ブログランキングサイトに登録しております。

ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!





転職の話を書かなくなってきたが、今は入社する会社を決め、並行して退社の手続もしている最中。
最終出勤日が今月末・入社時期が10月頭となる予定なので、それまでに色々やるべき事をまとめている。
主に病院へ行くのだが、それ以外にも色々やっておく!


昨日の通り、今週はレパードSを予想するつもり。
その他の重賞は、競馬ブログランキングでご覧いただきたい。








PR 



週末のレパードSを一緒に分析してみましょう!

■近年の傾向


■出走予定馬データ考察


■総括

過去10年96 %牡馬、関西馬が強い傾向にあり、
サンデーサイレンス系が過去3年6頭きてる実績。
「エングローサー」がユニコーンSを3着できてるためイチオシ!
「アドマイヤビクター」「グリム」もサンデー系のため注目したい。
でもユニコーンS9着の「グリム」に復活劇はあるか?!

こういう時こそ長年愛用してる指数データをCHECKします。
ー長年愛用してる指数データはコチラー

「レパードS」のステップレースでもある「ユニコーンS」の
データがこちらになります。



エングローサー


これが愛用してる指数データになります。
このデータは指数上位馬6頭を推奨
「エングローサー」34.4倍を指数6位に入れ込むデータはなかなかないですよね?!
オッズ高い隠れ穴馬が指数上位にきたらこのデータは買いです。
「エングローサー」は指数順位上位の場合、着順も上位の可能性が高く
このデータは見てるだけでも馬券の参考になります。

この指数サイトは・・・
スピード指数】×【適性指数】×【統計データ】×【血統理論
4つのデータを合わせて、他にはない指数情報を提供しています。

無料で過去のデータ全てと馬ごとのデータも見れるためおすすめです。
※午前中6レースと重賞1レースが週末無料公開
※全レース見たくなっても月額1,980円のみの指数データ

ー長年愛用してる指数データはコチラー








【レース展望】
3歳のダート王者を決める戦いの、レパードS。
ただ、現時点で3歳の頂点に立っているルヴァンスレーヴが出走しない今回は、力差を見極めるのがポイント。



過去5年で馬券内に来た15頭を見ると、先行勢の活躍が目立つ。
4コーナーで4番手以内だった馬が、11頭。
特に、逃げた馬は5年で4頭も来ている。
人気に関係なく、注意が必要だ。

一方で、差しも届いている。
4コーナーで5番手以下だった4頭のうち、3頭は内枠(1~3枠)だった。
インで脚を溜め、直線伸びてきそうな馬に注目。



更に、血統の観点から見ると、近年「父がサンデーサイレンス系の馬」が良く来ている。
過去5年で馬券内に来た15頭を見ると8頭のみとなるが、過去3年で馬券内に来た9頭を見ると6頭となる。

このレースは上がり上位馬が強く、「最速の上がりを使った馬」は、過去5年で4度も馬券に絡んでいる。
唯一馬券外となった昨年も4着まで来ているし、「上がり2位の馬」が1着となっていた。
「速い上がりを使えるかどうか」といった特徴が、血統面にも反映されているのだろう。




当レースは、昨年◎ローズプリンスダムと、1着をビシっと当てたレース!(2着のサルサディオーネは拾えなかったが、、、、)

今年も決める!!





【出走全馬ワンポイント評価】
1番バクハツ
牡3/栗 56.0K 小崎
父スマートファルコン
母ファニーストーリー(Distorted Humor)
栗東・小崎
5戦2勝 [2-0-0-3]

前走の古馬混合500万下での勝利は、あくまで地方馬との交流戦。
2走前に、同世代との500万下で8着(0.6差)。
どこまで通用するか。



2番アルクトス
牡3/鹿 56.0K 田辺
父アドマイヤオーラ
母ホシニイノリヲ(シンボリクリスエス)
美浦・栗田徹
6戦3勝 [3-1-0-2]

2連勝中。
しかも、前走は古馬混合1000万下で好位から勝利したもので、価値が高い。
今回も好枠を引いて、前走のようにロスなく立ち回れそう。
上位争いが期待できそうだ。



3番イダペガサス
牡3/栗 56.0K 三浦
父ゴールドアリュール
母カロンセギュール(Forest Camp)
美浦・高柳瑞
4戦2勝 [2-1-0-1]

前走、アルクトスと同じレースに出て、2着(0.2差)。
3着には0.6差をつけており、力は見せた。
前走はこちらが1番人気でマークされていたが、今回は立場が逆転。
巻き返しが有りそうだ。



4番ドンフォルティス
牡3/栗 56.0K 石橋脩
父ヘニーヒューズ
母グロッタアズーラ(フジキセキ)
栗東・牧浦
7戦4勝 [4-1-1-1]

前走のJDDは、3ヶ月半ぶりにも関わらずマイナス体重となり、6着(0.6差)。
ローテーションに余裕を見せていたのに馬体が増えて来なかったのは気掛かり。
他馬が成長する一方、この馬はあまり成長していないのでは。
今回も人気を背負っているが、半信半疑。



5番アドマイヤビクター
牡3/鹿 56.0K 戸崎圭
父ルーラーシップ
母ツィンクルヴェール(サンデーサイレンス)
栗東・友道
3戦2勝 [2-0-0-1]

こちらも2連勝中。
ダートではまだ底を見せておらず、ここも有力だ。



6番グリム
牡3/芦 56.0K 内田博
父ゼンノロブロイ
母ブランシュネージュ(サクラバクシンオー)
栗東・野中
6戦3勝 [3-0-1-2]

前走のユニコーンSは、ルヴァンスレーヴのマクリなどに影響され、直線まともに走れず。
2走前にはオープン特別を勝っており、挽回に期待。



7番オノリス
牡3/黒鹿 56.0K 北村宏
父トーセンホマレボシ
母フェリスタス(Dansili)
栗東・吉田
7戦2勝 [2-1-0-4]

2戦目以降、ダートで堅実に走っているが、一線級とは差が有る。
3走前にテーオーエナジーの2着(0.9差)、4走前にオメガパヒュームの4着(1.1差)など。
厳しい。



8番プロスパラスデイズ
牡3/鹿 56.0K 太宰
父ハードスパン
母チャリティークエスト(コロナドズクエスト)
栗東・昆
6戦3勝 [3-0-0-3]

この馬も、前走は古馬混合1000万下でのものだが、ハイペースの重馬場を後方から差してきたもの。
今回は良馬場でペースが上がりそうにない。
また、2走前のユニコーンSでは10着(1.8差)となっており、厳しそう。



9番エングローサー
牡3/鹿 56.0K 田中勝
父トランセンド
母エンブレイス(アフリート)
栗東・清水久
10戦2勝 [2-1-3-4]

前走のユニコーンSは、追い込んで3着(0.6差)。
その一方、3走前にはグリムの3着(0.8差)。
後方から行く馬なのでペースや展開に左右され、買いづらい。



10番フロリアヌス
牡3/鹿 56.0K 西田
父ローエングリン
母マルカフローリアン(サンデーサイレンス)
美浦・武藤
12戦2勝 [2-1-1-8]

前走、古馬混合1000万下に出走し、6着(0.5差)。
善戦しているのだが、今年は他馬が古馬混合1000万下で好走しており、相対的に厳しい。



11番ビッグスモーキー
牡3/鹿 56.0K 大野
父キングカメハメハ
母スモークンフローリック(Smoke Glacken)
栗東・清水久
9戦2勝 [2-3-1-3]

前走は準オープン戦に出走し、5着(0.4差)と健闘。
2走前も、兵庫CSでテーオーエナジーの2着(0.8差)に善戦している。
大型馬で外の枠も良いし、ハナを切れそうなメンバー構成。
非常に面白い存在。



12番クレディブル
牡3/芦 56.0K 江田照
父スズカマンボ
母ホワイトクルーザー(クロフネ)
美浦・萩原
5戦2勝 [2-0-0-3]

前走、古馬混合1000万下に出走し、5着(1.8差)。
4コーナーで下がった後に伸びており、スタミナが有る所を見せた。
ただ今年は、他馬が古馬混合1000万下で好走しており、厳しそう。
外枠から後方を進むのも、当レースと合わない。



13番ミックベンハー
牡3/栗 56.0K 木幡巧
父スマートボーイ
母クロエチャン(スパイキュール)
美浦・畠山
8戦2勝 [2-2-1-3]

前走のユニコーンSでは11着(1.8差)と完敗。
厳しい。



14番グレートタイム
牡3/黒鹿 56.0K ルメール
父キングカメハメハ
母ミラクルレジェンド(フジキセキ)
栗東・藤原英
8戦2勝 [2-4-1-1]

前走のJDDは、インの厳しい所から伸びて、3着(0.3差)。
世代上位の力が有るのは間違いない。
後は、この外枠から後方を進んで届くかどうか。



15番ヒラボクラターシュ
牡3/鹿 56.0K 福永
父キンシャサノキセキ
母ヒラボクウィン(ワイルドラッシュ)
栗東・大久保
5戦2勝 [2-1-0-2]

前走、プロスパラスデイズと同じレースに出て、4着(0.6差)。
2走前も古馬混合1000万下で7着(0.8差)と、連続して善戦している。
ただ繰り返しだが、今年は他馬が古馬混合1000万下で好走しており、相対的に厳しい。
また、大外枠からどこまで前に行けるかどうか。




01_320x100
【最終結論】
◎はビッグスモーキー
前々で立ち回れそうなメンバー構成だし、上記のとおり外枠も良い。
スンナリ前に行ければ、そうそう止まらないだろう。
昨年の同時期に、今回と同舞台で新馬戦を2着(1着はルヴァンスレーヴ)しており、夏場に実績が有るのも心強い。




▲はグリム
今回のメンバーでオープン特別を勝っているのは、ドンフォルティスと当馬のみ。
前走のユニコーンSは、人気を背負って後手を踏んでしまった。
今回は人気が無い分、積極的な競馬を期待!




〇はグレートタイム
脚質に不安は有るが、能力は上。
ここも大崩れは無いだろう。



以下、この馬も人気から解放されて巻き返しがありそうなイダペガサス、好内容で連勝中のアドマイヤビクター、ビッグスモーキーと同様に大型馬で外枠から先行出来そうなヒラボクラターシュ、最内枠で脚を溜めれば一発が有るバクハツを抑える。


◎ビッグスモーキー
▲グリム
〇グレートタイム
△イダペガサス
△アドマイヤビクター
△ヒラボクラターシュ
△バクハツ




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!