ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東重賞・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。








≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:交流重賞予想・一口馬


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎→印・▲→印への馬連流し
◎▲→印・◎〇→印・▲〇→印への3連系馬券流し

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




有馬記念が終わった後から、当ブログは忙しくなる。
今日から年末にかけて、毎日重賞がある。
当ブログでも、毎日予想を更新するので、乞うご期待!!


【レース展望】

今日は兵庫ゴールドトロフィーを予想する。
悪天候等の影響で、ホッカイドウ競馬勢が出走取消となったのが非常に残念。
ハンデ戦ということもあり、過去5年で馬券内に来た15頭のうち、地方勢が5頭。軽ハンデを活かせるチャンスだったが、、、、


展開だが、トウケイタイガーが何が何でも行くだろう。先行勢は多く、内からラブバレット・外からサイタスリーレッド・グレイスフルリープらも前に行きそう。ペースは速くなりそうだ。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番レーザーバレット
一昨年の当レースの勝ち馬。前走のオーバルスプリントで2着に入り、得意の2ターンならばまだ侮れない事を証明。最内枠は乗り難しいが、園田をよく知る岩田に期待。


2番オヤコダカ
出走取消


3番バズーカ
地元でも勝ったり負けたりといった状況。厳しい。


4番ラブバレット
昨年の当レースで4着。前進を期待したいが、ハンデが1K重くなるのと、交流重賞では盛岡以外で馬券内に来ていないのが気になる。


5番ドリームバレンチノ
4年前の勝ち馬であり、一昨年・昨年とも、59.5Kで馬券内に来ている。近走パッとしないが、コース適性は十分。


6番エイシンヴァラー
4走前より地方に移籍。大井ではサッパリだったが、園田で息を吹き返したか。JRA時代にオープンでの勝利があるし、押さえておくべき。


7番ストーンリバー
出走取消


8番ドリームコンサート
昨年の当レースで7着。近況、昨年より勢いが無く、厳しい。


9番トウケイタイガー
頭数が減ってより確実にハナを切れそうなのは好材料。加えて、園田では7戦して6勝。コース適性にも期待できる。


10番サイタスリーレッド
3走前にオーバルスプリントを逃げ切り勝ちしたが、その後の2走がサッパリ。ここもトウケイタイガーがハナを切りそうで、展開的に辛そうだ。


11番タイセイバンデット
出走取消


12番グレイスフルリープ
超大型馬で、大外から自分のぺースで行けるのは何より。好走の可能性は十分だ。



【最終結論】
◎はレーザーバレット。2ターンの競馬でこのメンバーならば、頭まである。園田を知り尽くした岩田の手綱さばきに期待。


▲はドリームバレンチノ。10歳となったが、当レース・当コースの相性を活かし、得意の2ターンで馬券内を期待。


〇はグレイスフルリープ。ノッてる鞍上を背に、大外からスムーズに先行出来れば好走の可能性大。


以下、スンナリとハナを切れれば粘りこみも期待できるトウケイタイガー、JRAでの実績をふまえると軽視できないエイシンヴァラー、スムーズに先行出来れば馬券内も有り得るラブバレットを抑える。


◎レーザーバレット
▲ドリームバレンチノ
〇グレイスフルリープ
△トウケイタイガー
△エイシンヴァラー
ラブバレット



こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




毎週恒例の、大庭和弥騎手の騎乗結果・予定だ。



【先週の結果】
12月23日(土)中山競馬場
なし


12月24日(日)中山競馬場
なし


平地の成績:(、27)
障害の成績:(、18)


【今週の予定】
12月28日(木)中山競馬場
2R
ナターシャ:-
R
キラキラオーラ:△



【短評】
ナターシャ
:4戦続けて1.5秒以上の大敗。ここも厳しい。

キラキラオーラこの日に書いた通り、現状はダートの方が良さそう。今年最後の騎乗、好結果を期待!!



こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




昨日の阪神Cも、印上、〇◎無で、馬連が的中。
今日も連勝を狙う!!



【レース展望】
今日は有馬記念を予想する。
まず一つ目のポイントは、「余力の有無」。
過去5年、馬券内に来た15頭のうち、秋の古馬G1を3戦連続使って馬券に来たのは2頭(ジェンティルドンナ・ルーラーシップ)のみ。フレッシュさが求められる。

続いて、「立ち回り力の有無」。特にここ3年、馬券内に来た9頭のうち、4コーナーを5番手以内で来た馬が7頭。残りの2頭も、6・7番手であり、先行・立ち回り力が求められる。
ちなみに昨日の中山メインレースは、当レースと同様に芝2500だったが、馬券内に来た3頭は、4コーナーで4・3・8番手だった(16頭中)。例年と同様の傾向が見られる。

それに関連して、「枠順」も重要。過去5年、7・8枠で馬券内に来たのはゴールドシップのみ。6枠で馬券内に来たのも、サトノダイヤモンド・キタサンブラックのみであり、6枠より外の馬が馬券内に来るのはかなり厳しい。

更にリピーターも目立つ。一昨年・昨年と、キタサンブラック(一昨年:3着、昨年:2着)・ゴールドアクター(一昨年:1着、昨年:3着)が連続して好走したし、その前にはゴールドシップ・トゥザグローリーらがいた。過去に当レースで好走した馬は見逃せない。


展開だが、キタサンブラックが絶好の枠を引いて逃げそう。同じく逃げ候補だったカレンミロティックが大外近くとなったので、こちらは控えそうだ。怖いのは、好枠を引いたトーセンビクトリー。逃げた事も有る馬なので、田辺がキタサンブラックのハナを叩くかも。いずれにせよペースは上がらず、スローからの立ち回り勝負となりそうだ。外枠を引いた馬は、3コーナー前後から早めに上がってきそう。




【出走全馬ワンポイント評価】
1番ヤマカツエース
ジャパンカップの予想で書いた通り、ここでこそ狙うべき馬。秋に古馬G1を2戦しているローテーションは不安だが、絶好の最内枠を引いてチャンス大。昨年4着だったが、今年はそれ以上に期待!!


2番キタサンブラック
枠も展開も向きそう。引退の花道を飾れる可能性が高まったし、過去に当レースで好走歴もある。後は秋に古馬G1を2戦した疲れがどれくらいなのか。。。。


3番クイーンズリング
昨年のエリザベス女王杯を勝った後はサッパリ。今回が引退のようだ。好枠を引き、人気薄の気楽さでルメールがどこまで持ってくるか。


4番ブレスジャーニー
この秋、菊花賞→チャレンジCと、まだ余力は有るか。3歳馬の叩き3戦目は魅力だが、左回りのほうが良さそうだし、三浦への乗り代わりも微妙。


5番トーセンビクトリー
母のトゥザヴィクトリーや、兄弟のトゥザグローリー・トゥザワールドは、全て有馬記念で好走歴有り。枠も良いし、中山での田辺は怖い。とはいえ、これらの馬よりも実績で圧倒的に見劣る。


6番サトノクロニクル
前走、初の古馬対戦となったチャレンジCを勝利。スタートが安定してきて前に行けるようになった。枠も良い。ただ、既に秋3戦しており、余力があるかどうか心配。Mデムーロから乗れていない戸崎への乗り代わりも良くない。


7番シャケトラ
当レースと同舞台である、今年の日経賞を快勝。ただ、その時は田辺の好騎乗が大きかったし、秋に古馬G1を2戦しているローテーションはやはり不安。増えている馬体重が、今回の調教後でも減っていないのも気掛かりだ。


8番レインボーライン
当レースや中山で非常に相性の良いステイゴールド産駒。昨日の中山メインレースでも、馬券内に来た3頭はいずれもステイゴールド産駒だった。天皇賞・秋は3着に好走している。
但しそのレースは道悪競馬で、後方からの外差しが嵌ったのが大きかった。秋に古馬G1を2戦しているローテーションはやはり不安だし、ここは展開も向かないだろう。乗れていない岩田はイン突きできるかどうか、厳しい。



9番サクラアンプルール
今年の中山記念でネオリアリズムの2着に来たように、中山適性は有る。その後、札幌記念を勝ったように、右回りで直線の短い競馬場が合っているのだろう。天皇賞・秋の後にジャパンカップをスキップしたローテーションも良いし、もう少し内の枠ならば、重い印を打ったのだが、、、


10番シュヴァルグラン
前走のジャパンカップは好枠を活かして追い比べを制した。今回も早めに動いて4コーナーではキタサンブラックを射程圏に入れたい。ただ、昨年はそのようなレースを行い、6着。秋2戦して、余力がどれだけあるかがカギ。


11番ルージュバック
2走前のオールカマーの勝利はさておき、好走時は外枠を活かして外から差してくるのがパターン。ここは展開などが向かないだろう。


12番サトノクラウン
道悪競馬や持久力勝負で好走する馬。秋に古馬G1を2戦しているローテーションは不安だが、ムーア騎乗はプラスだし、疲れの有無が問題だろう。


13番ミッキークイーン
ローテーションは、エリザベス女王杯を使って秋2戦目ということで、問題無し。昨年5着の実績もある。あとはこの外枠をどう克服するか。乗れていない浜中の奮起に期待。


14番スワーヴリチャード
前走、秋の初戦となったアルゼンチン共和国杯を快勝。Mデムーロの継続騎乗も良い。ただ、この外枠と右回りがどうか。


15番カレンミロティック
この枠では逃げる事が厳しいし、近走を見るとピークが過ぎた感じ。


16番サウンズオブアース
昨年のジャパンカップ以降、見せ場無し。ここも大外枠だし厳しそう。



【最終結論】
◎はヤマカツエース。ローテーション以外に不安無し。最内からキタサンブラックの後に付け、直線叩き合いに持ち込めば、大金星が有り得る!!!


▲はミッキークイーン。枠と鞍上以外は不安無し。ディープインパクト産駒は最近当レースで好走しているし、前半うまく脚を溜めてロスなく立ち回る事が出来れば一発も。


〇はキタサンブラック。枠も良いし、展開も他馬が忖度?してくれて向くだろう。後は疲れの有無だけだ。


以下、この馬も内からロスなく立ち回れそうなクイーンズリング、体重さえ減れば展開やコース適性で上位争いも可能なシャケトラ、不安材料は有るが先行して古馬重賞を勝利できた勢いを買ってサトノクロニクル、うまく内に入れられれば激走も有り得るサクラアンプルールを抑える。


◎ヤマカツエース
▲ミッキークイーン
〇キタサンブラック
△クイーンズリング
シャケトラ
△サトノクロニクル
△サクラアンプルール


こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




毎週金曜日恒例の、大庭和弥騎手の騎乗結果・予定だ。
いつもどおり、土曜の昼までに競馬ブログランキングで、阪神Cの予想を実施予定です。



【先週の結果】
12月16日(土)中京競馬場
10R
キラキラオーラ:△
12着/14番人気(0.9差)



12月17日(日)中京競馬場
3R
スイートメモリーズ:-
15着/16番人気(2.7差)
R(障)
スズカプリティー:△
7着/9番人気(3.3差)



平地の成績:(、27)
障害の成績:(、18)


【短評】
キラキラオーラ:好枠からハナを切る。直線は失速したが、着順ほど負けていない。ただ現状では芝よりダートの方が良さそう。


スイートメモリーズ:道中中団を進むも、直線は逆噴射。厳しい。


スズカプリティー:レース途中から勝ち馬にハナを奪われ、他馬にも来られてポジションが悪くなる。直線もジワジワ伸びてはいるが、、、、好走には相当スムーズに進められないと厳しそう。


【今週の予定】
12月23日(土)中山競馬場
なし


12月24日(日)中山競馬場
なし


有馬記念の週、まさかの騎乗無し。。。。




こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



今日は、昨日行われたゴールドCの回顧を。


【上位馬着順(コーナー通過順)着差】

1着:ソルテ(2-2-2-1)
2着:〇ケイアイレオーネ3-3-3-4)アタマ
3着:△キタサンミカヅキ(4-4-4-2)ハナ


【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
1:27.838.3):晴・稍重
12.5-11.6-12.5-12.9-12.1-12.9-13.3


今年から当レースは条件が変わったので、過去との比較は省略。




【レース分析】

スタート後、フラットライナーズがハナへ。ソルテが続き、更に外からケイアイレオーネが。
内からキタサンミカヅキが早めの4番手に付け、その横にサニーデイズが位置した。サブノジュニアは後方から。

3コーナー前からサブノジュニアが外を通って上がっていく。サニーデイズは内に潜るが順位を下げてしまう。その間にソルテが3コーナーから上がって4コーナーでは先頭に。その外からキタサンミカヅキが上がって来た。ケイアイレオーネは内からキタサンミカヅキの外に出して追って来る。

直線はソルテ・キタサンミカヅキ・ケイアイレオーネの3頭による叩き合い。僅かにソルテが凌ぎ切った。その後方では、内から伸びたキスミープリンスが4着を確保。




【上位馬・印上位馬 短評】
1着:ソルテ
長期休養明けだが、番手から4角先頭で押し切り、地力の差を見せつけた。これで重賞10勝目!!
立て直して仕上げてきた陣営に感服、印を打てなかった自分に反省。。。。


2着:〇ケイアイレオーネ
初の浦和だったが、的場のエスコートでスムーズに進める。最後は際どく迫ったが、僅かに及ばず。


3着:△キタサンミカヅキ
この馬も初の浦和をしっかりこなした。先行して上がり最速の脚を使っており、力は出し切っている。


5着◎サニーデイズ
上位馬が確り力を出し、格下の当馬の出番無し。御神本はソツなく乗っていたが、、、、


着:▲サブノジュニア
外を回らされて最後は脚を無くした。また、上位馬とは力の差もあった。




↑このページのトップヘ