bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われたジャパンダートダービーの回顧を。




◎降臨しましたね土曜に女神が!
────────────────────────
4日メイン全的中!!!!
◎安達太良S  3連単152.3倍
◎TVh杯     馬連22.3倍
◎大阪スポーツ杯3連単74.6倍
いろはさんやってくれましたね!!!
証拠スクショがこちら
────────────────────────

────────────────────────
そしてそのあとLINE会員のみに届いた
メイン全的中後のやったった感満載のスクショ!

────────────────────────
ガチこの3鞍全的中の方いましたか?! やはり芸能人はもってます。安田記念から好調継続ですね。そして毎週土日各会場のメイン激熱買い目飛んできますので絶対チェックですね!
土曜) テレビユー福島賞・マレーシアC・五稜郭S
日曜) 七夕賞・プロキオンS・マリーンS

柳いろはさん無料予想はこちら
実は安田記念、帝王賞もドンピシャ的中してました。宝塚記念も馬連きてましたね!
LINE友達追加しタレントさんと友達になっちゃいましょう!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
ジャパンダートダービー3

ダノンファラオが番手から抜け出して快勝!
前走の大敗から一変して、「ファラオはファラオでも、ダノンファラオ!!」となった。

先週のJRA重賞は前残りとなったが、ここでも前残りの決着となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
ジャパンダートダービー4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過時のタイムは、どちらもほぼ過去最速。
梅雨時で馬場が悪くなり、道中ペースが緩まずスピード勝負となった。

その結果、上りが非常にかかって過去最遅。
にもかかわらず後続勢も伸びず、行った行ったの決着となった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
全馬共、大きな出遅れなくスタートを決めた。


ハナを狙ったのは外からダイメイコリーダ
一気に上がって行った。
それに続いたのも、同じく外からダノンファラオ。
カフェファラオはインの3番手。
初めて他馬の後ろになり、包まれることとなった。
更に外からミヤジコクオウ、フルフラット。
インからはエメリミットらも続いた。


1~2コーナーで、ダイメイコリーダが1馬身差の逃げ。
かなり縦長となる。
番手にダノンファラオ、少し離れて3番手はインからカフェファラオ・その外にミヤジコクオウ。
更に間が空いて、インからフルフラット・外にキタノオクトパスが上がった。
これらの集団から離れて、バーナードループら。
目測だが、1000メートル通過が60秒くらいで、ハイペースとなっているよう。
ただ、ほぼ全馬の手が動いていた。


3~4コーナーでダノンファラオがダイメイコリーダに並ぶ。
その後ろは大きく離れて、カフェファラオとミヤジコクオウが激しく手が動く。
5番手から、キタノオクトパスがジリジリと前へ。
その後ろの馬達は、同じく手が動いて伸びない。


直線、ダノンファラオとダイメイコリーダの叩き合いとなるが、残り200前でダノンファラオが前にでる
後続は大きく開いており、完全に2頭の競馬。
残り100を切ってダノンファラオが完全に抜けだし、そのまま1着でゴール。
2着がダイメイコリーダ、3着はキタノオクトパスが残った。
その後ろに、道中最後方を進んでいたブラヴールが4着。。。。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△
ダノンファラオ 
[JRA]  牡3 青鹿毛
父American Pharoah
母クリスプ
(El Corredor) 
(株)ダノックス
坂井瑠(JRA)56.0K
矢作芳(JRA)

馬場を読み、かつ揉まれない外の番手に付けた鞍上の好騎乗。
前走から一変して戴冠となった。
矢作厩舎は、今年の芝・ダートのダービーをダブルゲット!!
馬自身は、揉まれなければ今後も強い競馬を見せてくれそうだ。




2着:
ダイメイコリーダ 
[JRA]  牡3 栗毛
父エスケンデレヤ
母ミラクルフラッグ
(スパイキュール) 
宮本昇
池添謙(JRA)56.0K
森田直(JRA)

注目すべきは、2走前の鳳雛ステークス。
先行勢が総崩れの中、前に行って粘った走りをもっと評価すべきだった。。。。
後は、前に行くと思われたカフェファラオやフルフラットが行かなかったのもプラスだった。
距離延長やスピードの出る馬場も良かったのだろう。



3着:
キタノオクトパス 
[JRA]  牡3 鹿毛
父フェノーメノ
母ヒロアンジェロ
(グラスワンダー) 
北所直人
田邊裕(JRA)56.0K
高木登(JRA)

後方から馬券内に来たのはこの馬のみ。
天皇賞春を連破した父とグランプリホースの母父から受けついだスタミナで、距離延長となった今回、持ち味を発揮した。
切れる脚は無いが、ジリジリ伸びてくるのが強み。
もう一列前にいける脚を身に付ければ、さらに強くなるだろう。



4着:
ブラヴール 
[船橋]  牡3 栗毛
父セレン
母チャームアスリープ
(ティンバーカントリー) 
山口圭子
本橋孝(船橋)56.0K
佐藤太(船橋)

1コーナーでゴチャついて離れた最後方となったのが痛かった。
それでも直線では持ち味の豪脚を披露。
上がり最速の末脚で存在感を見せた。
展開に左右されるかもしれないが、JRA勢相手でも通用する脚を見せた!



5着:◎
ミヤジコクオウ 
[JRA]  牡3 青鹿毛
父ヴィクトワールピサ
母エミネントシチー
(ブライアンズタイム) 
曽我司
幸英明(JRA)56.0K
川村禎(JRA)

相手をカフェファラオに絞ってプレッシャーをかけ続け、先着は出来たが、、、、
その分、末脚が無くなり、直線は失速してしまった。
エスポワールシチーの半弟、距離も長かったのかも。



7着:〇
カフェファラオ 
[JRA]  牡3 鹿毛
父American Pharoah
母Mary’s Follies
(More Than Ready) 
西川光一
レーン(JRA)56.0K
堀宣行(JRA)

インで包まれ、道中前と外からプレッシャーをかけられ続けて失速。
外国産馬らしいモロさを見せてしまった。
スムーズなレースが出来れば、ダノンファラオ同様一変が有るはず。
一休みして、立て直してほしい。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60