ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!

新年一発目のJRA予想は、ダブル金杯を予想する!!
ので、もう一つの京都金杯も予想をアップ!!




2020年もコラボ指数の年になるか!
昨年も実績◎「コラボ指数」

▼うまとみらいとの「コラボ指数」
様々な条件から好走期待度を指数で表す!

過去コラボ指数成績【金杯】編
指数30以下=好走期待馬◎


全て好走期待馬で決まった過去の成績をまとめました。
中山金杯では2015~2017年で3年連続好走期待馬決着◎
2017年/指数14→15→20 3連単10,430円
2016年/指数22→20→05 3連単11,190円
2015年/指数15→30→19 3連単16,690円
このように中山金杯の方が若干実績は残せているようです。
ですが京都金杯でもしっかり結果を残せています。
さらに…
好走期待馬決着の時、毎年指数1位馬が入線しているという事実!
指数1位はまず買った方が良いことがわかりますね!
指数を参考にするだけですから簡単なことですよね!期待したいです。

▼昨年のG1含めた目立ったコラボ指数成績(抜粋)
重賞もそうですがその中でG1でも好成績を収めていました。


一番気持ちよかった昨年の有馬記念(G1)
3連単6-10-7 57,860円的中◎(推奨金額)
それでも指数順位2→4→5位で決着!
指数13→20→28の30以下の好走期待馬です。

その他コンスタントにG1での的中も目立ちます。あくまでも抜粋です。
そして条件戦での20万以上の3連単的中もありますからね!

▼コラボ指数受け取るには…?
毎週メインRと各会場前半1~6Rが無料配信。メールアドレスのみで受け取ることができます。
「中山金杯」「京都金杯」どちらかは配信されると思いますので期待しましょう!
無料で実績◎のコラボ指数をみる!(金杯)
昨年登録していなかった人はぜひ今年から注目!初週から的中RUSH間違いなしです!



今週は京都金杯を予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。


お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。


◎ソーグリッタリング
▲ブレステイキング




[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【ふるさと納税】競争馬 引退後の余生にご支援下さい
価格:20000円(税込、送料無料) (2019/11/21時点)



【レース展望】
京都競馬の新春一発目の重賞である京都金杯

このレースは過去、インコースを通った馬が反則的に強かった。
コース替わりとなるAコースが10月開催のみしか使用されず、そこを年明けに開放することでグリーンベルトができ、内枠・先行馬が圧倒的に有利だった。


ただ、ここ2年を見るとその傾向が明らかに変わっている
昨年・一昨年と、6枠-8枠のワンツーとなっているし、1~3枠の馬が馬券に絡んでいない
近年の秋の京都芝は以前より重い馬場となっており、過去の傾向は捨てた方が良さそうだ。


4コーナーでの位置取りは、昨年が「5-3-9」で一昨年が「9-7-4」。
先行・差しは互角だ。


まとめると、「外枠の先行・差し馬」を狙いたい。

kyoto_turf_1600




【出走全馬ワンポイント評価】
1番エメラルファイト
父クロフネ
母セトウチソーラー
(スペシャルウィーク)
美浦・相沢
牡4/芦 56.0K 石川
9戦3勝 [3-0-1-5]

日本ダービー以降、見せ場無し。
今回も厳しそうだ。



2番マルターズアポジー
父ゴスホークケン
母マルターズヒート
(Old Trieste)
美浦・堀井
牡8/鹿 56.0K 松若
38戦8勝 [8-1-4-25]

近走を見ると全く競馬になっておらず、厳しい。



3番サウンドキアラ
父ディープインパクト
母サウンドバリアー
(アグネスデジタル)
栗東・安達
牝5/鹿 53.0K 松山弘平
14戦4勝 [4-3-4-3]

3走前のヴィクトリアマイルで7着(0.7差)に好走しているのはプラスだし、その後も牡馬相手に好走している。
前走よりハンデが軽くなり、ここも期待だ。



4番オールフォーラヴ
父ディープインパクト
母レディアルバローザ
(キングカメハメハ)
栗東・中内田
牝5/鹿 54.0K 和田
13戦4勝 [4-1-0-8]

2走前の府中牝馬ステークスで4着(0.4差)。
4走前の米子ステークスでは牡馬相手にオープン勝ちしており、先行力や立ち回り力が活きるレースならば牡馬でもやれそう。
関西圏での競馬というのもプラスだ。



5番メイケイダイハード
父ハードスパン
母メイケイソフィア
(キングカメハメハ)
栗東・中竹
牡5/鹿 53.0K 柴山
24戦4勝 [4-1-2-17]

先行した時に良績が多いし、前走は馬体重+18Kが影響したよう。
一叩きされての前進に期待したいが、同型馬をどうさばくか。



6番ダイアトニック
父ロードカナロア
母トゥハーモニー
(サンデーサイレンス)
栗東・安田隆
牡5/鹿 57.0K 北村友
12戦6勝 [6-2-1-3]

戦績どおり1600が距離が長い。
ここも善戦止まりでは。



7番ボンセルヴィーソ
父ダイワメジャー
母バイモユリ
(サクラローレル)
栗東・池添学
牡6/栗 54.0K 太宰啓介
24戦3勝 [3-3-5-13]

前走の3勝クラスを先行して快勝。
もともとG1でも3着が2度ある実力馬。
ただ今回は先行馬が揃って、展開が厳しそうだ。



8番ドーヴァー
父アドマイヤムーン
母オルダニー
(Elusive Quality)
美浦・伊藤圭
牡7/栗 56.0K 福永
25戦7勝 [7-2-2-14]

前走は道悪巧者+鉄砲掛けする強みを活かして快勝。
もともと7勝中6勝を冬場で上げており、得意の季節でもう一丁が期待できそう。



9番ストロングタイタン
父Regal Ransom
母タイタンクイーン
(Tiznow)
栗東・池江
牡7/鹿 57.0K 幸
24戦7勝 [7-3-1-13]

前走で久々の勝利。
揉まれない競馬ならば好走する力が有る所を見せた。
ここも極端な競馬がハマるかどうか。



10番マイネルフラップ
父ヴィクトワールピサ
母マイネエレーナ
(ロージズインメイ)
栗東・梅田
牡4/黒鹿 53K 国分優
13戦2勝 [2-1-0-10]

昨年のシンザン記念以降、サッパリ。
その時と同季節・同舞台の今回、どこまでやれるか。



11番ハッピーグリン
父ローエングリン
母レディセラヴィ
(アグネスタキオン)
栗東・長谷川浩大
牡5/栗 55K 吉田隼人
25戦5勝 [5-4-3-13]

前走のチャレンジカップは上がり最速で4着(0.2差)。
勝ち星はマイル前後に集中しており、距離短縮の今回は更なる前進が有りそうだ。



12番タイムトリップ
父ロードアルティマ
母ミルフォードスバル
(ホークアタック)
美浦・菊川
牡6/黒鹿 54.0K 岩田康誠
25戦4勝 [4-1-2-18]

オープン昇格後、苦戦続き。
厳しい。



13番カテドラル
父ハーツクライ
母アビラ
(ロックオブジブラルタル)
栗東・池添学
牡4/鹿 55K 武豊
9戦2勝 [2-1-1-5]

前走のマイルチャンピオンシップで6着(0.5差)に健闘。
しかも直線で不利があったにも関わらず上がり最速だった。
同舞台の今回、巻き返しに期待。



14番ブレステイキング
父ディープインパクト
母シユーマ
(Medicean)
美浦・堀
牡5/鹿 56.0K 藤岡佑介
11戦4勝 [4-1-3-3]

安定感がある一方、勝ち切れないことが多い。
特に多頭数の競馬では良績が無く、今回も何らかの工夫が必要そう。



15番モズダディー
父Scat Daddy
母Batalha
(Smart Strike)
栗東・藤岡
牡5/栗 54.0K 酒井
14戦5勝 [5-4-2-3]

先行して良績を残し続けているのはプラスだが、今回は同型馬が多くて厳しい競馬となりそうだ。



16番エントシャイデン
父ディープインパクト
母ルシュクル
(サクラバクシンオー)
栗東・矢作
牡5/芦 54.0K 坂井
23戦4勝 [4-1-3-15]

以前も書いたが、左回りで良績の多い馬。
右回りでは厳しい。



17番メイショウショウブ
父ダイワメジャー
母メイショウスズラン
(キングカメハメハ)
栗東・池添兼
牝4/栗 53.0K 池添
11戦1勝 [1-2-3-5]

前走の阪神カップで3着(0.8差)に好走。
マイル以下では安定しており、ここもスンナリ先行できれば侮れない。
ただ同型馬が多いのが気掛かり。



18番ソーグリッタリング
父ステイゴールド
母ソーマジック
(シンボリクリスエス)
栗東・池江
牡6/鹿 56.0K 川田
23戦7勝 [7-5-3-8]

昨年暮れから7戦連続で掲示板を確保。
それ以前も掲示板外は2度のみの堅実派。
勝ち切れるかどうかだが、今回も安定して上位に来そうだ。



01_320x100
【最終結論】
◎はソーグリッタリング
どんな条件でも安定して走っている点を評価
大外枠も不利を受けづらいのはプラスで、上位に来そうだ。



▲はブレステイキング
芝1600は初だが、マイルを超える距離を使ったスタミナが、タフな京都の馬場に合いそう。
前走も最内から窮屈な状態になりながら最後まで伸び続けた。
今度は外枠、スムーズに伸びれば前走以上が期待できる!




〇はカテドラル
まだ古馬との戦いで目立った戦績は無いが、昨年春のNHKマイルカップで3着(0.1差)した力はある。
今回は外枠で前走よりスムーズに進められそうだし、目立った戦績が無い分、ハンデが抑えられた。
先行馬も揃って、後方一気の待機策がガッツリはまりそうだ!



以下、
賞金上位馬回避により出走できるツキとマイルでこその末脚を持つハッピーグリン、この時期に調子を上げてくるドーヴァー、去年のこの時期に鋭い末脚を使ったマイネルフラップ、前走のように追い込みがハマれば再度上位争いできるストロングタイタン抑える。



◎ソーグリッタリング
▲ブレステイキング
〇カテドラル
△ハッピーグリン
△ドーヴァー
△マイネルフラップ
△ストロングタイタン



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ


今週末厳選無料情報は「中山金杯」
去年重賞専用プランEMINENTでオークス1万%超えなど
重賞的中率90%超えのプラン。
ーーーーーーーーーーーーーーーー

ーーーーーーーーーーーーーーーー
もちろん有馬記念も3連単12点的中。みなさんだいたいご存知ですよね?!
はじめての方はまずは金杯!中山!
ここの予想を無料で体感できるのおすすめです。
中山金杯厳選無料情報受け取る!
無料メルマガ登録→返信メール内リンククリックでOKです!