ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!


サラブレ 中央競馬年鑑2018

KADOKAWA 2019年01月31日
売り上げランキング :
by ヨメレバ



今週はフローラSを予想する。
その他の重賞は、
競馬ブログランキングでご覧いただきたい。

お急ぎの方々の為に、◎▲を冒頭に書くことにする。
詳しい解説は、以降の記事を見ていただきたい。


◎エトワール
▲パッシングスルー






PR)気になる穴馬!指数が低かったら即買い!

先週もしっかりと的中を積んでいますよ。

【04月14日(日)】
[中山09R]3連単23,840円[中山12R]3連単53,180円
[阪神05R]3連単37,390円[阪神12R]3連単33,150円
[福島03R]3連単31,580円[福島08R]3連単107,780円

【04月13日(土)】
[中山08R]3連単58,990円[中山09R]3連単16,950円
[阪神04R]3連単107,400円[阪神05R]3連単,52,430円
[福島04R]3連単20,140円[福島07R]3連単83,950円

指数通りに買っていたら、いとも簡単に万馬券が取れちゃいました!
3場とも万馬券続出です。

このサイトは指数順位1位~6位までの馬を推奨していて、
推奨馬が馬券内に結構絡むので3連単6頭BOX購入をオススメします。
⇒フローラSはコチラを参考に!


▼フローラSの過去5年の指数結果はコチラ▼


2015年完璧!指数上位4頭で決着!
2014年は荒れていますね。
実はこのレース馬単4頭BOX買っていたのでちゃっかり当ててます。

フローラS週はどの馬から買うか決めましたか?
うまコラボはステップレース的中しまくりなので期待できそうですよ。
「ミモザ賞」「君子蘭賞」「フラワーC」「阪神JF」全て大的中させてます!



まずは、気になる馬の指数値をチェックしてみてください。
大穴狙いたい方は、穴馬で指数値30以下だったら即買いですよ。

⇒フローラS週の指数無料で見れます!
メールアドレスを登録後、確認メールからログインして下さい。





【レース展望】
優駿牝馬(オークス)のトライアルレースである、フローラS
過去5年で馬券内に来た馬から、モズカッチャン・チェッキーノがオークスでも好走している。
ただ、例年、世代上位馬は桜花賞に出ており、相当の実力や成長力が無ければ本番での好走は困難だ。

今年は桜花賞が例年以上にハイレベルなメンバーだった一方、当レースのメンバーレベルは疑問符が付くので、オークスに向けてはハイパフォーマンスが求められる。


過去5年で馬券内に来た15頭のうち、1~4枠が9頭。
東京芝2000は外枠が不利と言われているが、当レースも同様だ。
5~8枠だった6頭のうち、4コーナーで4番手以内だった馬が3頭。
この3頭は、ここ2年で来ており、外枠の馬は先行力が欲しい。


多くの牝馬にとって2000という距離は過酷。
当レースも毎年スローペースで流れて、直線勝負となっている。
先行馬に注目しつつ、キレ味のある馬にも注意。
後は開幕週でどれだけ高速馬場となるか。


まとめると、「内枠(或いは外枠)の先行馬」を中心に考えたい。

fuchu_turf_2000




【出走全馬ワンポイント評価】
1番ローズテソーロ
牝3/青鹿 54K 黛
父ハーツクライ
母ロマンシエール
(アグネスデジタル)
美浦・金成
3戦1勝 [1-0-0-2]

3戦いずれもタイムが遅く、厳しい。



2番シャドウディーヴァ
牝3/黒鹿 54K 岩田康
父ハーツクライ
母ダイヤモンドディーバ
(Dansili)
美浦・斎藤誠
5戦1勝 [1-2-1-1]

前走のフラワーCは勝ち馬が強過ぎた中、4着(0.7差)。
東京芝2000を経験済みだし、2走前の500万下では好時計で3着(0.3差)。
勝ち切れないが、力は上位だ。



3番エトワール
牝3/栗 54K 内田博
父ハービンジャー
母ファシネイション
(シンボリクリスエス)
美浦・牧
6戦1勝 [1-3-1-1]

2年連続で馬券内に来ているハービンジャー産駒。
前走で同父のエアジーンに敗れたが、こちらは持ち時計があるので、逆転が有る。
好枠を活かして先行したい。



4番ウィクトーリア
牝3/鹿 54K 戸崎圭
父ヴィクトワールピサ
母ブラックエンブレム
(ウォーエンブレム)
美浦・小島
4戦2勝 [2-0-0-2]

逃げて2勝している一方、東京コースでは2走前で惨敗。
今回、ハナを切れば好走できそうだが、同型馬の存在が厄介だ。
好枠を活かして逃げられるかどうか。



5番ペレ
牝3/黒鹿 54K 大野
父ハーツクライ
母ホットチャチャ
(Cactus Ridge)
美浦・奥村武
3戦1勝 [1-1-1-0]

兄にエタリオウがおり、鋭い末脚は兄と似ている。
相手なりに走れる強みがあり、時計勝負に対応できれば上位争いできそう。
内枠を活かしてロスなく進めたい。



6番ウインゼノビア
牝3/栗 54K 松岡
父スクリーンヒーロー
母ゴシップクイーン
(フレンチデピュティ)
美浦・青木
5戦2勝 [2-1-0-2]

阪神JFで13着(1.6差)に大敗。
2走前のアルテミスSでも4着(0.5差)で、成長力に疑問。



7番アモレッタ
牝3/鹿 54K 三浦
父ディープインパクト
母オペラクローク
(Cape Cross)
栗東・藤原英
1戦1勝 [1-0-0-0]

新馬戦を勝ったばかり。
勝ちタイムやメンバーに特筆すべき点はなく、厳しそう。



8番パッシングスルー
牝3/鹿 54K 石橋脩
父ルーラーシップ
母マイティースルー
(クロフネ)
美浦・黒岩
2戦1勝 [1-0-0-1]

4年連続で馬券内に来ているキングマンボ=キングカメハメハの血を持っている。
新馬戦で早い上がりを使っており、開幕週の馬場は歓迎だろう。
前走のシンザン記念も、遠征して4着(0.4差)に健闘している。




9番ジョディー
牝3/鹿 54K 武藤
父ダイワメジャー
母ミスティークII
(Monsun)
美浦・戸田
7戦2勝 [2-0-1-4]

逃げるとしぶとい馬で、2走前のクイーンCも3着(0.1差)。
ただここは同型馬がいるので、ハナを切れるかどうか。
ウィクトーリアが内に入ったのが厄介だ。



10番セラピア
牝3/芦 54K 藤岡康
父オルフェーヴル
母ララア
(Tapit)
栗東・藤岡
1戦1勝 [1-0-0-0]

デビュー戦で未勝利戦を選び、先行して上がり33秒台の末脚を使い、快勝。
とはいえまだ一戦のみで、初遠征の克服や、このメンバーとの力関係は未知数。



11番ネリッサ
牝3/鹿 54K 石川
父タートルボウル
母ポーシア
(ディープインパクト)
美浦・勢司
5戦1勝 [1-1-1-2]

前走のアネモネSも5着(0.7差)に完敗で、厳しい。



12番エアジーン
牝3/鹿 54K Mデムーロ
父ハービンジャー
母ラスティングソング
(フジキセキ)
美浦・堀
3戦2勝 [2-0-0-1]

この馬も2年連続で馬券内に来ているハービンジャー産駒。
一方でスピード勝負に対応できるか未知数なのと、不調の鞍上が気掛かり。



13番フォークテイル
牝3/鹿 54K 田辺
父ロードカナロア
母フォルクローレ
(ダンスインザダーク)
美浦・中川
2戦1勝 [1-1-0-0]

この馬も、4年連続で馬券内に来ているキングマンボ=キングカメハメハの血を持っている。
ただ、2戦して特筆すべき点がなく、厳しそう。



14番イノセントミューズ
牝3/鹿 54K 蛯名
父ヴィクトワールピサ
母アイアムラヴィング
(ファルブラヴ)
栗東・笹田
4戦1勝 [1-1-1-1]

前走で未勝利戦を勝ったばかり。
それまでのレースでも特に注目する点はなく、厳しいだろう。
前走で馬体重が-12Kとなっているのも心配。



15番ヴィエナブロー
牝3/黒鹿 54K 藤田菜
父Camelot
母Danish Delight
(Danehill Dancer)
美浦・林
4戦1勝 [1-0-0-3]

ここ2戦が4着続きで、勝ち馬に完敗している。
厳しい。



16番クラサーヴィツァ
牝3/栗 54K 秋山
父ハーツクライ
母メジロルバート
(メジロライアン)
美浦・武井
6戦1勝 [1-2-0-3]

中長距離で善戦している一方、勝ち切れていない。
厳しそう。



17番レオンドーロ
牝3/黒鹿 54K 柴田大
父スクリーンヒーロー
母コスモルーシー
(マイネルラヴ)
美浦・伊藤大
8戦1勝 [1-4-1-2]

2走前のフラワーCで完敗しているが、早い持ち時計は有る。
先行して活路を見出したいが、この枠が厳しい。



18番フェアリーポルカ
牝3/鹿 54K 和田
父ルーラーシップ
母フェアリーダンス
(アグネスタキオン)
栗東・西村
3戦2勝 [2-0-1-0]

この馬も、4年連続で馬券内に来ているキングマンボ=キングカメハメハの血を持っている。
前走の君子蘭賞を好時計で勝っているし、2走前はヴェロックスの3着(0.6差)。
ここでは実績上位だ。
一方、大外枠はマイナスなので、先行できるか。




01_320x100
【最終結論】
◎はエトワール
血統面に加えて、持ち時計があり好枠を引けたのがプラス。
他馬より上がりの脚が劣る分、前に行って早めスパートから粘り込みたい。
鞍上にはガシガシ追って欲しい!!



▲はパッシングスルー
この馬も血統面が良いし、新馬戦で魅せた末脚が魅力。
休み明けだがジックリ調整されているし、遠征疲れも取れただろう。
このメンバーに入れば実績上位だ!!




〇はシャドウディーヴァ
5戦してどんな相手や条件でも崩れなく走っている。
好枠を引いたし、軸に相応しい。



以下、もう一頭のハービンジャー産駒のエアジーン大外枠は厳しいが実績上位のフェアリーポルカ、東京で2戦して早い上がりを使っているペレ、色々と克服すべき点はあるが未知の魅力がタップリのセラピアを抑える。



◎エトワール
▲パッシングスルー
〇シャドウディーヴァ
△エアジーン
△フェアリーポルカ

△ペレ
△セラピア



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!
[最強]ランキング読者会員登録へ
PR)~うまコラボの指数で天皇賞春を導く~

さあ!今週末の注目レースは「天皇賞・春

「うまコラボ」はステップレースを的中させてます。
日経賞[指数順位3位(18)⇒1位(08)⇒8位(28)]
日経新春杯
[指数順位1位(13)⇒2位(19)⇒4位(21)]


うまコラボは指数を売りにしていて、
指数順位1位~6位までの馬、指数値30以下の馬を推奨しています。

参考にしていたら大的中。
ステップレースの相性がとても良いので使えますよ!
▽うまコラボはコチラ▽

【天皇賞・春】
天皇賞・春に出走予定だった最有力馬「シャケトラ」の突然の死。。
G2は3回優勝、G1はまだ掴んでなくて春天で兆しが?!って時に凄く残念です…。
今年の出走馬には「シャケトラ」の分まで頑張ってもらいたいです。

近年では、阪神大賞典組みが最も強いです。
「カフジプリンス」「ロードヴァンドール」「リッジマン」
「ヴォージュ」「ケントオー」に注目していきたいですね。

過去10年のデータを調べてみました。
4歳~6歳馬中心で、栗東馬強い傾向(1着6回、2着・3着8回)

1番人気が1着1回、2着1回とあまり活躍していなくて、
2番人気が1着5回、3番人気が2着4回と好成績を残しています。

枠傾向を見てみると…5枠が1度も絡んでいませんでした。
1枠が5回も優勝しているので1枠に入った馬は見逃せませんよ!

ハーツクライ産駒が4年連続で馬券内に絡んでいます。
今年の出走馬の中にもハーツクライ産駒いました。
「カフジプリンス」「チェスナットコート」「プリンスオブペスカ」
この辺りで指数値30以下だったら狙い目ですよ!

天皇賞・春は、うまコラボの指数で勝ち取りましょう!

今すぐ天皇賞・春の指数を見に行く!(無料)
メールアドレスを登録後、確認メールからログインしてください。