ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東重賞・交流重賞の穴予想や詳細回顧を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定とキャロ一口馬の事も。 転職できましたので、経過や役立つ情報もまとめています。








≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:交流重賞予想・一口馬


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎→印・▲→印への馬連流し
◎▲→印・◎〇→印・▲〇→印への3連系馬券流し

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



【レース展望】

今日はJBCレディスクラシックを予想する。
地方競馬の祭典、3つ全部当てるつもりだ!!!


クイーンマンボが回避して、一気に混戦模様となった当レース。
JRA勢6頭+ララベルの実質7頭立てだが、難解だ。


しかも展開が読みづらい。何が何でも行きたい馬がおらずスローの一団でレースが進みそうだ。
3連覇を狙うホワイトフーガが3コーナー付近から動くだろうけど、そこまでは淡々と行きそう。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。


【出走全馬ワンポイント評価】
1番ワンミリオンス
長期休養明け。力は有るだろうけど、、、、戸崎から福永への乗り代わりもマイナス。


2番ティルヴィング
前走のレディスプレリュードは5着と健闘したが、4着のララベルとは0.8差があった。厳しい。


3番プリンシアコメータ
牡馬混合準オープンの前走は1番人気で0.2差の4着と好走。3走前の同条件のレースでもタイム差無しの2着に好走しており、実力充分。好枠を引いて、好位でレースができそう。スローな展開も味方しそうだし、武豊も勢いが有る。


4番プリンセルバリュー
交流重賞で通用しておらず、今回も厳しい。


5番ホワイトフーガ
定量戦となり重斤量に悩まされることがないのはプラス。だが、スロー濃厚の中で3コーナー付近から捲ると、直線脚が無くなる可能性も。


6番ファイトユアソング
前走のレディスプレリュードは2.7差の7着。ここも厳しい。


7番アンジュデジール
先行勢を見ながら、良い位置から差せそう。力上位で侮れない。


8番ララベル
前走のレディスプレリュードは強気の競馬で4着。先行勢では最先着した。今回は前走よりスローになりそうで、更に粘れそうだ。


9番タッチスプリント
実力差が明白。厳しい。


10番スパンコール
2走前のレディスプレリュードは2.9差の10着。厳しい。


11番ラインハート
出走取消→JRAから転入初戦となる。取消前のエルムSでは1.5差の9着。一応、モンドクラッセやメイショウスミトモらに先着しているので、軽視禁物か。


12番ディアマルコ
前走のレディスプレリュードは2.8差の8着。ここも厳しい。


13番キンショーユキヒメ
初ダートが交流重賞というのは流石に厳しいのでは。馬体は雄大なので、ダートをこなしてもおかしくはないが、、、砂を被りたくないので前に行きたい。


14番タガノヴェローナ
2走前の1000万下での勝利は、51Kの軽量を活かしたもの。先行できるのは良いが、力が足りるかは微妙。


15番シルキークイーン
2走前と4走前でファイトユアソングに敗戦。そのファイトユアソングがレディスプレリュードで2.7差の7着。この馬も厳しいだろう。



【最終結論】
◎はララベル。今回は前走より展開に恵まれそうで前進がありそうだ。


▲はプリンシアコメータ。鞍上の勢いと展開を味方に、初重賞制覇が当レースにななりそう。


〇はアンジュデジール。好位の内を取って、差してくるだろう。


以下、実績最上位のホワイトフーガ、上位とは力差がありそうだが3着ならばあり得るラインハートワンミリオンスタガノヴェローナを抑える。


◎ララベル
▲プリンシアコメータ
〇アンジュデジール
△ホワイトフーガ
△ラインハート
△ワンミリオンス
△タガノヴェローナ

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



毎週金曜日恒例の、大庭和弥騎手の騎乗結果・予定だ。
改めて、当面のブログ更新予定を掲載する。


11/2夜~11/3:JBC3レースの予想
11/3夜:10月の成績振り返り
11/4:レース回顧(ハイセイコー記念・JBC(レディスクラシック))
11/5:日曜中央競馬重賞予想
11/6:一口馬情報
11/7:ローレル賞の予想
11/8:ロジータ記念の予想
11/9:レース回顧(JBC(スプリント・クラシック))
11/10:大庭和弥騎乗予定
11/11:レース回顧(ローレル賞・ロジータ記念)
11/12:エリザベス女王杯予想


いつもどおり、金曜の昼までに競馬ブログランキングで、ファンタジーSの予想を、
土曜の昼までに競馬ブログランキングで、京王杯2歳Sの予想を実施予定です。

また、日曜の昼までに競馬ブログランキングで、アルゼンチン共和国杯かみやこSの予想を実施予定です(どちらかはブログに載せます)




【先週の結果】
10月28日(土)新潟競馬場
なし


10月29日(日)新潟競馬場
2R
スロットマシーン:-
14着/15番人気(2.8差)


平地の成績:(、20)
障害の成績:(、16)


【短評】
スロットマシーン:道中、後方2~3番手。直線もそのまま。ダート替わりも効果無かったようだ。根本的な脚力が無いような、、、、


【今週の予定】
11月3日(金)福島競馬場
7R
ラインスラッガー:△


11月4日(土)東京競馬場
2R
スロットマシーン:-


11月5日(日)東京競馬場
なし


【短評】
ラインスラッガー:3走前に未勝利を勝った後は、後方からのレースが続いている。末脚はそこそこなので、スタートを決めてもう少し前でレースができれば、少しは前進が有るかも。

スロットマシーン:連闘策。引き続きダートを使い、距離を伸ばしてみるようだが、6戦続けて2秒以上の大敗。厳しそう。

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



【レース展望】

今日はハイセイコー記念を予想する。
2歳戦なのだが、珍しくホッカイドウ競馬所属馬(元ホッカイドウ競馬所属を含む)が不在で、南関東出身馬同士の戦いとなった。


展開だが、逃げて3連勝中のクレセントシティーが大外に入った。逃げた事のあるサンダーマックス・コパノテッド・プレディクトらが内に居るが、クレセントシティーが強引にハナを切るだろうから、ペースが上がりそうだ。しかも人気馬に1600未経験の馬がいる。まだ2歳だが、スタミナ・距離適性が問われそう。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。


【出走全馬ワンポイント評価】
1番クロスケ
前走でクリスタルシルバーの2着に敗れたが、そこまで4連勝。しかも前走は他馬より2K多く背負っていた。今回は同斤となるし、距離が伸びても問題なさそう。


2番トーセンブル
近走2戦は芝の為、度外視。3走前にドンビー(今年の平和賞2着馬)やリコーワルサー(今年の鎌倉記念勝利馬)を差し切っており、ダートに戻って面白い。


3番サンダーマックス
初戦以降は大敗続き。ここも厳しそう。


4番コパノテッド
前走、距離を伸ばして大敗。今回はクレセントシティーが居て、展開も向かないだろう。


5番マースインディ
前走、距離を伸ばしてクレセントシティーの2着に善戦。クレセントシティーとの斤量差が縮まるが、展開はこちらが向く。逆転があっても良い。


6番メテオバローズ
連勝中だがスピードが勝ったタイプに見える。距離が伸びるのは苦しそう。


7番ヴァンルモンテ
キャリア豊富でどんな条件でも堅実に走っている。経験が活きそう。


8番キャスタウェイ
初勝利以降の4戦が冴えない。ここも厳しい。


9番クリスタルシルバー
前走、2K軽かったとはいえ、クロスケに勝利。3走前のデビュー戦ではリコーワルサーの3着に健闘しているし、今回も好勝負可能だ。


10番ハセノパイロ
下してきた相手は強くないし、右回りが初なのは不安。だが、本田重がトーセンブルではなくこちらを選んだことが気になる。


11番プレディクト
この馬もスピードが勝ったタイプに見え、距離が伸びるのは厳しそうだ。


12番タイムロード
未勝利馬。前走でクレセントシティーの3着になっているが、今回はメンバーが更に強くなって厳しいだろう。


13番クレセントシティー
距離を伸ばしながら、逃げて3連勝。それだけに大外枠が痛い。唯一の敗戦は逃げられなかった時であり、不安が有る。




【最終結論】
◎はトーセンブル。芝からダート替わりは良いだろうし、展開も向きそう。


▲はヴァンルモンテ。こうした乱ペースになりそうな際は、末脚堅実な馬が頼りになる。


〇はクロスケ。好位からしっかりと脚を使ってくれそうだ。


以下、差し脚がしっかりしているマースインディ、本田重の選択が気になるハセノパイロ、スムーズにハナを切れれば残り目があるクレセントシティー、3着ならばあり得るタイムロードを抑える。


◎トーセンブル
▲ヴァンルモンテ
〇クロスケ
△マースインディ
△ハセノパイロ
△クレセントシティー
△タイムロード

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



【レース展望】

今日は北海道2歳優駿を予想する。
2歳重賞で毎回書いているが、この時期の2歳戦はホッカイドウ競馬所属馬の軽視禁物だ。
過去5年、JRA勢が3勝でホッカイドウ競馬勢が2勝。過去10年まで広げると、JRA勢・ホッカイドウ競馬勢共、5勝ずつで全くの互角。

今年のホッカイドウ競馬勢も、頭数こそ少ないものの、実力有る馬が出走する。
対するJRA勢は、プラタナス賞を圧勝したルヴァンスレーヴの回避が有ったが、同レース3着のフィールシュパース等が立ち向かう。


気になる展開だが、最内からディーエスソアラーが逃げるだろうが、全馬共、距離を意識してスロー濃厚。一団で進み、3コーナー付近から力比べとなりそうだ。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。


【出走全馬ワンポイント評価】
いつものワンポイント評価に加えて、今回も地方勢の調教時計のうち、好時計(36秒台以下)の馬をピックアップして紹介する。



1番ディーエスソアラー
2走続けてヤマノファイトに完敗。ここも厳しい。
調教は、坂路で35.6~12.4と好タイムを出しているし、好枠からハナを切れそうだが、、、、


2番フィールシュパース
前走のプラタナス賞はルヴァンスレーヴに完敗だが、レコードでぶっちぎったルヴァンスレーヴが強過ぎたこともある。この馬自身、2ターンの競馬も経験しているし、輸送も経験済み。初のナイターと門別競馬場の深い砂を克服すれば、上位争い可能だ。


3番ナナヒカリ
地元ホッカイドウ競馬で1勝のみ。ここも厳しい。


4番ハッピーグリン
芝で2戦続けて好走後、前走もヤマノファイトと接戦。力上位だ。
調教も、坂路で2週続けて36.7~12.3・36.5~12.9と好タイムを出している。


5番マイネルアンファン
ルヴァンスレーヴが強過ぎたとはいえ、前走と3走前で大敗。ここも厳しい。


6番サザンヴィグラス
距離を伸ばした近2走が惜敗。ただ、前走は正攻法で勝負したもので、悲観するものではない。人気が落ちるならば寧ろ美味しい。


7番ドンフォルティス
連勝中の勢いは有るが、2ターンの競馬が初めてなのは気になる。距離が伸びて良いか、半信半疑。


8番ヤマノファイト
芝ではダメだったが、ここ2戦で重賞を連勝。ただ、ハッピーグリンやサザンヴィグラスとはほとんど力差が無さそうで、人気を集めるならば印を落とすことも一考。
調教は、坂路で2週続けて36.5~12.1・36.5~12.5と好タイムを出している。


9番ムルシェラゴ
前走の未勝利戦での勝利は、プラタナス賞と0.2差しかない優秀なもの。ブリンカー付きの馬なので、外枠も良い。とはいえ道悪でタイムが出易かったのも事実。



【最終結論】
◎はムルシェラゴ。外から楽に先行出来そう。展開も向きそうで、面白い存在。


▲はサザンヴィグラス。上記の通り、ハイペースの中で正攻法にて3着した前走は評価できるもの。


〇はハッピーグリン。田中淳厩舎は、4年前にハッピースプリントで当レースを勝利。この馬も続く可能性十分。


以下、重賞連勝の勢いをかってヤマノファイト、差し脚に光るものがあるフィールシュパース、2ターンを克服できれば差してきそうなドンフォルティスを抑える。


◎ムルシェラゴ
▲サザンヴィグラス
〇ハッピーグリン
△ヤマノファイト
△フィールシュパース
△ドンフォルティス

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




予想の前に、当面のブログ更新予定を。


(10/30:更新無し)
10/31:北海道2歳優駿の予想
11/1:ハイセイコー記念の予想
11/2:大庭和弥騎乗予定
11/2夜~11/3:JBC3レースの予想
11/3夜:10月の成績振り返り
11/4:レース回顧(ハイセイコー記念・JBC(レディスクラシック))
11/5:日曜中央競馬重賞予想
11/6:一口馬情報
11/7:ローレル賞の予想
11/8:ロジータ記念の予想
11/9:レース回顧(JBC(スプリント・クラシック))
11/10:大庭和弥騎乗予定
11/11:レース回顧(ローレル賞・ロジータ記念)
11/12:エリザベス女王杯予想


非常に慌ただしいが、ガンガン更新して、有益な情報を提供していく予定だ!!


【レース展望】
今日は天皇賞・秋を予想する。
東京競馬場は、昨今の雨に加えて今週も雨がかなり降っており、外枠有利な状況になっている。
また、水分を相当含んだタフな馬場になっているので、先週の菊花賞と同様に重馬場適性がカギ。重厚な競馬になりそうだ。

参考だが、過去5年を見ると、馬券内に来た馬は全て上がり1位の脚を使っていた。決め手上位の馬は軽視できない。この重い馬場でその傾向が続くかどうか、、、、


展開だが、ロードヴァンドールが逃げて、キタサンブラック・ネオリアリズムが番手に付けそう。ペースは上がらないだろうが、例年の傾向だと差し馬が有利。
内をなるべく通らずに進み、直線でスムーズに外に出して差してこれるか。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番サクラアンプルール
良馬場ならばこの枠は絶好だが、今の東京競馬場の馬場状態では最悪な枠。悪いところをずっと走らされそうで不発に終わりそう。また、この馬は立ち回り力を活かして一瞬の鋭い脚を使うタイプで、東京の長い直線は合わない。


2番サトノクラウン
上がりがかかる持久力勝負は望むところ。あとはこの枠からどうやって外に出すか。Mデムーロマジックに期待。


3番ネオリアリズム
乗り難しい馬で、最近好走した際の騎手は、ムーア・ルメール・モレイア。シュタルケは一枚落ちるのが厳しい。また、この馬は立ち回り力と持続力有るスピードを活かすタイプで、東京の長い直線は合わない。


4番リアルスティール
毎日王冠を勝ち、このレースを連勝した馬は少ない。昨年2着だったが、前走は安田記念だったので余力が有った。他にも、内枠・乗り代わり・道悪と、マイナス要素が多い。


5番ヤマカツエース
この馬も、立ち回り力を活かして一瞬の鋭い脚を使うタイプで、東京の長い直線は合わない。荒れた馬場をどこまで活かせるか。


6番ディサイファ
近走を見ると、さすがにピークを過ぎた感じ。ここも厳しい。


7番キタサンブラック
前走は案外だったが、前々走の激走疲れが出たか。今回はリフレッシュしたし、先行して馬場の良いところを通れるメリットがある。一方で、今年限りの引退が発表されたし、秋はまだ3戦有る。ここが目標とは言い難いので、隙は有る。


8番レインボーライン
スタミナを活かせるタフな馬場は、この馬にとって最高の舞台。札幌記念・菊花賞での好走を見ると、今回の条件はかなり良い。今年の凡走はいずれも言い訳できるものだし、一発あっておかしくない。


9番ソウルスターリング
前走の凡走は案外だったが、本レースは3歳牝馬が激走してきた。一変しておかしくないと思う一方、大敗後の牝馬は立ち直るのが難しい面も有る。半信半疑。


10番ミッキーロケット
この馬にとっても、上がりのかかるタフな馬場は良い。先行してしぶとさを活かしたい。


11番ロードヴァンドール
単騎逃げが叶うのは有利だが、流石にこの相手では厳しい。


12番ステファノス
2年連続馬券内に来ているように、条件はベスト。後は過去2年の力を維持できているか。叩き2戦目の上積みがどこまであるか。


13番グレーターロンドン
毎日王冠で差し損ねた馬は、当レースで好走することが多い。この馬はそれに該当するのだが、このタフな馬場で差せるかどうか。


14番サトノアラジン
この馬も毎日王冠で差し損ねた馬。こちらは、グレーターロンドンよりもスタミナの心配がないのが強み。全姉のラキシスは、エリザベス女王杯等、中距離レースを多数勝っている。
好走パターンは、外枠からスムーズに進めるかどうか。枠は良いので、あとは道中、繊細なエスコートをして欲しい。


15番マカヒキ
前走は内枠で窮屈になる中、6着に食い込んできた。今回は外枠を引けたので、後はどれだけ差してこれるか。


16番カデナ
スローで馬場の軽いレースならば勝負になるかもしれないが、G1で且つタフな馬場では厳しい。


17番ワンアンドオンリー
前走も着順ほど負けてはいないが、、、、厳しいだろう。


18番シャケトラ
大外枠・タフな馬場と、この馬に良い条件が揃った。鉄砲実績も有るし、Cデムーロがうまく御せれば侮れない。



【最終結論】
◎はミッキーロケット。叩き2戦目。距離短縮・タフな馬場と、条件好転の材料が多数有る。先週、ポポカテペトルを持ってきた和田が、悪馬場の中、2週続けて穴馬を持ってくる!!


▲はレインボーライン。昨年のJCで、雨が降る中、上がり最速で来た脚は見逃せなかった。馬場が悪化する今回、その脚が更に活きるはず。


〇はサトノクラウン。人気馬の中では鞍上・重馬場実績等から、一番信頼できる。上記の通り、スムーズに外に出したい。


以下、枠と馬場が味方になるシャケトラ、現役最強馬に敬意を表してキタサンブラック、道悪がプラスに働きそうなマカヒキ、道中次第だが末脚は驚異なサトノアラジンを抑える。


◎ミッキーロケット
▲レインボーライン
〇サトノクラウン
△シャケトラ
△キタサンブラック
△マカヒキ
△サトノアラジン

↑このページのトップヘ