ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東重賞・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。








≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:交流重賞予想・一口馬


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎→印・▲→印への馬連流し
◎▲→印・◎〇→印・▲〇→印への3連系馬券流し




先月の繰り返しだが、再度ご連絡。
先日、独自ドメインを取得して、URLが変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。

これを含めて、現在改装工事中。
見苦しい点があると思うが、しばらくご容赦ください。
なお、競馬ブログランキングでは、京成杯オータムハンデの予想も実施済です。


【レース展望】
今日はセントウルSを予想する。
このレースは展開が重要。今回のメンバーを見ると、逃げ・先行馬が手薄。近5走、オープンクラスの1200で逃げ・先行して好走した馬は、アルティマブラッド・ファインニードル・フィドゥーシアのみ。近9走まで遡っても、これらにスノードラゴン・ラヴァーズポイント・ダンスディレクターが含まれるだけ。明らかにペースが上がりそうになく、前に行く馬が有利になりそう。
実際、過去5年の結果を見ると、前半3ハロン33秒を切った2014年以外は、『3勝している逃げた馬』を含めた、『4コーナー5番手以内の馬』が馬券内に10頭(全12頭中)も来ている。


阪神の開幕週に行われる本レースは、毎年早い時計での決着となっている。
土曜日も早い時計・早い上がりが出ており、前に行ける馬或いは内で立ち回れる馬を中心に選びたい。




【出走全馬ワンポイント評価】
1番アドマイヤゴッド
持ち時計が無いのは辛いが、ここ数戦、凡走と好走を繰り返している。今回は好走の番?
絶好の最内枠を引いたのと、ヘタクソなティータンから乗り代わるのもプラス。


2番メラグラーナ
外目をスンナリ進めたレースが多かった為、良積を重ねてきたが、前走は内枠で見せ場無しだった。今回も内枠を引いてしまい、前走の二の舞になりそう。


3番アルティマブラッド
準オープン以上での好走歴は中山でのものが示す通り、坂のあるコースがあっている。早い上がりが使えないので、思い切って逃げたい。


4番ツィンクルソード
この馬の好走パターンは、ズバリ外差し。内枠でかつ開幕週の外差しが利き辛い馬場ではチャンス薄。


5番プレイズエターナル
ハマれば後方からズバっと差し切ることのできる末脚を持っている。ただ、好走歴が平坦コースに集まっているのと、開幕週で後方から差すのは困難。


6番ラインミーティア
前走は鮮やかに差し切ったが、距離が1200に延び、開幕週で走るにあたって前走の再現をするのは困難。


7番ファインニードル
2走前に好時計で準オープンを勝利。前走は直線で窮屈なポジションとなったが、最後まで良く伸びていた。デキが維持されていれば、引き続き有望。


8番ワキノブレイブ
叩き良化型であり、鉄砲実績が無い。ここは厳しいだろう。


9番ミッキーラブソング
この馬も叩き良化型。しかも1400に良績があり、開幕週で1200のスピード勝負は厳しいのでは。


10番ワキノヒビキ
昨今のスプリント路線はレベルが低くてレース毎に勝ち馬が変わっているが、それでも準オープンからの挑戦となるこの馬が通用するかというと別問題。


11番スノードラゴン
9歳でダートを中心に使ってきた馬が、開幕週のスピード勝負に対応できるのは困難だろう。


12番ラヴァーズポイント
最近凡走続きだが、実は昨年の3着馬。また、凡走の原因も、極端な枠を引き続けているのが一因だろう。ここは先行馬が少なく、外からスンナリと自分のペースでいけそうで、昨年の再現があり得る。


13番ダンスディレクター
力はあるのだが、なかなか順調に使えない。目標はスプリンターズSだろうし、春のように高松宮記念を断念するのは避けたいだろう。だからここは叩き台で、無理しない可能性が大。


14番フィドゥーシア
近走、短距離で先行し、良積を残している。ここも外からスムーズに走れそうで、崩れることは考えづらい。不安が有るとすれば鞍上か。



【最終結論】

◎はラヴァーズポイント。上記で書いた通り、久々にこの馬らしい先行策が見られそう。


▲はアドマイヤゴッド。過去5年、逃げたハクサンムーンを除くと、勝った馬は内枠の馬ばかり。中でも最内枠は2勝している。内を利して、なるべく前に付けられれば。


〇はファインニードル。Mデムーロ騎乗で前に付けてくれそうだし、2走前に同距離同コースで好時計勝ちしたのが光る。


以下、近走安定しているフィドゥーシア、重賞2勝の実績は上位のダンスディレクター、先行してそのまま残りそうなアルティマブラッド、末脚の破壊力だけはあるプレイズエターナルを抑える。


◎ラヴァーズポイント
▲アドマイヤゴッド
〇ファインニードル
△フィドゥーシア
△ダンスディレクター
△アルティマブラッド
△プレイズエターナル





毎週金曜日恒例の、大庭和弥騎手の騎乗結果・予定だ。
なお、明日の昼までに、競馬ブログランキングで、紫苑Sの予想も実施予定です。


【先週の結果】
9月2日(土)新潟競馬場
なし


9月3日(日)新潟競馬場
1R
アシェット:△
8着/13番人気(1.1差)
4R(障)
メドウヒルズ:▲
1着/1番人気(-0.2差)


【短評】
アシェット:大外を回った分届かなかったが、それでも着差はそこまで悪くなかった。
もう少し差しが効く馬場ならば、更なる前進が見込めそうだ。


メドウヒルズ:ついに今年初勝利!
この馬自身もマイペースで終始先頭を譲らず、最終障害後に後続を突き放して障害初勝利。
レース後のコメントでは、「コーナーでは、左にモタれるところがあるので、あとは右回りでどうなるか」と言ったそうだが、それ以上にこの馬の良さは、前に行ける脚があることと、折り合い面に全く心配がない事だ。そして平地の脚があることも強み。今後、好位や馬込みにおいても同じように好走出来れば、先々が本当に楽しみ。無事にいってほしい。


平地の成績:(、14)
障害の成績:(、14)




【今週の予定】
9月9日(土)中山競馬場
なし


9月10日(日)中山競馬場
4R
オビシャ:△


【短評】
オビシャ:ヴァーミリアン×エンドスウィープと、血統だけ見るとダート1800にピッタリ。
兄弟や近親は地方や中央ダートで勝っているので、一発あってもおかしくないかも。





【レース展望】

今日は戸塚記念を予想する。
まずこのレースは黒潮盃と関連が強く、過去5年、前走黒潮盃を使った馬が9頭も来ている。そこでの着順は不問。黒潮盃で凡走した馬にも注意が必要だ。その他、条件戦を使ってここで馬券内に来た馬は4頭。いずれも前走で勝利していた。後は東京ダービーorJDDを使った馬が2頭。今年のメンバーもこれでだいぶ絞れるのでは。


最大のポイントは、展開だ。コーナーを6回廻る川崎2100はペースが落ち着きやすく、前残りが発生し易い。現に、過去5年、馬券内に来たのは、4コーナーで6番手以内だった馬のみ。近3年は更に前残り傾向が強まっており、4コーナーで4番手以内だった馬のみしか馬券内に来ていない。近走、少なくとも4コーナーで5番手くらいまでに進出できていない馬は、かなり厳しい。



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番キャッスルクラウン
クラシック路線を歩んだが成績が芳しくなかった。前走も3着とはいえ勝ち馬とは差があり、ここも厳しそう。


2番ケンネプチューン
前走は完敗だが、2走前、古馬に完勝している。この日、キングガンズラングが同距離同コースで古馬に完勝しているが、勝ちタイム等はこちらのほうが上だった。先行できるし、狙って妙味有り。


3番カンムル
前走は人気薄で好走したが、東京ダービーでも5着だったし、馬体の回復が好走につながったよう。その馬体維持と、前にいけるかどうかがカギ。


4番クラトリガー
クラシック路線で善戦した能力は買いだが、冒頭のとおりこのレースは後方からでは辛い。今回は厳しいのでは。


5番オリジナルポイント
枠の並び順で、この馬がハナを切れそう。2走前には古馬相手に逃げ粘っており、単騎でいけるならば前残りがあってもおかしくない。


6番ブラウンレガート
クラシック路線の走りを見ると、他馬より能力が抜けている。乗り代わりとなるが4走前に経験しているし、川崎実績もある。堅軸だろう。


7番シェアハッピー
前走は大敗したが、2走前の東京ダービーで4着に健闘。あの時のように先行して脚を溜める事ができれば、巻き返しは十分ある。


8番ラッキーモンキー
3走前に、川崎の重賞にて3着がある。とはいえ差はかなりあったし、一連の成績を見るとここでは厳しいのでは。


9番セイジーニアス
5走前に、川崎の重賞にて2着がある。とはいえ差はかなりあったし、一連の成績を見るとここでは厳しいのでは。


10番サイバーエレキング
この馬の好走条件は、4コーナーまで被されずに逃げor先行できるかどうか。今回は隣のキャプテンロビンらが途中から被せてきそう。厳しい。


11番キャプテンロビン
トライアルを含めて2連勝中と勢いがある。また先行力もあるため、ここでも好走できそうだ。


12番ブライトサーベル
前走は案外だったが、2走前の勝ち時計は、キャプテンロビンと比較すると非常に優秀なもの。ジャングルポケット×スペシャルウィークという血統からも、距離が伸びて良さがでそう。


13番サヴァアルジャン
近走、大敗続き。ここも厳しい。


14番キングガンズラング
羽田盃以外はオール連対しており、前走も古馬に完勝。大外枠は痛いが、被されることが無さそうなのでプラスに捉えることもできる。



【最終結論】
◎はシェアーハッピー。出走中唯一の牝馬がここで復活しそう。あとは馬体が絞れてくれれば、なお良い。


▲はオリジナルポイント。近2年は逃げた馬が連対している。逃げ馬は大敗後のほうが怖い。また、川崎実績もある。


〇はブラウンレガート。死角が少ないし、能力や実績も申し分ない。


以下、連勝の勢いを買ってキャプテンロビン、まだ底を見せていないキングガンズラング、2走前の勝利を評価してケンネプチューン、馬体が維持できていれば再度の好走もあり得るカンムル抑える。


◎シェアハッピー
▲オリジナルポイント
〇ブラウンレガート
△キャプテンロビン
△キングガンズラング
△ケンネプチューン
△カンムル





先々週の繰り返しだが、再度ご連絡。
先日、独自ドメインを取得して、URLが変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。

これを含めて、現在改装工事中。
見苦しい点があると思うが、しばらくご容赦ください。
なお、競馬ブログランキングでは、小倉2歳Sの予想も実施済です。


【レース展望】
今日は新潟記念を予想する。
今年行われた新潟芝外回りの重賞(新潟大賞典・関屋記念・新潟2歳S)の結果を見ると、以下のとおりかなりの確率で前残りとなっている。直線が長いので差しや追い込みが決まると思いきや、真逆の結果だ。

新潟大賞典:6番手の馬が1着、2番手の馬が2着。
関屋記念:逃げた馬が1着、2番手の馬が2着。
新潟2歳S:逃げた馬が2着、2番手の馬が1着。
(いずれも4コーナーでの位置取り)

今回のメンバーを見ると、逃げ・先行馬が手薄で、同様の結果になりそうだ。
以上をふまえ、前に行く馬を中心に選びたい。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番タツゴウゲキ
前走はうまく立ち回って重賞制覇!外回りはプラスと言えないが、最内枠を活かしてうまく立ち回ることができれば。サマー2000優勝への本気度が有るだろうけど、斤量が3キロ増となるのはマイナス。


2番ルミナスウォリアー
こちらも前走は外から捲って重賞制覇!昨年5着も0.3差、直線の長いコースにも良績があるので後ろ過ぎなければ。
サマー2000優勝への本気度が有るだろうけど、斤量が2キロ増となるのはマイナス。乗り代わりもプラスとは言えない。


3番シャドウウィザード
準オープンからの挑戦で軽ハンデは魅力だが、後方からのレースが多い為、届かない可能性大。


4番ロッカフラベイビー
準オープンを勝利して勢いは有るが、こちらも後方からのレースが多い為、届かない可能性大。


5番ロイカバード
準オープンからの挑戦だがハンデを課せられているとおり、力は有る。ただ、こちらも後方からのレースが多い為、届かない可能性大。


6番ハッピーモーメント
鉄砲実績が有り、かつ先行できるのが売り。「スパッと切れないディープインパクト産駒」が、2年前の当レースの勝ち馬のパッションダンスに被る。


7番カフジプリンス
非常にズブいスタミナ型の馬。新潟での上がり勝負に勝てるイメージが無い。


8番フルーキー
近走冴えない成績のようだが、昨年・一昨年の新潟大賞典で好走しており、新潟外回りは合ってそう。2・3着ならば十分可能性大。


9番スピリッツミノル
先行できるのは魅力だが、出足が鈍い為、近走はそこに至るまで一苦労。他馬が前に行くのを許してくれれば良いのだが、、、、


10番ソールインパクト
準オープンからの挑戦で軽ハンデは魅力。また、どんな条件でも善戦できる。なかなか勝ち切れないが、、、、。この馬も「スパッと切れないディープインパクト産駒」だが、ハッピーモーメントのように先行できないのが辛い所。


11番アストラエンブレム
今回のメンバーだと、前走のようにMデムーロが位置を取るだろうから、好走の期待大。但し、初の2000メートルがどうでるか。最後の最後に響くかもしれない。


12番マイネルフロスト
先行できてコース実績も有り、近走の調子も良い。しかも、逃げ馬が実質的に同馬主なので、隊列やペースが組み立て易い。2番手から抜け出せそうで、一番信頼できる。


13番トーセンバジル
末脚命の馬なので、届かない可能性大。重賞好走歴が有るけど、いずれも1着馬からは離されている。


14番ラストインパクト
近走イマイチな上にトップハンデは痛い。


15番マイネルスフェーン
5走前に今年のダービー馬のレイデオロの2着があるし、軽ハンデは魅力だが、後方からのレースが多い為、届かない可能性大。


16番トルークマクト
スムーズに外から末脚を活かせば好走できる馬。ただ、今の馬場はそうなっていないし、後方からでは、届かない可能性大。


17番ウインガナドル
見え見えの単騎逃げとなりそうだが、他に先行馬が少ないのと、直後に付けるであろう馬が実質的に同馬主のマイネルフロストだろうから、好走の可能性大。勝ち鞍が、東京・新潟外回りと直線の長いコースで、前走より条件が好転しそうだ。



【最終結論】

◎はハッピーモーメント。上記で書いた通り、前に2頭を行かせて先行できそう。前走に引き続き、この馬の良さであるしぶとさが発揮できそうだ。


▲はウインガナドル。ノビノビと逃げられそうで、怖い一頭。


〇はマイネルフロスト。今年の新潟大賞典に引き続いて、好走が見込める。展開の利が一番ありそうなのが最大の売り。


以下、コース実績の有るフルーキー、Mデムーロが怖いアストラエンブレム、善戦マンのソールインパクト、前に行ければ残り目もあるスピリッツミノルを抑える。


◎ハッピーモーメント
▲ウインガナドル
〇マイネルフロスト
△フルーキー
△アストラエンブレム
△ソールインパクト
△スピリッツミノル




まず、お知らせ。
競馬ブログランキングでは、札幌2歳Sの予想も実施済です。
是非ご覧いただきたい。




今月より、大庭和弥騎乗予定に加えて、私の一口馬情報を掲載する。
といっても、今の現役馬はキャロットクラブのレーツェルのみであるため、基本は月1くらいの更新になりそう。

後は、元一口馬のサンフレイムの事も書く。彼女は今、高知で頑張っている。
月1~4ペースになっているが、よく走っている。長く現役を続けて欲しい!

私の一口馬が所属するキャロットクラブは、能力や将来性の有るノーザンファーム生産の馬を、お手軽な値段で所有する事が出来る。毎年G1馬を輩出していて、国内や世界を席巻。実績馬も多数だ。
例えば、今年のダービー馬であるレイデオロとか。
初めて一口馬にトライする人におススメだ。




【レーツェル】
7/2の新馬戦を快勝した後、左トモに血腫が出たようで、現在NF天栄で放牧中。
その後、切開をして中身を抜き、経過は順調なよう。無事で何よりだ。
調教については、トレッドミル調整を続けているそうだが、ようやく今週から軽めのキャンターが始まったようなので、これから復帰に向けて調整されるだろう。
20キロ以上増えているようなので、次走はいつになるか。。。。
しっかり治しつつ、乗り込んでほしい。

それにしてもこの新馬戦。持ち馬初のJRA新馬勝ちで、本当に嬉しかった!!
マスコミの評価もまずまずだったし、、、。

実は彼女、中央勢の同期の中で最安値だった。競馬は値段じゃない事を再確認。 



【サンフレイム】
8/19の高知6R(C2-5)に出走して4着(2番人気:0.2差)。
流れ一つで勝利は間近。良馬場のほうが良さそうなので、高気圧に頑張ってもらいたい。



03_320x100
さて、私の一口馬が所属するキャロットクラブが、今年の募集馬カタログを送付してくれた。
申込みが昨日~7日と短いため、皆さん頭を悩ませながら検討中だと思われるが、今日は私なりの選定基準について紹介したい。

馬選びは非常に難しく、プロの方々でも「よくわからない」というコメントが多数ある。
そんな中、我々素人は、どうやって『走る馬』を見つけ出せばよいのか。
本日は、私なりの馬選びの基準をお伝えする。
馬選びで迷っている方に、参考になれば幸いだ。
一応この手法を用い続けてここ数年、選んだ馬は1勝以上してくれている。

馬体診断など、馬の写真を使ったりするような難しい基準ではないので、安心して欲しい。



【馬の選定方法】
1 価格が50000円以下の馬を選ぶ
まぁこれは各自のお財布事情で。


2 母が消耗していない馬(できれば未出走)を選ぶ
これ、私の中ではかなり重要。
統計があるわけではないが、「多くのレースを走り、消耗した馬」よりも「レースで走ることはなかったが、消耗せず、血統などに魅力があって繁殖入りした馬」のほうが、良い仔を出す場合が多いと思う。
なお、初仔は身体が小さくでることが多いので、あまりオススメしない。
また、母が良績を残している場合は、仔の値段が高くなる傾向がある。お財布との相談だ。


3 NF出身の馬を選ぶ
日本最大の生産牧場には、当然良い馬が多くいる。


4 早生まれの馬を選ぶ
具体的には、生年月日が1~3月の馬を選ぶ。特にJRAでは、まず1勝しなければ引退となってしまう。早く生まるということは、完成する時期も早いという事。それだけ他馬より完成度が高く、勝ちあがる確率が上がるというわけだ。


5 馬体重が430キロ以上の馬を選ぶ
感覚論だが、小さすぎる馬(430キロ未満)は調教をやる度に体重が減ってしまって、強い負荷がかけにくくなると感じている。もっとも、大きすぎる馬(530キロ以上)も、脚元に負担が掛かりすぎて調教しづらいので、ほどほどが重要。


6 近親が活躍している馬を選ぶ
特に兄弟姉妹が活躍していると、同じように活躍する可能性が高くなる。但し価格も高くなるため、これもお財布との相談だ。


7 母が若い馬を選ぶ
これも感覚論だが、母馬が若い時に生まれた仔の方が体質が強いと感じている。年齢が5~15歳くらいの母を持つ馬が良い。


8 新種牡馬ではない馬を選ぶ
種牡馬については好みの問題があるが、特に新種牡馬においては指標となるものがないので、リスクが大きい。性格がマジメなのか荒いのか・仕上がりやすいのか晩成なのか・芝向きかダート向きか等、不明点が多過ぎる。価格も、傾向などを踏襲しているとはいえないので、割高になる可能性がある。



以上をふまえ、私も申込済みだ。
当選結果は後日報告予定!!
02_320x100

↑このページのトップヘ