bannere_468x60




ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、先日行われた帝王賞の回顧を。




あのタレントさんがついに予想家デビュー!?
LINEで予想や秘蔵フォトを無料でお届けしてくれます☆

━━━━━━━━━━━━━━━━


競馬番組に出演されてきた柳いろはさん! いままで培ってきた経験・知識をもとについに予想家デビュー! メインレースを無料でLINEからお届けしてくれます♪
━━━━━━━━━━━━━━━━
今週末は・・・・・
土曜)アハルテケS、水無月S、湯の川温泉特別
日曜)パラダイスS、大沼S、宝塚記念

もちろん無料で見れるのでご安心を!安田記念では・・時計がかかる馬場を予想して〇にグランアレグリアを指名! 流石なんです。予想だけでなく、このLINE限定のオフショットや色んなお仕事情報もリアルタイムでお届けしてくれます!もちろん無料なのでお気軽にお友だちになってみてくださいね☆
━━━━━━━━━━━━━━━━

芸能人スペシャル予想★★★ うまいろはろん』を見る♪
いつもの週末競馬にぜひ彩りを!こちらからプロフィールなどもチェックしてみてください!





banner_300x300
【上位馬着順(コーナー通過順)着差】
帝王賞3

クリソベリルが豪華メンバーの一戦を完勝!
2着に2馬身差をつけて、国内での連勝を継続させた。

近年中波乱もあるレースだったが、今年は上位人気馬が力を出して順当な結果となった。



【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
帝王賞4

予想記事書いた、【過去5年のラップ】と比較すると、3ハロン・5ハロンの通過時のタイムは過去最遅。
先行馬が少なくペースが上がらなかったので、超スローな展開となった。

その結果、残り4ハロンのスピード比べとなり、上りも早くなった。
後方から進めた馬にはチャンスがほぼ無かった。



【レース分析】
ゲートが開き、先行争い。
全馬共、大きな出遅れなくスタートを決めた。


ハナを狙ったのは予想通りワイドファラオ
それにストライクイーグル・クリソベリルが迫る。
インからはモジアナフレイバー・ルヴァンスレーヴ。
チュウワウィザードも外から好位後ろにつけ、隊列が落ち着いた。
ノンコノユメは中団イン、ケイティブレイブは好スタートを切るもなぜか後方2番手。


1~2コーナーで、ワイドファラオが2馬身差の逃げ。
番手にストライクイーグル、それを3番手からクリソベリルがマーク。
インからモジアナフレイバー、その後ろにルヴァンスレーヴとチュウワウィザード。
これらの集団の後ろにオメガパフュームらが続いた。
目測だが、1000メートル通過が63秒後半で、かなりのスローペース。


3~4コーナー前からストライクイーグルがワイドファラオに並ぶ。
クリソベリルも持ったまま前へ。
更に外からオメガパフュームも。
インには引き続きモジアナフレイバー、大外にはケイティブレイブが回った。


直線、ワイドファラオが再度伸びて後続を離そうとする。
そこへクリソベリルが迫り、アッサリと交わす。
オメガパフュームが馬場の真ん中から差してくるが、クリソベリルとの差が全く詰まらない。
残り200を切り、クリソベリルが独走に。
これにオメガパフュームが追う展開となる。
ワイドファラオも粘り続けた。
後方からは、インを突いてチュウワウィザードが伸びる。

残り100を切ってクリソベリルが完全に抜けだし、そのまま1着でゴール。
2着がオメガパフューム、3着は最後の最後でチュウワウィザードがワイドファラオを差した。



banner_300x300
【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△クリソベリル
[JRA]  牡4 鹿毛
父ゴールドアリュール
母クリソプレーズ
(エルコンドルパサー)
(有)キャロットファーム
川田将(JRA)57.0K
音無秀(JRA)

海外遠征後、しっかり立て直して強さを見せつけた。
国内では恐らく敵無しで、当分この馬の天下が続きそうだ。

秋のカフェファラオらとの戦いが楽しみ!



2着:〇オメガパフューム
[JRA]  牡5 芦毛
父スウェプトオーヴァーボード
母オメガフレグランス
(ゴールドアリュール)
原禮子
Mデムーロ(JRA)57.0K
安田翔(JRA)

前走の平安ステークスを59Kで完勝し、満を持しての一戦だったが、、、、
得意の大井2000でクリソベリルに完敗。

もう少しペースが流れて欲しかったが、それがあっても逆転は難しそうだった。



3着:△チュウワウィザード
[JRA]  牡5 青鹿毛
父キングカメハメハ
母チュウワブロッサム
(デュランダル)
中西忍
ルメール(JRA)57.0K
大久龍(JRA)

4コーナーで位置を下げるも、直線は再度伸びてきた。
海外帰りを考えると健闘したし、相変わらずの安定感。
強いライバルの存在は不運だが、今後もトップクラスの一員として走ってきそうだ。





5着:▲ノンコノユメ
[大井]  セ8 栃栗毛
父トワイニング
母ノンコ
(アグネスタキオン)
山田広太郎
真島大(大井)57.0K
荒山勝(大井)

ペースが遅く、掲示板を確保するのが精一杯。
それでもこのコースでは走ることを証明したし、流れ次第で今後もまだ上位を狙う事が出来そうだ。



6着:◎ケイティブレイブ
[JRA]  牡7 栗毛
父アドマイヤマックス
母ケイティローレル
(サクラローレル)
瀧本和義
長岡禎(JRA)57.0K
杉山晴(JRA)

好スタート後、位置を下げ過ぎてノーチャンス。
最後に差を詰めるも外を回し過ぎて最後は止まってしまった。
重賞未勝利の鞍上ではここまでが精一杯か。
後は2走続けてマイルを使っていたので、この距離が長かったのかもしれない。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
bannere_468x60