iroha_bn



競馬ブログ・ランキング
競馬予想のウマニティ

ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



夏の風物詩3連単!
指数上位馬で3連単!

──────────────────
アイビスSD 2020
1着ジョーカナチャン(指数4位)
2着ライオンボス  (指数1位)
3着ビリーバー   (指数6位)
2→1→9人気=3連単27030円
──────────────────
9人気ビリーバーを6位推奨
当日無料公開された馬柱がコチラ
──────────────────

──────────────────
こういう人の眼で見抜けない1頭
人気薄を上位推奨してくれるのが醍醐味。
荒れ模様夏競馬を攻略してくれてる指数データなんです。
【8月重賞無料公開予定】
クイーンステークス
レパードorエルムS~関屋or小倉記念
北九州or札幌記念~新潟2歳orキーンランド
──────────────────
無料メール登録後公式ブログにて当日無料公開アリ!
無料公開指数はコチラから
他週末24~36レース指数無料公開もあるのでくまなくチェックです。




今週はクイーンステークス予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。




◎オールフォーラヴ
▲カリビアンゴールド



【レース展望】
牝馬中距離重賞の1つであるクイーンステークス。
例年、札幌競馬の開幕週に行われているが、今年は2週目での開催となる。


枠順は、小回りコースでの開幕週開催とあって、内枠有利
過去5年で馬券内に来た15頭中、1~4枠の馬が8頭。
これだけ見ると内外互角だが、5~8枠だった7頭のうち、1~4番人気が5頭。
人気薄の外枠馬は割引だ。


血統的には、近年ノーザンダンサー系のタフな血統を持つ馬がよく走っている。
小回りコース特有の事象として
スピードの持続力と立ち回りが問われることが多く、牝馬限定重賞にありがちなスローからの瞬発力勝負にはなりにくいためだ。

また、その前はグレイソヴリン=トニービンの血を持っている馬もよく走っていた。
スピードの持続力勝負ということでグレイソヴリンの血が活きるのだろう

sapporo_turf_1800

まとめると、「
内枠を引いたノーザンダンサー系・グレイソヴリン系の血統を持つ馬」を狙いたい。


【出走全馬ワンポイント評価】
1番レッドアネモス
父ヴィクトワールピサ
母マチカネハヤテ
(サクラバクシンオー)
栗東・友道  
牝4 鹿
吉田隼 55.0K
12戦3勝 [3-0-0-9]

3歳6月以降、多頭数の競馬を続けて全く良いところなし。
今回もフルゲートで、厳しい。



2番スカーレットカラー
父ヴィクトワールピサ
母ヴェントス
(ウォーエンブレム)
栗東・高橋亮  
牝5 鹿
岩田康 56.0K
19戦3勝 [3-5-1-10]

昨年の当レースでタイム差なしの2着。
溜めればキレる末脚を使えるので、後は今年もそれがハマるかどうかだ。



3番ナルハヤ
父サクラプレジデント
母カルナアヴァンセ
(キングヘイロー)
栗東・梅田  
牝6 黒鹿
藤田菜 55.0K
31戦3勝 [3-5-9-14]

前走のマーメイドステークスでの4着(0.4差)は、軽ハンデかつ展開利を最大限活かしたもの。
別定戦となり同型馬がいる今回は厳しい。



4番タガノアスワド
父ネオユニヴァース
母エイシンミュー
(スピニングワールド)
栗東・五十嵐  
牝6 黒鹿
西村淳 55.0K
18戦5勝 [5-2-0-11]

徹底先行型の馬。
前走で3勝クラスを逃げ切り勝ちしたが、今回は同型馬が多数。
厳しい。



5番アロハリリー
父ハーツクライ
母ハワイアンウインド
(キングカメハメハ)
栗東・高野  
牝5 青鹿
池添 55.0K
15戦5勝 [5-3-1-6]

オープンでの実績は、昨年の小倉での低レベル戦のみ。
厳しい。



6番カリビアンゴールド
父ステイゴールド
母サバナパディーダ
(Cape Cross)
栗東・鮫島  
牝6 黒鹿
藤岡康 55.0K
30戦4勝 [4-6-4-16]

洋芝実績の豊富な馬で、実際に前走の巴賞で3着(0.3差)に好走した。
引き続き得意な舞台となる今回、注目だ。



7番コントラチェック
父ディープインパクト
母リッチダンサー
(Halling)
美浦・藤沢和  
牝4 黒鹿
ルメール 55.0K
10戦4勝 [4-1-1-4]

逃げれば強いのだが、、、、
今回も同型馬が何頭かいるので、厳しそう。



8番フェアリーポルカ
父ルーラーシップ
母フェアリーダンス
(アグネスタキオン)
栗東・西村  
牝4 鹿
和田竜 56.0K
10戦4勝 [4-1-1-4]

重賞連勝中で勢いが有る。
また、内枠で好走し、外枠で凡走(前走は14番枠からインに入ることができたので参考外)と、わかりやすい成績。
まずは内枠を得たかったが、外よりの枠。。。。



9番ビーチサンバ
父クロフネ
母フサイチエアデール
(サンデーサイレンス)
栗東・友道  
牝4 黒鹿
福永 55.0K
11戦1勝 [1-3-1-6]

2勝目が遠い現状だが、今年3戦して重賞で2度掲示板に来ているように力はある。
その一方、2度出遅れており、まずはスタートを決めたい。



10番リープフラウミルヒ
父ステイゴールド
母ピノブラン
(クロフネ)
美浦・相沢  
牝5 黒鹿
丹内 55.0K
28戦3勝 [3-4-3-18]

前走のマーメイドステークスは大敗したが、タフ過ぎる条件が合わなかったよう。
2走前の福島牝馬ステークスで2着(0.1差)に来ているように力はあるし、古馬になって馬券内に来たのは4~8月の暖かい時期のみ。
札幌実績も有るし、巻き返しに期待だ。



11番モルフェオルフェ
父オルフェーヴル
母スマッシュ
(キングカメハメハ)
美浦・大江原  
牝5 鹿
柴田善 55.0K
24戦4勝 [4-1-1-18]

重賞を4戦して、逃げて大敗する競馬が続いている。
今回も同型馬が多く、厳しい。



12番オールフォーラヴ
父ディープインパクト
母レディアルバローザ
(キングカメハメハ)
栗東・中内田  
牝5 鹿
横山武 55.0K
14戦4勝 [4-1-0-9]

小回りで良績の多かった母と似ており、キレる脚が無いので位置取りがカギ。
ペースアップしそうな今回、ハマれば面白い。



13番サムシングジャスト
父ヴィクトワールピサ
母ツルマルオトメ
(タイキシャトル)
栗東・松田  
牝4 黒鹿
武豊 55.0K
13戦4勝 [4-1-1-7]

3歳時はカレンブーケドールやエスポワールらにまずまずの競馬。
昨年秋から本格化し、今年2月に3勝クラスを勝利してオープン入り。
今回はその時以来の出走となるため、状態がカギだ。
また、3勝全てが1ターンの外回りのコースでのもので、小回りコースに対応できるかどうか。



14番シャドウディーヴァ
父ハーツクライ
母ダイヤモンドディーバ
(Dansili)
美浦・斎藤誠  
牝4 黒鹿
内田博 55.0K
15戦2勝 [2-4-1-8]

4走前の東京新聞杯で2着(0.1差)したように、「左回りのワンターンの良馬場」がベストな舞台。
右回り・小回りは合っていないし、鞍上も不安だ。



うまとみらいと

【最終結論】

◎はオールフォーラヴ
秋華賞以降、小回りコースを使っていないが、キレる脚が無いこの馬には小回りコースのほうが合う。
デビュー3戦目で上がりのかかった忘れな草賞をマクって勝利したように、今回も前傾ラップが濃厚。
そこを外から上がっていけば、久々の好走があっておかしくない!



▲はカリビアンゴールド
内枠を引き、母父がノーザンダンサー系で、洋芝実績が多々ある。
昨年の当レースでもタイム差なしの3着に来ているし、ペースが速くなりそうな今回、更なる前進がありそう。
ただ、好条件が揃い過ぎているので、一つ狙いを下げた。



〇はスカーレットカラー
前走のヴィクトリアマイルは出遅れた上、出したらかかってしまい、参考外の一戦。
主戦の鞍上に戻り、脚を溜めれば昨年の好走の再現があるだろう。



以下、
斤量はキツいが勢いがあるフェアリーポルカ3歳時にフェアリーポルカと接戦しているサムシングジャスト未だ1勝馬だが重賞での好走歴が多いビーチサンバ、右回りはマイナスだが大外枠ならば馬群を壁にしてササり癖が減りそうなシャドウディーヴァ抑える。



◎オールフォーラヴ
▲カリビアンゴールド
〇スカーレットカラー
△フェアリーポルカ
△サムシングジャスト
△ビーチサンバ
△シャドウディーヴァ



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ
iroha_bn