bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたマイルグランプリの回顧を。




◎Gマイスターさんガッツリ重賞的中
波乱の夏競馬でもGマイスターさんの眼力は衰えず!
函館2歳Sで170万獲得に続き…アイビスSDもガッチリ的中です!
━━━━━━━━━━━━━━
◎Gマイスター実績
■7/26新潟11R:アイビスSD
3連単9-13-12的中
600円×270.3倍
→16万2180円獲得!
■7/18函館11R:函館2歳S
3連単13-12-3的中
300円×5774.3倍
→173万2290円獲得!
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
◎無料情報は回収率996%
7/11函館11R:五稜郭S
3連複1-5-6的中
500円×99.6倍
→4万9800円獲得!回収率996%
↓↓買い目画像
━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━
春は皐月賞でも回収率900%超えと無料情報は高配当狙えるんです。Gマイスターさんの指導の賜物でしょうか?見習い馬券師の無料情報も侮れませんよ。クイーンS週の買い目も期待です!
回収率900%の無料情報←コチラ
無料情報はレース前夜1鞍公開。
波乱の夏競馬だから回収率1000%超えも狙えるかも!?





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
マイルグランプリ3

ミューチャリーが休み明けの一戦で差し切り勝ち!
馬体を増やしてパワーアップした姿を見せた。

2・3着も後方から進めた馬。
差し馬に展開が向く結果となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
マイルグランプリ4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過時のタイムは過去最速。
後述するが予想以上に先行争いが激しくなり、前に厳しい展開となった。

その結果、後方から進めた馬が台頭することに。
一昨年と似た結果になった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
全馬共、大きな出遅れなくスタートを決めた。


ハナを狙ったのはワークアンドラブ
楽々とハナを切った。
番手にヒカリオーソ、続いてリッカルド。
と、大外から一気にアンサンブルライフが上がっていった。
差し馬の当馬が何故。。。。?
更に、カジノフォンテン・トロヴァオも続いた。



1~2コーナーで、ワークアンドラブにヒカリオーソが並んできて、ワークアンドラブの手が動く。
馬群が縦長となった。
そこへ、3番手まで上がったアンサンブルライフが更にワークアンドラブへ並び、交わそうとする。
ワークアンドラブも激しく抵抗し、ペースが落ち着かない。
3番手になったヒカリオーソ、その後ろにリッカルド。
少し離れてカジノフォンテン・トロヴァオ。
そこへグレンツェントとコパノジャッキーが迫る。
ミューチャリーらは更に後ろ。
3コーナー手前の1000メートル通過が、目視で60秒程度とかなり早い。


3~4コーナー前からワークアンドラブにムチが入り、再度先頭に立つ。
アンサンブルライフは後退し、代わってカジノフォンテンとリッカルドが迫る。
更に外からグレンツェントとトロヴァオも。



直線、外からグレンツェントとトロヴァオが伸びる中、更に外から一気にミューチャリー。
残り100を切ってグレンツェントが抜け出すが、ミューチャリーの勢いが良い。
ゴール前でグレンツェントを差して、1着でゴール。

2着にグレンツェントが残り、3着は道中最後方にいたセンチュリオが追い込んできた。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎
ミューチャリー
[船橋]  牡4 芦毛
父パイロ
母ゴッドビラブドミー
(ブライアンズタイム)
石瀬丈太郎
御神訓(大井)57.0K
矢野義(船橋)

休み明けだったが、ペースが早くなったのもあって直線一気に差した。
これで大井は6戦して全て馬券内。
外回りならば更に差し脚が活きそうだし、JRA勢相手でも大井ならば十分戦うことが出来そうだ。



2着:△
グレンツェント
[大井]  牡7 鹿毛
父ネオユニヴァース
母ボシンシェ
(Kingmambo)
(有)シルクレーシング
本田重(船橋)57.0K
藤田輝(大井)

昨年に続いて当レースで2着を確保。

この距離では安定しており、今後も当路線で注目すべき。
鞍上も乗れている。



3着:
センチュリオン
[浦和]  牡8 黒鹿毛
父キングカメハメハ
母ハンドレッドスコア
(ホワイトマズル)
窪田康志
本橋孝(船橋)57.0K
小久智(浦和)

揉まれないように最内枠から道中最後方を進んだが、僚馬のアンサンブルライフがワークアンドラブを楽に逃げさせず、ペースを上げてくれたのが功を奏した。
確かに前走、復調気配を見せていたが、チームでうまくレースを進められたのが最大の要因だろう。



8着:〇
コパノジャッキー
[大井]  牡5 栗毛
父ゴールドアリュール
母コパノニキータ
(ティンバーカントリー)
小林祥晃
森泰斗(船橋)55.0K
荒山勝(大井)

中団インで包まれ続け、直線もインで伸びず。
近走の勢いが全く見られず良いところなし。
これが重賞の壁なのだろうか。
まだ5歳、この敗戦を糧に更なる上昇することを期待したい。



9着:▲
ワークアンドラブ
[大井]  牡5 栗毛
父シニスターミニスター
母ハナライ
(Medaglia d’Oro)
小林祥晃
笹川翼(大井)58.0K
荒山勝(大井)

好スタートからハナを切るも、ヒカリオーソやアンサンブルライフに絡まれて全く自分の競馬ができず。
参考外と考えて良いだろう。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60