ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東重賞・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。








≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:交流重賞予想・一口馬


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎→印・▲→印への馬連流し
◎▲→印・◎〇→印・▲〇→印への3連系馬券流し





ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!




今日は私の一口馬情報を掲載する。


【レーツェル】
引き続きNF天栄で放牧中。
今は、トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行い、日によっては坂路でハロン14~15秒のキャンター調整を行っているそう。坂路で15-15を取り入れ始めており、15-14くらいのペースで登坂することもあるようだ。また、年末に伊藤調教師も見に来たそう。

体調自体には問題がないので引き続き調整をしているが、カイバの食いもまずまずで、このまま順調に乗り込んでいこうとしているようだ。
復帰戦、いつどこになるか不明だが、来年が本当に楽しみだ。とにかく無事に。


キャロットクラブの3歳世代(JRA所属のみ)で、現在オープン入りしているのはアンフィトリテとレーツェルの2頭のみ。どちらも募集価格が非常に安かったのだがが、その2頭が同期の頂点とは、、、、競馬は本当に面白い。



【サンフレイム】
12/12の高知2R(C2-6)に出走して4着(6番人気:1.9差)。
12/30の高知2R(C2-7)に出走して3着(5番人気:0.2差)。

年末まで本当にお疲れ様です、、、、



【ホールロッタラヴの2016】
引き続きNF早来で放牧中。
現在はウォーキングマシンでの運動と週3回は周回コースでキャンター1800m、週1回は屋内坂路コースでハロン18秒のキャンター1本の調教を行っているよう。少しずつペースや量が上がってきた。

至って順調で、乗り込み量に比例するようにその走りには力強さが加わってきているよう。乗り味にはいいモノがあり、もう一回り体が大きくなってくればキャンターの質はさらに高まってくるそうだ。


馬体重も8月と比較して+38の463キロ。順調にいって欲しい!!



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!







ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



昨日の報知オールスターカップ予想は、〇△△でハズレ。
初当たりは週末のJRAまでお預けか、、、。


今日は、先日行われた東京2歳優駿牝馬の回顧を。
後は、持ち馬の近況もアップする。



【上位馬着順(コーナー通過順)着差】

1着:▲グラヴィオーラ5-5-2-2
2着:〇ストロングハート4-4-3-3)1 3/4
3着:ゴールドパテック(9-8-7-5)クビ


【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
1:42.9(40.4):曇・良
12.4-11.7-13.1-12.9-12.4-13.3-13.8-13.3




参考:2016年:晴・稍重
1:42.640.2
12.1-11.7-13.0-12.9-12.7-13.7-13.5-13.0

1着:ピングドッグウッド(3-3-1-1
2着:アップトゥユー(4-4-2-2)3
3着:アンジュジョリー(14-14-12-11)4


参考:2015年:晴・良
1:42.439.3
12.3-12.2-13.5-12.8-12.3-13.0-13.0-13.3

1着:モダンウーマン(3-3-3-2
2着:リンダリンダ(11-11-6-4)1 1/2
3着:ミスミランダー(9-9-8-8)3/4



大井競馬場では頻繁に砂の入れ替えを行っている。
どこまで参考になるか不明だが、過去2年との比較を行っている。



今年・昨年・一昨年共、中盤でペースが落ち着かず、最後の3ハロンは我慢比べとなった。
2歳戦、ましてや牝馬同士の一戦は、レースが安定しないのだろう。



次に、それぞれのレース当日に行われた、同じ1600のレースタイムを比べてみる。
今年はオープンクラスより2.8遅く、C1クラスより1.2早い。
昨年はC1クラスより1.9早い。
一昨年はオープンクラスより1.3遅く、C1クラスより0.8早い。


ペースなどの違いもあるだろうけど、昨年>=今年>>一昨年といったところか。



【レース分析】

スタート後、ベニアカリが出遅れ。ヴィブラビが外からハナへ行く。シングンレガシイが続き、更に外からエターナルモール・内からストロングハートが。その後からグラヴィオーラが追っていき、ゴールドパテックは中団前の内で脚を溜める。オールパステルは更に後方から。


3コーナー前からグラヴィオーラが外を通って2番手に上がり、先頭のヴィブラビに並びかけようとする。内に居たストロングハート・シングンレガシイは手が動き始める。その後ろからゴールドパテック・ポットジゼルが上がってきた。


直線はヴィブラビを交わしてグラヴィオーラが先頭に立つ。内を突いたストロングハート・内に進路を取ったゴールドパテックはジリジリとしか伸びない。外を通るシングンレガシイも、ヴィブラビを交わすのがやっと。グラヴィオーラが先頭をキープして、1着となった。





【上位馬・印上位馬 短評】
1着:▲グラヴィオーラ
馬体重が更に減っていて調整に失敗したと思ったが、早めに先団に取りつき、押し切った。根性ある走りで素晴らしいが、今後を考えるとまずは馬体重を回復すべき。


2着:〇ストロングハート
好位の内を進んだが、直線伸びず。マイルは微妙に長いのかもしれない。馬体重が回復したのは好材料。


3着:ゴールドパテック
中団から上がり最速で伸びたが届かず。南関東出身の牝馬クラシック路線の安定株となりそう。また、マイルやそれ以上の距離でも対応できそうだ。


8着◎オールパステル
上位馬が確り力を出し、格下の当馬の出番無し。御神本はソツなく乗っていたが、、、、



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!







ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



今年のレース予想は、今日の報知オールスターカップから!!



【レース展望】

今日は報知オールスターカップを予想する。
芝でもそうだが、ダートの長距離戦もリピーターが続出する。このレースも、バトードール(2015年3着・2016年2着)・カキツバタロイヤル(2013年3着・2015年2着)・スターシップ(2012年1着・2014年3着)らが、繰り返し好走している。
スピードや一瞬の切れが要求されづらい長距離戦は、高齢馬や長距離戦の得意な馬が台頭するのだろう。近走がダメでも、過去に当条件で実績の有る馬は要注意だ。


展開だが、枠順からメイジンがハナか。その後ろにスーパーステションが続きそう。
展開より重要なのは、このレースの特徴だ。出入りの激しい競馬になりやすく、過去3年の結果を見ても、


2017年:晴・良
1着:ケイアイレオーネ(5-5-5-6-2-1)
2着:クラージュドール(12-12-13-12-7-6)1/2
3着:タイムズアロー(3-3-3-3-3-3)クビ


2016年:晴・良
1着:グルームアイランド(10-10-10-9-6-5)
2着:バトードール(6-4-7-5-5-3)1
3着:ムサシキングオー(2-3-2-3-1-2)クビ


2015年:晴・良
1着:ドラゴンエアル(10-10-10-10-1-1)
2着:カキツバタロイヤル(7-7-5-5-8-6)1 1/2
3着:バトードール(13-13-12-12-6-3)2


と、2周目3コーナーの前からスパート合戦が始まる。
早めに動いてそのまま押し切ることができそうな、スタミナの有る馬を選びたい。



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番イッシンドウタイ
勝島王冠の予想でも書いたが、寒い時期と時計のかかる馬場は歓迎材料。休養前のJRAを含めた実績は、他馬に見劣りしない。


2番オメガスカイツリー
昨年の当レースで6着だったが、0.6差。前走も勝ち馬と0.1差だった。JRA時代にも長距離戦に実績が有り、好走の可能性は十分。


3番ディアドムス
前走の勝島王冠は、非常に強かった。交流重賞勝ちの力を取り戻してきたようで、ここも軽く扱えない。


4番メイジン
ハナを楽に切ることができそうだが、このレースは過去5年、逃げ馬が一度も馬券内に来ていない。厳しそうだ。


5番トロヴァオ
外枠で凡走し、内枠で好走する馬。今回は内枠なので、好走の番か。


6番オリオンザジャパン
JRAから南関東に転厩して4戦、いずれも大敗。ここも厳しそう。


7番クラージュドール
昨年の当レースで2着。前走、叩き2戦目を勝利して勢いをつけ、調子を上げて臨めるのが何より。


8番トーセンハルカゼ
近走、本当に安定して好走を続けている。地方転厩後、中長距離戦で実績が無いのだけが気掛かり。


9番スーパーステション
5連勝の勢いが有る。中身も濃く、前走のダービーグランプリは3歳同士とはいえ、高知最強のフリビオン(次走で古馬混合の高知県知事賞を完勝)・岩手で上位のベンテンコゾウ(次走で古馬混合の桐花賞を2着)らを破って勝利。ここでも通用しそうだ。


10番ストーンリバー
前走のダービーグランプリで3着だが、スーパーステションとは0.9差と開いた。取消明けだし、厳しそう。


11番ユキノスライダー
JRA障害から南関東に転厩して大敗続き。厳しい。


12番グルームアイランド
一昨年の勝ち馬だが、前走はメイジンに完敗し、3走前の東京記念では大敗。復活なるか。


13番ポイントプラス
2戦続けて3秒以上の大敗。厳しい。


14番キスミープリンス
前走のゴールドCは4着に健闘したが、0.6差と開いていた。当レースと同条件で勝利したことは有るが、4年前の話。流石に厳しいのでは。




【最終結論】
◎はクラージュドール。昨年の勝ち馬が不在ならば、当馬の台頭があるはず。鞍上も心強い。


▲はイッシンドウタイ勝島王冠の回顧でも書いたとおり、叩き3戦目で更に上積みがあれば、馬券内の好走も有り得る


〇はディアドムス。かつての力を取り戻せば、南関東で主役を張れる力は十分有る。ここも有望。


以下、内枠は大幅プラスのトロヴァオ展開は厳しいが力はあるスーパーステション、安定感が魅力のトーセンハルカゼ展開一つで好走も有り得るオメガスカイツリーを抑える。


◎クラージュドール
▲イッシンドウタイ
〇ディアドムス
△トロヴァオ
△スーパーステション
トーセンハルカゼ
△オメガスカイツリー


こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!






ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



先日行われた東京シンデレラマイルの回顧を。



初夢は、、、仕事をしていた。
初仕事は9日なので、まだ日があるのに、、、、



【上位馬着順(コーナー通過順)着差】

1着:ニシノラピート(1-1-1-1
2着:パーティードレス(13-13-9-9)5
3着:△グラスサファイア(10-10-11-11)1/2


【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
1.40.9(38.8):晴・良
12.5-12.1-12.6-12.5-12.4-12.7-13.0-13.1



参考:2016年:晴・重
1:42.7(39.7)
12.7-11.9-13.2-12.7-12.5-13.1-13.3-13.3

1着:トーセンセラヴィ(3-3-2-2)
2着:リンダリンダ(3-6-5-5)クビ
3着:サウンドトゥルー(3-4-4-3)1/2


参考:2015年:晴・良
1.41.2(38.2)
12.5-12.1-13.3-13.1-12.0-12.6-12.6-13.0

1着:ブルーチッパー(1-1-1-1)
2着:ララベル(2-2-2-2)アタマ
3着:ケンブリッジナイス(4-4-4-4)3 1/2



大井競馬場では頻繁に砂の入れ替えを行っている。
どこまで参考になるか不明だが、過去2年との比較を行っている。



一昨年は、前半・中盤がスローで流れ、上がりの競馬となった。
昨年は、乱ペースとなり、上がりが相当かかった。
今年は、澱みの無い流れとなり、勝ち馬以外は差し馬が台頭した。


次に、それぞれのレース当日に行われた、同じ1600のレースタイムを比べてみる。
今年はB3クラスより2.5早く、C2クラスより3.8早い。
昨年はC1クラスより1.5早く、C2クラスより2.5早い。
一昨年はC1クラスより2.0早く、C2クラスより3.6早い。



ペースなどの違いもあるだろうけど、今年>一昨年>>>昨年といったところか。



【レース分析】

スタート後、気合を付けてニシノラピートがハナへ。アップトゥユーが続き、外からステップオブダンスが続く。
内からトゥルームーンが4番手に付け、その後ろの集団にラインハートが居た。

ニシノラピートが軽快に逃げる中、3コーナー前からパーティードレスが外を通って上がっていく。2番手以降の馬は激しく手が動くが、ニシノラピートとの差は詰まらない。その間に、パーティードレスが更に上がり、内から外に切り替えたグラスサファイヤがその後ろへ。更にその外へ、ファイトユアソングが進出。

直線はニシノラピートが独走状態。その後方では、外から伸びたパーティードレスが2着を確保。3着争いは、グラスサファイヤ・ファイトユアソング・フジノドラマの3頭が横並びとなったが、グラスサファイヤが制した。




【上位馬・印上位馬 短評】
1着:ニシノラピート
距離が長そうだと思って切ってしまったが、的場の気合いの入った逃げで後続を完封。逃げて上がり最速ならば、後ろの馬は届かない。6歳牝馬が57Kでここまで素晴らしい競馬ができるとは、、、、


2着:パーティードレス
この馬の競馬はできたが、今日は勝ち馬が強かった。今後も展開が向けば出番はあるだろう。


3着:△グラスサファイア
道中は内を進み、4コーナーで外に切り替えて伸びて来る好騎乗。上がりはニシノラピートと並んで最速、馬体も-12Kでしっかり仕上げたのだろう。


着:▲アップトゥユー
ニシノラピートにハナを取られた時点で勝負あり。粘ってはいるのだが、、、、



〇ラインハート
ここ2戦より前につけて、4コーナーで前に迫ったが、返って脚を無くした印象。脚を溜めた方が良いのだろうけど、そうなると今後も展開に左右されることになりそうだ。


9着◎プリンセスバリュー
インをキープして距離ロスなく進めたが、前に行けず、直線も伸びず。疲れがあったのだろうか。



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!







ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



今日は、先日行われた東京大賞典の回顧を。
あともう一つ、東京シンデレラマイルの回顧も行う。これは起床後に。



昨日の初詣。おみくじを引いてみたら、末吉、、、、
別の神社でもう一度引いたら、吉。
とりあえず、まずまずか。昨年は大吉がでたのだが。。。。

今年は、「おみくじ以外の所に運が巡る」と、前向きに考えている。



【上位馬着順(コーナー通過順)着差】

1着:△コパノリッキー1-1-1-1
2着:▲サウンドトゥルー(11-10-8-8)3
3着:〇ケイティブレイブ(2-2-2-2)2 1/2


【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
2:04.2(37.1):晴・良
12.2-11.1-12.2-13.0-12.8-12.9-12.9-12.6-11.7-12.8




参考:2016年:晴・重
2:05.836.3
12.8-12.3-12.8-13.7-13.2-12.5-12.2-12.4-11.6-12.3


1着:アポロケンタッキー(3-3-3-3
2着:アウォーディー(2-2-2-2)1 1/2
3着:サウンドトゥルー(5-5-4-4)クビ


参考:2015年:晴・良
2:03.037.8
12.6-11.9-12.2-12.5-12.1-11.9-12.0-12.6-12.3-12.9

1着:サウンドトゥルー(7-7-6-5
2着:ホッコータルマエ(2-2-2-2)1 3/4
3着:ワンダーアキュート(3-3-4-3)6


大井競馬場では頻繁に砂の入れ替えを行っている。
どこまで参考になるか不明だが、過去2年との比較を行っている。



一昨年は前半・中盤でペースが緩まず、上がりがかかってサウンドトゥルー向きの展開となった。
昨年は逆に前半・中盤でペースが上がらず、先行有利の上がりの競馬となった。

今年は、前半こそ早かったが、中盤でペースが緩み、先行した2頭が馬券内に来た。


ペースなどの違いもあるだろうけど、一昨年>>>今年>>>昨年といったところか。



【レース分析】

スタート後、コパノリッキーとケイティブレイブが競り合っていくが、最終的にコパノリッキーがハナへ。インカンテーションが続き、その後ろからミツバ・ロンドンタウン。
ヒガシウィルウィンはその後ろで、サウンドトゥルーやアポロケンタッキーは後方から。

3コーナーからケイティブレイブが差を詰め、バルダッサーレが上がって行く中、コパノリッキーは後続との差を開いていく。むしろ、ケイティブレイブらのほうが手の動きが激しくなる。この間に、サウンドトゥルーは外を回して先頭との差を詰める。


直線はコパノリッキーの独走状態。ケイティブレイブが2番手で粘る中、外からサウンドトゥルーが差して2着へ上がる。コパノリッキーの強さが際立った一戦だった。
これでコパノリッキーは史上最多のG1/Jpn1・11勝。有終の美を飾った。




【上位馬・印上位馬 短評】
1着:△コパノリッキー
好枠を引き、ケイティブレイブと競ったが迷わずハナへ。気分よく良いペースで逃げ、最後は突き放した。引退レースとは思えないくらいの完勝。
今考えると、JBCスプリントを使ったのは、かつてのスピードを取り戻そうとしたためなのだろうか。。。。


2着:▲サウンドトゥルー
この馬の競馬は出来たし、上がりもダントツの最速なのだが、相手が強かった。衰えが無さそうなので、来年以降も適条件で期待。


3着:〇ケイティブレイブ
決め手がないので、善戦するけど勝ち切れない。逃げた方が良いと思うが、、、、コパノリッキーが引退するので、ハナに拘るのが容易になると思う。


着:◎ミツバ
内で包まれ、砂を被って揉まれて、力を出せず。相手も強かった。




こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!



↑このページのトップヘ