk)
栗東・宮本  
牡7 栗
高倉 56.0K
43戦5勝 [5-6-9-23]

昨年の当レースで3着(0.1差)。
昨年唯一馬券内に来たレースだった。
未勝利戦の勝利も小倉と、実は小倉巧者。
メンバーが昨年より落ちる今回、再度の好走に期待だ。
絶好枠を引いたので、先行したい。



2番ミスディレクション
父ミスキャスト
母スウィフトオブフライト
(Sky Classic)
栗東・武幸  
セ6 黒鹿
太宰 54.0K
26戦5勝 [5-2-3-16]

ホープフルステークス以来の重賞挑戦。
生粋の逃げ馬で、小倉実績があり、早い持ち時計もある。
開幕週の馬場を味方にしてハナを切ることが出来れば、面白い存在。
血統的にも注目だ。



3番アールスター
父ロードカナロア
母ウェーブクイーン
(サッカーボーイ)
栗東・杉山晴  
牡5 鹿
浜中 53.0K
17戦3勝 [3-7-2-5]

前走は休み明けでランブリングアレーに完敗(0.8差)。
ただ、その分今回は斤量差が-2Kからゼロとなる。
夏の小倉では、昨年条件戦を勝利している。
叩き2戦目の上積みを含めて、巻き返しが有りそうだ。



4番アウトライアーズ
父ヴィクトワールピサ
母ウィストラム
(フレンチデピュティ)
美浦・小島  
牡6 鹿
丸田 54.0K
25戦4勝 [4-2-1-18]

昨年の当レースで6着(0.4差)。
最後方から差を詰めたのみで、スピード勝負についていけなかった。
厳しい。



5番サトノガーネット
父ディープインパクト
母ビートリックスキッド
(Victory Note)
栗東・矢作  
牝5 黒鹿
松山 55.0K
21戦5勝 [5-2-1-13]

昨年の中日新聞杯を勝利したように、直線が長くタフな馬場での好走が多い。
当レースは適性外だし、実質トップハンデタイ。
厳しい。



6番サラス
父オルフェーヴル
母ララア
(Tapit)
栗東・西村  
牝5 鹿
松若 53.0K
14戦4勝 [4-1-3-6]

今年2戦して、見せ場無し。
もともと出脚が早くなく、最後方近くから進めて届くかどうかというレースを続けている馬。
開幕週のスピード馬場では厳しい。



7番アメリカズカップ
父マンハッタンカフェ
母ベガスナイト
(コロナドズクエスト)
栗東・音無  
牡6 黒鹿
和田竜 55.0K
29戦4勝 [4-0-1-24]

好走歴は、1ターンかつ力の要る馬場での時。
2ターンかつ良馬場では厳しい。



8番サマーセント
父ハービンジャー
母プリムローズレーン
(サンデーサイレンス)
栗東・斉藤崇  
牝4 黒鹿
酒井 52.0K
12戦4勝 [4-0-1-7]

前走でマーメイドステークスを勝利した分、斤量が+2Kとなった。
また今回は、前走と一転してスピード勝負となる。
全く異なるレースの質に対応できるかどうか。



9番タニノフランケル
父Frankel
母ウオッカ
(タニノギムレット)
栗東・角居  
牡5 青鹿
幸 55.0K
22戦4勝 [4-2-3-13]

昨年の当レースで4着(0.1差)。
その後は全く見せ場ないが、そもそも自分のペースで先行できていない。
今回も同型馬がいるが、どこまで自分の競馬ができるかだろう。



10番レイホーロマンス
父ハービンジャー
母スズカローラン
(サンデーサイレンス)
栗東・橋田  
牝7 鹿
秋山 51.0K
39戦6勝 [6-4-2-27]

何度か書いている通り、寒い時期に良績の多い馬。
前走の函館記念の5着(0.4差)は、涼しい競馬場だったからこそ。
真夏の小倉では、厳しい。



11番サトノルークス
父ディープインパクト
母リッスン
(Sadler's Wells)
栗東・池江  
牡4 鹿
川田 56.0K
9戦3勝 [3-3-0-3]

昨年のセントライト記念・菊花賞で連続2着したように、タフなレースで浮上している。
当レースは軽さとスピードが求められるので、厳しい。



12番ショウナンバルディ
父キングズベスト
母バノヴィナ
(Redoute's Choice)
栗東・松下  
牡4 黒鹿
鮫島駿 53.0K
12戦3勝 [3-3-2-4]

前走は逃げて大敗したが、開催最終週の荒れた馬場でインを進んだ鞍上のミスが原因。
3コーナーで後続に交わされて、4コーナーでは余力ゼロだった。
その分、今回は軽ハンデを貰えたし、2走前にランブリングアレーの2着(0.3差)した際の斤量差が4Kから2Kに縮まった。
開幕週のスピード馬場で先行できれば、一変が有りそうだ。



13番ロードクエスト
父マツリダゴッホ
母マツリダワルツ
(チーフベアハート)
美浦・小島  
牡7 鹿
西村淳 57.0K
36戦4勝 [4-3-2-27]

年齢を重ねた今ならば2ターンの方が合うかもしれないが、既に7歳でスピード勝負は辛いだろう。
トップハンデだし、最後に馬券に絡んだのが一昨年の10月。
厳しい。



14番ランブリングアレー
父ディープインパクト
母ブルーミングアレー
(シンボリクリスエス)
栗東・友道  
牝4 黒鹿
武豊 53.0K
10戦4勝 [4-3-1-2]

3歳時はコントラチェックやラブズオンリーユーらと戦ってきた馬。
今年になって4戦3勝と上昇してきた。
4走前に小倉で勝利しているし、勢いとコース実績で上位を狙えそうだ。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はショウナンバルディ
前走の大敗で一気に人気落ちしている今回、狙い目だ。
乗り慣れた鞍上に戻り、先行できれば一発が有る。
先週のレパードステークスで不甲斐ない競馬をした鞍上に、ここで巻き返してほしい!



▲はミスディレクション
絶好枠を引いたのでハナへ行くだろう。
血統も魅力だし、開幕週のスピード馬場で前に行けばそうそう止まらないはず。
まずは自分の競馬に徹することが重要だ。



〇はランブリングアレー
ハンデが手ごろで先行力があり、小回りも問題ない。
鞍上も問題なく、中心視すべきだ。



以下、
当コースで実績のあるノーブルマーズタニノフランケル軽ハンデを得たアールスター、近走で一応後ろから差は詰めているロードクエストを抑える。



◎ショウナンバルディ
▲ミスディレクション
〇ランブリングアレー
△ノーブルマーズ
△タニノフランケル
△アールスター
△ロードクエスト


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn

↑このページのトップヘ