ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東重賞・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。








≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:交流重賞予想・一口馬


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎→印・▲→印への馬連流し
◎▲→印・◎〇→印・▲〇→印への3連系馬券流し

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!
(登録いただいた皆様、本当にありがとうございます。
これからもお役に立つ予想や情報を提供していきます!!)




【レース展望】

今日は勝島王冠を予想する。
この時期、JBCや東京大賞典がある中、まずまずのメンバーが揃った。
ただ、過去5年、1番人気が3勝している一方、2桁人気の馬も3頭馬券内に来ている。波乱となる可能性は否定できない。


展開だが、オウマタイムが枠順を活かしてハナを切りそう。それに続く馬が少なそうで、スロー濃厚。ダート戦らしく、前に行く馬・立ち回り力の高い馬を狙うべき。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番ハイテルカイト
51Kの恵量は魅力だが、2走前にC1を勝ったばかり。ここは厳しいのでは。


2番オウマタイム
単騎逃げの可能性が高くて展開に恵まれそう。2走前の埼玉新聞栄冠賞の回顧で書いたように、展開が向けば上位に来る力は有る。前走も、遠征してカツゲキキトキト相手に3着ならば上出来だ。


3番ユーロビート
前走は休み明けで+12Kが影響したか。近2走、馬券外になっているが、力は上位。59Kも経験済みだし、叩き2戦目、普通に有望視。


4番キープインタッチ
後ろから行って届かないレースが続いている。ここも展開が向かない可能性大。


5番シャドウパーティー
JRAから転厩して2戦、見所無し。今回も厳しいだろう。


6番ウマノジョー
3走前の大井記念で勝利したように力は有る。ただ、近2走が冴えないのと、展開が向かないだろう。買いづらい。


7番サブノクロヒョウ
2走前の東京記念で、人気薄ながら勝利。前走のJBCクラシックも、強気に先行して地方勢再先着。当然、ここでは有力。


8番ディアドムス
前走の埼玉新聞栄冠賞は、正攻法のレースでタイム差無しの2着。今回も隣のサブノクロヒョウをめがけて同様に先行すれば、上位に来れるだろう。


9番オリオンザジャパン
この馬もJRAから転厩して3戦、見所無し。4走前にミツバの2着があるように、力は有るのだが、、、、


10番タマモネイヴィー
交流重賞を除くと、近走安定している。後ろから行く馬なので展開は微妙だが、上位に来てもおかしくない。


11番ドレッドノート
重賞では大敗続き。ここも厳しい。


12番クラトリガー
前走の勝利は3歳限定戦。2・3走前にB1B2で苦戦しており、ここも厳しそう。


13番タイムズアロー
前走の埼玉新聞栄冠賞の4着は、-15Kと休み明けが影響したか。後はこの馬も9歳、衰えが来ているのかも。先行できれば上位に来そうだが、、、、。


14番イッシンドウタイ
前走は長期休養明けで度外視。叩き2戦目でどれだけ良化するかだが、休養前の実績を考えると買うべきだ。


15番グレナディアーズ
この馬もJRAから転厩して4戦、見所無し。厳しそうだ。


16番デュアルスウォード
15戦連続最下位で、ただ出走するだけ。引退間近だろう。



【最終結論】
◎はオウマタイム。明らかに展開に恵まれそうだし、ハナを切れればそう簡単に止まらない。特に、4コーナーまで先頭だった場合は、11戦中8回馬券内に来ている。


▲はイッシンドウタイ。どれだけ状態が良化しているかがカギだが、寒い時期と時計のかかる馬場は歓迎材料だし、前に行ければ粘り腰がある。


〇はサブノクロヒョウ。近走充実しているし、先行力も魅力。


以下、この馬も先行すれば上位に来そうなディアドムス、実績上位のユーロビート、衰えは気になるが先行出来れば見限れないタイムズアロー、差し脚が安定しているタマモネイヴィーを抑える。


◎オウマタイム
▲イッシンドウタイ
〇サブノクロヒョウ
△ディアドムス
△ユーロビート
△タイムズアロー
△タマモネイヴィー


こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




【レース展望】
今日はジャパンカップを予想する。
過去5年の結果を振り返ると、まず牝馬の強さが目立つ。過去5年で3勝だ。今年の牝馬はソウルスターリング1頭のみ。人気が被っているのも納得。
そして、昨今の東京2400は、立ち回り力が非常に重要だ。内枠・先行する馬が有利。特に明日は、今年最後の府中開催という事で、造園課の皆様が気合を入れて内有利の馬場にしてきそう。土曜の結果を見ても高速馬場で内有利だったし、馬番二桁の馬はそれだけで不利だ。


展開だが、キタサンブラックの単騎逃げでスロー濃厚。ただ、昨年はキタサンブラックが楽に逃げられたが、今年はそう易々と逃げさせてもらえないだろう。内外からキタサンブラックをマークして進み、残り1000~800からロングスパート合戦になりそうだ。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番シュヴァルグラン
前走の京都大賞典は、「出遅れ→捲って脚を無す」という厳しい内容。それでも3着に踏みとどまっているのは力があるから。今回は絶好の枠を引いて、オーストラリアの名手ボウマンを確保。巻き返しの準備は整った。道悪の天皇賞・秋をスキップして消耗を防ぐことができたのも良し。


2番レイデオロ
神戸新聞杯を圧勝し、勇躍ここへ。好枠から位置を取り、キタサンブラックにプレッシャーをかけることができるし、インを突く事も出来そう。
この馬も道悪の天皇賞・秋をスキップして消耗を防ぐことができている。


3番ギニョール
先行タイプの馬だが、キタサンブラックにハナを叩かれそうだし、普通にスピード負けしそう。


4番キタサンブラック
前走の天皇賞・秋の勝利で、現役最強馬である事を改めて示した。ここもハナを切れそうだし、自分のペースで進められれば連覇は十分有り得る。
不安点としては、見えない疲れが無いか。また、前走スタートで出遅れた事が再発しないか。。。。


5番サウンズオブアース
前走の京都大賞典は、流れに乗れず大敗。逆に言えば、競馬を全然していないので余力が有るとも言える。昨年2着の実績を忘れてはいけない。道悪の天皇賞・秋をスキップできたし、テン乗りの田辺が好枠を活かして一発を狙っているだろう。


6番イキートス
昨年、人気薄だったが0.6差7着。今年も内を突けばそれなりに伸びてきそう。


7番ディサイファ
前走の天皇賞・秋の7着は、得意の道悪によるもの。良馬場では厳しい。


8番ソウルスターリング
前走の天皇賞・秋は、外を回しながら6着に健闘。冒頭の通り、牝馬が有利なこのレース。唯一の牝馬であり、注目だ。


9番レインボーライン
前走の天皇賞・秋の3着がフロック視されているが、昨年の当レースでも上がり最速で6着に来ており、力は有る。後は岩田がイン突きをやってくれれば、再度の馬券内も有り得る。


10番ブームタイム
2走前のコーフィールドCは、52Kの恵量を活かしたもの。今回は厳しい。


11番マカヒキ
前走の天皇賞・秋で5着に健闘。ただ今回は外を回すと届かないだろうし、3歳時に日本ダービーを勝った時まで状態が戻っているかは微妙。


12番サトノクラウン
Mデムーロの10戦連続G1馬券内に加え、この馬自身も2戦続けてG1好走しており、人気必至。ただ、G1で馬場が渋っていたことが好走の要因だったし、3走前に良馬場だった大阪杯ではキレ負けしている。枠も外だし買いづらい。


13番シャケトラ
前走の大敗は、道悪・大外枠で参考外。ただ、今回もスローの展開を外から進めざるを得ないだろう。厳しいのでは。


14番アイダホ
名門オブライエン厩舎の馬にムーア騎乗、、、、だが、馬自身は力が足り無さそう。


15番ワンアンドオンリー
既に終わった馬。ここも厳しい。


16番ヤマカツエース
小回りの急坂コースでを一瞬の脚を使うのが得意。ここで凡走して、有馬記念で狙うのが正解では。


17番ラストインパクト
この馬も、もうG1では厳しいだろう。




【最終結論】
◎はシュヴァルグラン。鞍上が二転三転したが、名手ボウマンならば文句無し。加えて、好枠・叩き2戦目・消耗度少と、好条件が揃っている。キタサンブラックをガッチリマークし、直線抜け出してきそうだ。


▲はサウンズオブアース。この馬も余力が有りそうだし、好枠を活かして前に行き、粘れそうだ


〇はレイデオロ。前走後の疲れは気になるが、このレースまでは余力が有りそう。


以下、マイペースで逃げれれば連覇も有り得るキタサンブラック唯一の牝馬は怖いソウルスターリングMデムーロが乗るサトノクラウン、イン突きが成功すれば浮上しそうなレインボーラインを抑える。


◎シュヴァルグラン
▲サウンズオブアース
〇レイデオロ
△キタサンブラック
△ソウルスターリング
△サトノクラウン
△レインボーライン



こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!
(登録いただいた皆様、本当にありがとうございます。
これからもお役に立つ予想や情報を提供していきます!!)




今日は、先日行われた浦和記念の回顧を。


【上位馬着順(コーナー通過順)着差】

1着:マイネルバサラ(4-4-1-1
2着:△ヒガシウィルウィン(2-3-2-2)6
3着:オールブラッシュ(6-6-4-4)6


【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
2.08.2(38.6):晴・不良
12.8-11.8-13.2-12.1-12.8-13.2-13.7-12.5-13.7-12.4


参考:2016年:晴・重
2.07.0(39.1)
12.2-11.6-12.0-12.8-13.2-13.0-13.1-12.5-12.7-13.9

1着:ケイティブレイブ(2-2-1-1
2着:クリソライト(3-3-2-2)4
3着:ハッピースプリント(6-6-4-3)4


参考:2015年:曇・良
2.05.9(38.4)
12.6-11.6-12.3-12.3-12.7-12.6-13.4-12.8-12.9-12.7

1着:ハッピースプリント3-3-3-2
2着:サミットストーン(2-2-2-1)2
3着:ソリタリーキング(5-4-4-4)2


2015年10月に浦和競馬場は砂を入れ替えた。
よって、過去2年との比較を行う。


昨年は中盤にペースが緩んだ中、ケイティブレイブが3コーナーから先頭に立ってそのまま押し切った。
一昨年は、13秒台が一度しかないラップの中、ハッピースプリントが先行して快勝した。

ペースなどの違いもあるだろうけど、一昨年>>昨年>今年といったところか。




【レース分析】

スタート後、予想通りタマモホルンがハナに。対して、クリノスターオーは躓いてしまった。
ヒガシウィルウィン・バルダッサーレがタマモホルンに続いて、マイネルバサラはその後の4番手。ナムラアラシは内目の5番手、オールブラッシュは外目の6番手、グランディオーソはその後ろだった。

2コーナー過ぎからヒガシウィルウィン・マイネルバサラが仕掛けて、後続が上がってくる。
3コーナーではタマモホルンは一杯。マイネルバサラが先頭に立ち、ヒガシウィルウィンが懸命に追う。後続からナムラアラシ・オールブラッシュが来て、ヒガシウィルウィンは一旦完全に交わされる。その後ろにグランディオーソが来るが、3コーナー途中で落馬し、競走中止。

直線はマイネルバサラが独走する中、内からヒガシウィルウィンが再度伸びて2番手に上がる。3着争いは、オールブラッシュが制した。




【上位馬・印上位馬 短評】
1着:マイネルバサラ
柴田大の仕掛けのタイミングが良く、3コーナーから先頭に立って押し切った。今年は昨年より前半5ハロンが遅かった(昨年:61.8、今年:62.7)ので、早めに前に行ったのが功を奏した。


2着:△ヒガシウィルウィン
内をうまく立ち回って2着に健闘。休み明けと斤量で不利だった中、森の内に拘る騎乗が良かったし、3コーナーで交わされても再度差し返した馬の根性も素晴らしい。今後の交流重賞に向けて、明るい兆し。
近年、南関東クラシックを戦い抜いた馬達が、「燃え尽き症候群」のように古馬になってパッとしないので、この馬には今後も活躍して欲しい。


3着:オールブラッシュ
終始外を回って見せ場を殆ど作れず。3着とはいえ、先頭からは12馬身差。あの川崎記念勝利は、やはり恵まれたものだったか。


5着〇クリノスターオー
スタートで躓いて流れに乗れなかったのが全て。今回はノーカウント。


着:▲タマモホルン
昨年よりペースは楽だったが、早めにマイネルバサラに来られるとアッサリ失速。馬体重+16も影響したか。


競走中止◎グランディオーソ
3コーナーで5番手まで来た時は、馬券内入りを期待したが、、、ひとまず無事で何よりだ。
8歳でもまだまだ元気。一休みしたら、
年明けの川崎・船橋辺りを狙って欲しい。



こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!
(登録いただいた皆様、本当にありがとうございます。
これからもお役に立つ予想や情報を提供していきます!!)




毎週金曜日恒例の、大庭和弥騎手の騎乗結果・予定だ。

いつもどおり、土曜の昼までに競馬ブログランキングで、京都2歳Sの予想を実施予定です。
また、日曜の昼までに競馬ブログランキングで、京阪杯の予想を実施予定です(ジャパンカップはブログに載せます)



【先週の結果】
11月18日(土)福島競馬場
1R
ククリナイフ:-
14着/16番人気(3.2差)


11月19日(日)福島競馬場
9R
ポートレイト:-
着/12番人気(0.7差)


平地の成績:(、24)
障害の成績:(、16)


【短評】
ククリナイフ:後方ママ。この後、競走馬人生を歩むのは困難そう。

ポートレイト:今回は逃げの手に。着順はさておき、着差は少なかった。これが良いキッカケになり、また活躍してくれれば。



【今週の予定】
11月25日(土)東京競馬場
4R(障)
ニシノファルコン:-
R
キータイプ:△


11月26日(日)東京競馬場
なし


【短評】
ニシノファルコン:障害転向後、大敗続き。平地時代、一緒に走った経験をどこまで活かせるか。

キータイプ:4走前に3着へ来たように、このクラスでも通用する。近2走は悪馬場に泣いた感があるので、良馬場になりそうなのは何よりだ。



こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



【レース展望】

今日は浦和記念を予想する。
JBCやチャンピオンズCがあるため、毎年このレースはメンバーのレベルが落ちる。特にJRA勢は一枚も二枚も落ちるメンバーが出てくるため、ここ3年は地方勢の健闘が目立つ。今回も、今年の川崎記念を逃げ切ったオールブラッシュがJRA勢の大将格だが、近走パッとしない。波乱の芽が十分ある。


展開だが、タマモホルンが昨年に引き続きハナを切りそう。例年のように淡々と流れ、前に行った馬やうまく立ち回った馬がそのまま残りそうだ。
過去5年、馬券内に入った15頭を見ると、4コーナーで3番手以内だった馬が13頭(残る2頭は4番手)。小回りの浦和コースでコーナーを6回も回る、特殊なレースらしい傾向だ。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番ポイントプラス
近走、冴えない。ここも厳しい。


2番タマモホルン
この馬がハナを切りそうだが、昨年も同様にハナを切って2.2差の5着。今年は昨年よりメンバーが落ちるので、前残りの可能性が有る。


3番ナムラアラシ
2走前の白山大賞典の凡走と前走のブラジルCの善戦を見ると、小回りが合ってないように思える。勝つまではどうか。


4番ヒガシウィルウィン
浦和コースに実績有るし、前走のJDDで負かしたサンライズソアは、先日の武蔵野Sで2着に来ている。ただ、如何せんここは休み明けで古馬と初対決。しかも前売り一番人気となっており、積極的には買いづらい。斤量も厳しいし、、、、


5番クリノスターオー
歴戦の雄だが、意外にも浦和は初めて。初コースに戸惑わなければ崩れる事はないだろう。後はなるべく被されないよう、先行して外目をキープしたい。


6番エンパイアペガサス
4走前の報知グランプリカップでムサシキングオーらを下しているが、5走前はポイントプラスに惨敗し、7走前はトロヴァオ(マイルグランプリ4着)に完敗。前走も休み明けに加えて距離が短かったかもしれないが、タイセイファントム(交流重賞で最高着順5着)に完敗。前に行けるのは魅力だが、、、、。


7番マイネルバサラ
4走前のブリリアントCで1.8差の7着。その時よりもメンバーが落ちるとはいえ、厳しそう。


8番バルダッサーレ
長期休養明け後、2戦続けて大敗。3歳時に、浦和と同じ小回り+左回りの川崎にて戸塚記念を走り、2着に来てはいるが、、、、。


9番グランディオーソ
3年前の当レースで2着。この馬は左回りと右回りでは別馬のように走りが変わる。左回りでは18戦して馬券外は僅か2回。浦和・川崎といったコーナーのキツいコースでは10戦して全て馬券内。立ち回り力に優れているため、今回非常に面白い存在。


10番ストゥディウム
近走、大敗続き。厳しい。


11番オールブラッシュ
4走前の川崎記念の勝利は、単騎逃げが出来てペースに恵まれたため。その後の3走は、逃げても先行しても完敗。ここはメンバーが落ちるが、斤量で不利だしハナを切るのも困難。大外枠からずっと外を回されて消耗しそう。



【最終結論】
◎はグランディオーソ。得意の左回りで立ち回り力を活かし、一発が期待できそうだ。後は道中、先頭から離され過ぎないようにして欲しい。


▲はタマモホルン。ハナを切るのが濃厚で、確実に目標にされるのは厳しいが、昨年もケイティブレイブらに交わされてから粘っていた。今年は昨年より展開が楽になりそうで、残り目が有り得る。


〇はクリノスターオー。浦和コースを克服できれば、先行して粘り込めそうだ。


以下、休み明けと古馬の壁を破れればヒガシウィルウィン、内枠を引いて他馬よりはロスが減られそうなナムラアラシ、前に行けるので残り目を考慮してエンパイアペガサスを抑える。


◎グランディオーソ
▲タマモホルン
〇クリノスターオー
△ヒガシウィルウィン
△ナムラアラシ
△エンパイアペガサス


↑このページのトップヘ