ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


今日は、私の一口馬情報を







先週チャレンジカップ 指数4→5→1位3連単43,330円
8人気トリオンフを指数5位推奨!

こういう重賞の中位人気を指数4,5,6位に入れ込んでくると入線してきてます。

≪直近中位人気から推奨→入線≫
マイルCSペルシアンナイト
6人気→指数3位推奨
天皇賞秋アエロリット
6人気→指数3位推奨
府中牝馬Sフロンテアクイーン
9人気→指数4位推奨
─────────────────────
直近の実績調べてみたところ・・・
ジャパンカップ 指数2→12→1位
京阪杯     指数4→4→4位
京都二歳    指数1→3→2位
マイルCS   指数2→1→3位
東スポ杯    指数2→3→1位
エリ女     指数5→12→3位
アルゼ共和国杯 指数6→2→1位
京王杯二歳   指数2→1→6位
ファンタジー  指数6→1→5位
天皇賞秋    指数1→6→3位
アルテミスS  指数1→3→5位
スワンS    指数2→1→6位
菊花賞     指数4→6→1位
富士S     指数1→5→4位
府中牝馬S   指数2→4→3位
サウジRC   指数1→1→3位
スプリンターズ 指数1→7→2位
─────────────────────
阪神ジュベナイルF過去相性も調べてみました。
・18年指数2→4→3位
・17年指数2→1→4位
・16年指数6→4→1位
・15年指数1→7→3位
・14年指数7→2→1位
今年は上位4頭で決まりですかね?!(笑)
─────────────────────

週末36レース+阪神ジュベナイルF指数上位馬無料公開!
メール登録のみ、確認メールきたらクリックしてログイン。今週のコラボ指数へ。




【レーツェル】
牝4:父マンハッタンカフェ、母ミスティークⅡ、母父Monsun
戦3勝(3-0-0-2)
獲得賞金:2,950万円


NF空港で放牧中。
周回ダートコースでのキャンター調整を中心に、週2日は屋内坂路コースでハロン15~16秒のキャンター2本登坂していた、、、、のだが
以下、12/5付けのNF空港担当者のコメントだ。

「ここまで順調に乗り進めることができていましたが、左前脚の歩様に硬さが出てきてしまいました筋肉痛の可能性があるので、ケアを施しつつ元のペースへ戻していければと考えています。(空港担当者)」

馬体重は、12/5時点で517K(+39)。


せっかく坂路で15-15まで復活していたのに、、、、
歯痒い状態が続くが、しっかり治して来年待っている!



01_320x100
【クロスパール】
牝3:父トーセンジョーダン、母ホールロッタラヴ、母父ネオユニヴァース
3戦1勝(1-1-0-1)
獲得賞金:780万円

NF天栄で放牧中
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン15秒のキャンター調整を取り入れているよう。
以下、12/3付けのNF天栄担当者のコメントだ。

「この中間より15-15を取り入れています。今のところスクミの症状を見せることはないので、何とかこのまま安定してくれればと思っています

馬体重は、11/26時点で440K(-2)。


この馬も体質が弱い、、、、
その分、秘めた能力は大きいと信じて、復帰を待っている!



02_320x100
【ジェネティクス】
牡2:父サウスヴィグラス、母ソラコマチ、母父サクラバクシンオー
戦1勝(1-1-0-1)
獲得賞金:1,140万円

NFしがらきで放牧中。
坂路でハロン17秒程度のキャンター調整を行っているよう。
以下、12/3付けのNFしがらき担当者のコメントだ


「この中間からは坂路でジワッと終いを伸ばす調教も取り入れ始めました。トレッドミルも併用していますが、坂路では日に2本乗る日も設けて運動量を増やしながら良化を促しているところです。コンディションは悪くありませんし、しっかり乗っていきたいですね」

馬体重は、11/27時点で521K(+13)。


新馬戦や1勝クラス戦で負かした馬が重賞を勝ったり活躍している。
この馬も弱いはずじゃないし、コンディションが良いなら早く2勝目を挙げるためレースに出て欲しいのだが、、、、
ダート1200は毎開催有るから、チャンス十分のはず。


でも焦らず、そしてますますの成長と活躍を願う!!



01_320x100
【ビアンカシェボンの18】
牝1:父エイシンフラッシュ、母ビアンカシェボン、母父フジキセキ
戦0勝(0-0-0-0)

NF早来で放牧中
以下、11/29付けのNF早来担当者のコメントだ。

現在は週2日坂路でハロン18~19秒のキャンターを行い、残りの日は周回コースでキャンターやウォーキングマシン調整を取り入れています。乗り出し当初は捌きに硬さを感じることがありましたが、本数を重ねることで徐々に柔らか味は増してきており、体力が付いてきたことで動きがしっかりしてきました。また、馬体にはメリハリが出て、見栄えも良くなってきています肢勢の影響で少し後肢に負担の掛かりやすい面はあるものの、ここまでは順調に調教をこなすことができています。」

馬体重は、11/29時点で460K。


遂に坂路入り!
順調に調教を積んでいるようで良かった。
姿勢の面は気掛かりだが、怪我無く順調に成長して来年を迎えて欲しい!




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!

[最強]ランキング読者会員登録へ