ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東重賞・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。








≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:交流重賞予想・一口馬


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎→印・▲→印への馬連流し
◎▲→印・◎〇→印・▲〇→印への3連系馬券流し

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



毎週金曜日恒例の、大庭和弥騎手の騎乗結果・予定だ。


今週末の更新予定について連絡します。
土曜の昼までに競馬ブログランキングで、富士Sの予想を実施予定です。
また、日曜の昼までに菊花賞の予想を載せます。




【先週の結果】
10月14日(土)東京競馬場
なし


10月15日(日)東京競馬場
なし


平地の成績:(、19)
障害の成績:(、16)


【今週の予定】
10月21日(土)東京競馬場
なし


10月22日(日)東京競馬場
なし


2週続けて騎乗無し。。。。
本当に寂しい。
来週末に、改めて期待。


そんな中、メドウヒルズが馬事学院へ入校できた?ことが救い。
元気に馬生を過ごして欲しい。





こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



再度、臨時の改装工事中。
見苦しい点があると思うが、すぐ終わる予定ですので、どうかご容赦ください。



【レース展望】

今日は埼玉新聞栄冠賞を予想する。
このレースは、浦和競馬場を1周半する、非常に特殊なレース。
小回りの浦和競馬場で、コーナーを6回も回らなければいけないため、立ち回り力と先行力が必須。
前残りや逃げ切りが多いレースだ。昨日までの雨の影響があるだろうから、尚更注意。
昨年はベルゼブブが逃げて大敗したが、あれは例外と思った方が良い。


気になる展開だが、逃げ馬がおらず悩ましい。3走前に逃げて勝ったオウマタイムが行く可能性高いが、ペースは上がらないだろう。傾向通り、立ち回り力と先行力に注目していきたい。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番ハーキュリーズ
昨年・一昨年の4着馬。前走の大敗は休み明けで度外視。浦和競馬場の適性は高そうなので、軽視禁物。


2番タイムズアロー
昨年の覇者。浦和競馬場の成績は、4戦して3回馬券に絡んでいる。枠も良く、先行して昨年の再現が狙えそう。


3番キスミープリンス
近走、冴えない。4走前の3着も差が有った。ここも厳しい。


4番オウマタイム
他に行く馬がいないため、楽にハナを切れそう。逃げ切りに期待。


5番タマモネイヴィー
前走、鮮やかに捲って勝利。ただ今回はスローペースが濃厚で展開が向くかどうか。また、浦和競馬場でも1戦して1番人気を裏切った(5着)のが気掛かり。


6番セイスコーピオン
昨秋、JRAから転入した直後は勢いが有ったが、今年はサッパリ。
ただ、戦績を見ると寒い時期に良績が多い。昨今の季節外れの寒さが、この馬に好影響をもたらすかも。


7番イッシンドウタイ
昨年の11月以来、2月の競走除外を挟んで約1年振り。まずは使ってからでは。


8番カンムル
2走続けて重賞好走しているが、流石に古馬と同斤量の58Kは厳しいのでは。馬体が小さいだけに、一層堪えそうだ。


9番ヴァーゲンザイル
近走は廻って来るだけ。ここも厳しい。


10番グレナディアーズ
JRAから転入後、パッとしない。「後ろから行って届かず、、、」を繰り返しており、今回も同様となりそう。


11番ディアドムス
前走はJRAからの転入初戦で、ひとまず格好を付けた。JRA在籍時、川崎や福島などで勝利しており、小回りが合わないということは無さそうだ。




【最終結論】
◎はオウマタイム。明らかに展開に恵まれそうで、逃げ切りに期待。


▲はセイスコーピオン。確かに近走は冴えないが、昨秋はケイアイレオーネらを破って重賞を2つも勝った実力馬。復活が有ってもおかしくない。


〇はタイムズアロー。枠・展開・騎手を考えると、連覇は十分あり得る。


以下、浦和巧者のハーキュリーズ、転入2戦目の上積みが見込めるディアドムス、捲って2~3着なら可能性が有るタマモネイヴィーを抑える。


◎オウマタイム
▲セイスコーピオン
〇タイムズアロー
△ハーキュリーズ
△ディアドムス
△タマモネイヴィー

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!


 
今日は私の一口馬情報を掲載する。


【レーツェル】
10/7に伊藤大厩舎へ戻って来た!
放牧先から戻る直前の馬体重は488キロ(+14)。
当面の目標は、11/4のきんもくせい特別(福島芝1800)とのこと。

帰厩後の状態は、カイバ食いがひと息で毛ヅヤや体つきがイマイチらしい。
まずはケアを重点的に行うため、胃薬等の使用も考えつつ下地づくり中だそう。

ただ、脚元などは問題なく、歩様も気にならないそうで何よりだ。
徐々に調教のピッチを上げていく予定とのこと。

精神面に課題がありそうだが、まだ2歳。肉体面に問題が無いのは嬉しい。
しっかり調整して、勝利して欲しい!!




【サンフレイム】

9/17の高知1Rに出走して5着(6番人気:2.4差)。
9/30の高知12R(ファイナルレース)に出走して7着(5番人気:2.9差)。
10/14の高知3R(葉ゴボウのきんぴら特別)に出走して4着(4番人気:0.8差)。

連戦になっているが、よく頑張っている。




【ホールロッタラヴの2016】

9/7にNF早来へ移動した後、ウォーキングマシンでの運動と馬房内での鞍付けや騎乗馴致を実施中。
担当者の方曰く、「一見するとやや重たさを感じさせるフォルムだが、跨って歩様の感触を確かめると印象は一転し、関節の可動域が広く、素軽い動きでグングンと進んでいく」そうだ。
ベダボメ♪

馬体重も8月と比較して+11の436キロ。順調にいって欲しい!!

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




【レース展望】
先日、独自ドメインを取得して、URLがまた変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。
(当面、前のURLから自動転送されます)



今日は秋華賞を予想する。
10年以上ぶりに平地G1を現場(競馬場)で見る。
友人とみるのは初めてかも。そんなときだからこそ、是非とも当てる!!!


心配された天気だが、土曜は雨が降らず。
ただ日曜は降水確率が一日中50%前後であり、馬場がどうなるのか読むのが難しい。
そして重馬場経験の馬が4頭しかおらず、非常に悩ましい。

過去5年の結果を見ると、馬券内に来た15頭中、前走掲示板外だった馬は1頭のみ。
この条件で選ぶと、有力馬がかなり消えてしまう。。。。

レース展開は、アエロリットとカワキタエンカのうちどちらかがハナを切りそうだが、競る事は無さそうだから、そこまでペースは上がらないだろう。京都芝2000は内回りコースを使う、小回りのレース。立ち回り力が重要だ。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番アエロリット
NHKマイルCを勝ち、前走も古馬相手に完勝。枠も良く、嫌う要素が少ない。後は初の2000の距離がどうか。


2番ラビットラン
前走で鮮やかに差し切り、重賞制覇。ただ、今までの勝利は広いコースでのもの。この枠から前走と同様に脚を使えるか、疑問。


3番ブラックオニキス
2歳時の北海道シリーズまでは好走していたが、その後はサッパリ。前走も4着とはいえ、3着馬とは離れていた。ここも厳しい。


4番モズカッチャン
3走前に重賞を勝ち、オークスで2着。更にMデムーロは怖いのだが、前走、馬体重増などが影響したにせよ見せ場なく負け。一変はどうか。


5番ブラックスビーチ
2走前・前走とも、大敗。このレースは、ディープインパクト・キングマンボの血統が非常に相性良く、この馬は双方を兼ね備えているのだが、、、、


6番メイショウオワラ
今夏、古馬相手に1000万下にて勝利。前走も5着に踏ん張っているし、重馬場で2勝。非常に面白い存在。


7番リスグラシュー
オークス以外は全て馬券内に来ている安定株。勝ち切るまでは疑問も、大崩れは無さそうだ。


8番カワキタエンカ
好走した時は逃げた時なので、何が何でもハナを切りたい。ただ、前走でこの馬に騎乗した横山典が、今回はアエロリットに乗る。当然、横山典はこの馬を知っているから、思い通りの競馬をさせてもらえるか非常に微妙。


9番ハローユニコーン
2走前・前走とも、大敗。一変も困難だろう。


10番タガノヴェローナ
流石に初芝がG1の舞台では、厳しい。


11番ミリッサ
今夏、古馬相手に1000万下にて勝利し、前走は直線で行き場を失いかけながらも4着に健闘。初の2000という課題は有るが、兄弟姉妹が大活躍しており、未知の魅力がある。


12番レーヌミノル
桜花賞馬。とはいえ、オークスでは完敗し、前走も9着。巻き返せるかどうか。


13番リカビトス
異なる距離・競馬場・騎手にも関わらず、上がり最速にて3連勝。異例のローテだが、鉄砲実績も有るし、取捨に迷う一頭。


14番ディアドラ
重賞を含めて2連勝中。しかも、どちらも小回りの2000を勝っている。乗り代わりも、ルメールなら問題無し。外枠でもうまく乗ってくれるだろう。


15番ヴゼットジョリー
前走、古馬混合戦で5着(0.5差)とまずまずだったのに、前売り時点でダントツのシンガリ人気、、、、。馬体重が回復し、叩き2戦目の上積みが見込めそうなのに、この人気。非常にオイシイのでは。


16番ファンディーナ
皐月賞以降、リズムが狂っている様子。前走増えた馬体重は調教後も変わっていないし、買う材料に乏しい。


17番ポールヴァンドル
今夏、古馬相手に1000万下にて勝利し、前走は上がり最速で2着に健闘。今回はメンバーを考えると前に行きそう。展開の利が見込める。道悪実績も有るので、馬場悪化は歓迎。後は外枠をどう克服するか。


18番カリビアンゴールド
2戦連続2着と好調、ポールヴァンドルと接戦中だが、さすがに大外は距離ロスが大きい。




【最終結論】
◎はメイショウオワラ。前走の敗因は決め手の差。今回は好枠からロスなく立ち回れば、十分勝負になる。道悪になれば、更に良い。


▲はヴゼットジョリー。重賞を勝っており、前走古馬相手に善戦した馬が、この人気で買えるのは非常に魅力的。枠は外目だが、前に行けるので心配ないだろう。


〇はディアドラ。騎手や内回り経験を考えると、この馬が上位陣で一番安定している。


以下、堅実に走るリスグラシュー、鞍上が怖いモズカッチャン、古馬に完勝した実績に敬意を表してアエロリット、騎手は不安だが魅力たっぷりのミリッサを抑える。


◎メイショウオワラ
▲ヴゼットジョリー
〇ディアドラ
△リスグラシュー
△モズカッチャン
△アエロリット
△ミリッサ

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



先日、独自ドメインを取得して、URLがまた変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。
(当面、前のURLから自動転送されます)



毎週金曜日恒例の、大庭和弥騎手の騎乗結果・予定だ。

今週末の更新予定について連絡します。
土曜の昼までに競馬ブログランキングで、府中牝馬Sの予想を実施予定です。
また、日曜の昼までに秋華賞の予想を載せます。
秋華賞は、久々に平地G1を現場(競馬場)で見るので、楽しみ!!



【先週の結果】
10月7日(土)東京競馬場
4R(障害)
ドリームパワー:-
12着/10番人気(10.1差)


10月8日(日)東京競馬場
7R
プラグドワグナー:-
13着/14番人気(3.0差)


10月9日(月)東京競馬場
なし


平地の成績:(、19)
障害の成績:(、16)


【短評】
ドリームパワー:好枠から前に出していったが、徐々に下がって2週目3コーナーでは最後方、そしてそのまま最下位。相当な差がついており、厳しい。。。。

プラグドワグナー:先行するも3~4コーナーで早くも手が動き、直線ではズルズルと下がる一方。未勝利の身で500万下への格上挑戦だったから仕方ない。前に行けたように成長はしているのだが、、、、



【今週の予定】
10月14日(土)東京競馬場
なし


10月15日(日)東京競馬場
なし



3場開催なのに、現場で大庭を観られないのは残念だ。

それ以上に、メドウヒルズの抹消が本当に残念。両脚屈腱炎とは、、、、

↑このページのトップヘ