ツベイバ劇場別館~競馬予想ブログ

しがないサラリーマンが一攫千金を目指して、完全無料で南関東重賞・交流重賞の穴予想をやってます!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭和弥騎手の騎乗予定と一口馬の事も、徒然と。




私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎→印・▲→印への馬連流し
◎▲→印・◎〇→印・▲〇→印への3連系馬券流し



ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします。






スポンサードリンク

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!


 
今日は私の一口馬情報を掲載する。


【レーツェル】
10/7に伊藤大厩舎へ戻って来た!
放牧先から戻る直前の馬体重は488キロ(+14)。
当面の目標は、11/4のきんもくせい特別(福島芝1800)とのこと。

帰厩後の状態は、カイバ食いがひと息で毛ヅヤや体つきがイマイチらしい。
まずはケアを重点的に行うため、胃薬等の使用も考えつつ下地づくり中だそう。

ただ、脚元などは問題なく、歩様も気にならないそうで何よりだ。
徐々に調教のピッチを上げていく予定とのこと。

精神面に課題がありそうだが、まだ2歳。肉体面に問題が無いのは嬉しい。
しっかり調整して、勝利して欲しい!!




【サンフレイム】

9/17の高知1Rに出走して5着(6番人気:2.4差)。
9/30の高知12R(ファイナルレース)に出走して7着(5番人気:2.9差)。
10/14の高知3R(葉ゴボウのきんぴら特別)に出走して4着(4番人気:0.8差)。

連戦になっているが、よく頑張っている。




【ホールロッタラヴの2016】

9/7にNF早来へ移動した後、ウォーキングマシンでの運動と馬房内での鞍付けや騎乗馴致を実施中。
担当者の方曰く、「一見するとやや重たさを感じさせるフォルムだが、跨って歩様の感触を確かめると印象は一転し、関節の可動域が広く、素軽い動きでグングンと進んでいく」そうだ。
ベダボメ♪

馬体重も8月と比較して+11の436キロ。順調にいって欲しい!!





スポンサードリンク

スポンサードリンク

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!




【レース展望】
先日、独自ドメインを取得して、URLがまた変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。
(当面、前のURLから自動転送されます)



今日は秋華賞を予想する。
10年以上ぶりに平地G1を現場(競馬場)で見る。
友人とみるのは初めてかも。そんなときだからこそ、是非とも当てる!!!


心配された天気だが、土曜は雨が降らず。
ただ日曜は降水確率が一日中50%前後であり、馬場がどうなるのか読むのが難しい。
そして重馬場経験の馬が4頭しかおらず、非常に悩ましい。

過去5年の結果を見ると、馬券内に来た15頭中、前走掲示板外だった馬は1頭のみ。
この条件で選ぶと、有力馬がかなり消えてしまう。。。。

レース展開は、アエロリットとカワキタエンカのうちどちらかがハナを切りそうだが、競る事は無さそうだから、そこまでペースは上がらないだろう。京都芝2000は内回りコースを使う、小回りのレース。立ち回り力が重要だ。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番アエロリット
NHKマイルCを勝ち、前走も古馬相手に完勝。枠も良く、嫌う要素が少ない。後は初の2000の距離がどうか。


2番ラビットラン
前走で鮮やかに差し切り、重賞制覇。ただ、今までの勝利は広いコースでのもの。この枠から前走と同様に脚を使えるか、疑問。


3番ブラックオニキス
2歳時の北海道シリーズまでは好走していたが、その後はサッパリ。前走も4着とはいえ、3着馬とは離れていた。ここも厳しい。


4番モズカッチャン
3走前に重賞を勝ち、オークスで2着。更にMデムーロは怖いのだが、前走、馬体重増などが影響したにせよ見せ場なく負け。一変はどうか。


5番ブラックスビーチ
2走前・前走とも、大敗。このレースは、ディープインパクト・キングマンボの血統が非常に相性良く、この馬は双方を兼ね備えているのだが、、、、


6番メイショウオワラ
今夏、古馬相手に1000万下にて勝利。前走も5着に踏ん張っているし、重馬場で2勝。非常に面白い存在。


7番リスグラシュー
オークス以外は全て馬券内に来ている安定株。勝ち切るまでは疑問も、大崩れは無さそうだ。


8番カワキタエンカ
好走した時は逃げた時なので、何が何でもハナを切りたい。ただ、前走でこの馬に騎乗した横山典が、今回はアエロリットに乗る。当然、横山典はこの馬を知っているから、思い通りの競馬をさせてもらえるか非常に微妙。


9番ハローユニコーン
2走前・前走とも、大敗。一変も困難だろう。


10番タガノヴェローナ
流石に初芝がG1の舞台では、厳しい。


11番ミリッサ
今夏、古馬相手に1000万下にて勝利し、前走は直線で行き場を失いかけながらも4着に健闘。初の2000という課題は有るが、兄弟姉妹が大活躍しており、未知の魅力がある。


12番レーヌミノル
桜花賞馬。とはいえ、オークスでは完敗し、前走も9着。巻き返せるかどうか。


13番リカビトス
異なる距離・競馬場・騎手にも関わらず、上がり最速にて3連勝。異例のローテだが、鉄砲実績も有るし、取捨に迷う一頭。


14番ディアドラ
重賞を含めて2連勝中。しかも、どちらも小回りの2000を勝っている。乗り代わりも、ルメールなら問題無し。外枠でもうまく乗ってくれるだろう。


15番ヴゼットジョリー
前走、古馬混合戦で5着(0.5差)とまずまずだったのに、前売り時点でダントツのシンガリ人気、、、、。馬体重が回復し、叩き2戦目の上積みが見込めそうなのに、この人気。非常にオイシイのでは。


16番ファンディーナ
皐月賞以降、リズムが狂っている様子。前走増えた馬体重は調教後も変わっていないし、買う材料に乏しい。


17番ポールヴァンドル
今夏、古馬相手に1000万下にて勝利し、前走は上がり最速で2着に健闘。今回はメンバーを考えると前に行きそう。展開の利が見込める。道悪実績も有るので、馬場悪化は歓迎。後は外枠をどう克服するか。


18番カリビアンゴールド
2戦連続2着と好調、ポールヴァンドルと接戦中だが、さすがに大外は距離ロスが大きい。




【最終結論】
◎はメイショウオワラ。前走の敗因は決め手の差。今回は好枠からロスなく立ち回れば、十分勝負になる。道悪になれば、更に良い。


▲はヴゼットジョリー。重賞を勝っており、前走古馬相手に善戦した馬が、この人気で買えるのは非常に魅力的。枠は外目だが、前に行けるので心配ないだろう。


〇はディアドラ。騎手や内回り経験を考えると、この馬が上位陣で一番安定している。


以下、堅実に走るリスグラシュー、鞍上が怖いモズカッチャン、古馬に完勝した実績に敬意を表してアエロリット、騎手は不安だが魅力たっぷりのミリッサを抑える。


◎メイショウオワラ
▲ヴゼットジョリー
〇ディアドラ
△リスグラシュー
△モズカッチャン
△アエロリット
△ミリッサ




スポンサードリンク

スポンサードリンク

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



先日、独自ドメインを取得して、URLがまた変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。
(当面、前のURLから自動転送されます)



毎週金曜日恒例の、大庭和弥騎手の騎乗結果・予定だ。

今週末の更新予定について連絡します。
土曜の昼までに競馬ブログランキングで、府中牝馬Sの予想を実施予定です。
また、日曜の昼までに秋華賞の予想を載せます。
秋華賞は、久々に平地G1を現場(競馬場)で見るので、楽しみ!!


【先週の結果】
10月7日(土)東京競馬場
4R(障害)
ドリームパワー:-
12着/10番人気(10.1差)


10月8日(日)東京競馬場
7R
プラグドワグナー:-
13着/14番人気(3.0差)


10月9日(月)東京競馬場
なし


平地の成績:(、19)
障害の成績:(、16)


【短評】
ドリームパワー:好枠から前に出していったが、徐々に下がって2週目3コーナーでは最後方、そしてそのまま最下位。相当な差がついており、厳しい。。。。

プラグドワグナー:先行するも3~4コーナーで早くも手が動き、直線ではズルズルと下がる一方。未勝利の身で500万下への格上挑戦だったから仕方ない。前に行けたように成長はしているのだが、、、、





【今週の予定】
10月14日(土)東京競馬場
なし


10月15日(日)東京競馬場
なし



3場開催なのに、現場で大庭を観られないのは残念だ。

それ以上に、メドウヒルズの抹消が本当に残念。両脚屈腱炎とは、、、、





スポンサードリンク

スポンサードリンク

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



先日、独自ドメインを取得して、URLがまた変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。
(当面、前のURLから自動転送されます)




【レース展望】

今日はエーデルワイス賞を予想する。
今月の連戦は今日で一段落するので、ビシっと当てる!!


このレースは例年、地方勢(ホッカイドウ競馬)が強いレース。
過去5年、馬券内に来た15頭中、9頭が地方勢。
その理由は幾つか有るが、

・JRA勢に、本州→門別への輸送リスクがある。また、JRA勢は、門別コース・ナイター未経験。
・この時期、有力馬は芝を使い、ダートには手を出さない。また、短距離にも手を出さない(未だにJRAは、「芝>ダート」「中長距離>短距離」という考え)
・JRA勢のキャリア(使用レース数・ダート経験数)が少ない。

といったところ。
それなのに、例年JRA勢に人気が集まり、地方勢の人気が落ちるので、結果、波乱となっている。
今年も穴を狙っていく!!



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。




【出走全馬ワンポイント評価】
いつものワンポイント評価に加えて、今回は地方勢の調教時計のうち、好時計(36秒台以下)の馬をピックアップして紹介する。



1番ラインギャラント
初ダート。スウェプトオーヴァーボード×ダイワメジャーならば、ダートをこなしてもおかしくないが、脚質が後方からであり、最内で包まれて終わる可能性も大。


2番ハナザカリ
前走、前残りの競馬を差してきた脚に魅力有り。内枠を活かしてロスなく立ち回れば、一発も。
調教も、坂路で36.6~12.4と好タイムを出している。


3番マサノスマイル
ハナ争いは、この馬とシャインカメリアか。前走は馬場差もあるが、フルールカップより早い時計での勝利だった。行ききれば残り目が有るかも。


4番コスモウーノ
重賞では2戦とも完敗。ここも厳しそう。


5番フォローユアハート
ダントツのキャリアが売り(今回で9戦目)。また、前走の重賞でも上がり最速で差してきた。ただ、距離短縮は微妙。


6番シャインカメリア
JRA勢で唯一ダートを経験し、勝利している。人気になるだろうけど、過剰になるならば嫌った方が妙味有り。


7番ジュンドリーム
芝を6戦使って、今回初ダート。近走が冴えない為、ダート替わりで好結果が出るかは半信半疑。


8番アンジュキッス
サウスヴィグラス×アグネスタキオンという血統で田中淳厩舎ならば、バックボーンは問題ない。が、馬の方は、2戦続けて善戦止まり。ここも厳しいのでは。


9番ストロングハート
3走前を除くと、逃げ・先行で安定して走っている。
この馬は、毎年馬券内に馬を輩出させ、過去5年でも2度勝利している角川厩舎の馬。
更に、父サウスヴィグラス×母父スマートボーイという血統は、一昨年2着のモダンウーマン・昨年2着のアップトゥユーと同様。そのアップトゥユーの全妹が本馬だ。
生産者も同じグランド牧場であり、今年も期待できる。
調教も、坂路で36.7~12.0と好タイムを出している。


10番ボーダレスガール
前走でストロングハートを差し切り、重賞制覇。南関東の短距離で活躍しているスアデラの全妹であり、ここも有力だ。
調教も、坂路で36.6~12.5と好タイムを出している。


11番グラヴィオーラ
重賞で2戦続けて善戦。ここも大崩れは無さそうだ。
調教も、坂路で36.7~12.6と好タイムを出している。


12番リコーデリンジャー
1着馬とは差があるが、それでも重賞で3戦続けて掲示板。安定感がある。
調教も、坂路で35.5~12.4と好タイムを出している。


13番パキラパワー
角川厩舎のもう一頭の馬。こちらも逃げ・先行で2戦2勝と侮れない。


14番ウインジェルベーラ
初ダート。砂を被りにくい外枠は良いが、その分、距離ロスが生まれるのをどうカバーするか。


15番パートカラー
フレッシュチャレンジでの勝利以降、大敗続き。ここも厳しい。
調教では、坂路で36.2~12.7と好タイムを出しているが。。。。


16番リボース
近走大敗続き。ここも厳しい。



【最終結論】
◎はボーダレスガール。恐らくストロングハートのほうが人気になるだろうけど、その馬に勝っているこちらが人気薄になるのは美味しい。


▲はフォローユアハート。先行勢が多くハイペースになり、スタミナが求められそう。その時、この馬の差し脚が活きそう。


〇はストロングハート。上記の通り、このレースでは角川厩舎×グランド牧場は外れない。


以下、もう一頭の角川厩舎のパキラパワー、重賞で安定しているグラヴィオーラ、好調教のリコーデリンジャー、内から無欲の差しがハマりそうなハナザカリを抑える。JRA勢は全て切った。


◎ボーダレスガール
▲フォローユアハート
〇ストロングハート
△パキラパワー
△グラヴィオーラ
△リコーデリンジャー
△ハナザカリ





スポンサードリンク

スポンサードリンク

こちらから、ブログ更新通知をメールで受け取ることができます!



先日、独自ドメインを取得して、URLがまた変わっている。
ブックマークいただいた方は、大変お手数ですが変更をお願いします。
(当面、前のURLから自動転送されます)



【購入している馬券の券種と買い分け方】
レース予想の前に、先日質問をいただいた。その回答をさせていただく。
質問いただき、本当にありがとうございました!!


質問内容は、上記の通り、『馬券の券種と買い分け方』について。
これは、競馬ファンならば誰もが一度は悩むテーマではないだろうか。
かくいう私も日々、悩んでいる。
「あの時、あの券種を選んでおけば当たったのに、、、、」「あの券種を選んでおけば、もっと回収率が上がったのに、、、、」等々。

あまりに悔しい場合は、ショックでご飯が喉を通らなかったり、眠れなかったりすることもある。その時は、少し時間をおいて反省し、同じ失敗を繰り返さないように改善して次の競馬に臨んでいる。
でも、『完璧な答え』は出ていないと思っている。多分、永遠の課題なのだろう。


こんな事をよくやっている(・・・)私の回答は、以下のとおり。
あくまで私の意見であり、他の方から見れば誤っている点もあるだろう。
少しでも参考になれば幸いです。



【券種と買い分け方】

私の場合、トップページにあるとおり、◎▲が馬券の軸。
この2頭を中心にして、

◎→印・▲→印への馬連流し
◎▲→印・◎〇→印・▲〇→印への3連系馬券流し

のどちらか・或いは両方を用いるのが、私の買い方。
この際に使う券種は、馬連・3連複

今は、◎▲〇△、合計7頭まで印を付けている。
馬連ならば、最大12通り。3連複ならば、最大15通り。
(いずれも重複を含む)
シンプルだし、そこまで点数が増える事もない。

後はオッズとの相談だ。
後述するが、「当たったらプラスになる」ように金額を配分しよう。


券種で3連単を選ぶ場合もある。この場合は、展開を読んで決め打ちする時が多い。
例えば、「このレースは、◎と〇の馬が先行して、行った行ったになるだろう!!」と予想したら、『◎〇→〇◎→印のフォーメーション』で3連単を買う。
こうすれば点数も少なくて済むし、当たったらデカイ。


【大事なこと】
上記も大事だが、私が一番重視しているは、「回収率を重視する事」だ。
当たり前だけど、当たってもトリガミでは勝負が続かない。先ほどの馬連・3連複・3連単いずれにしても、当たったらプラスになるよう、金額の強弱を考慮して買うようにしている。


それと、「1レースに賭ける金額は、なるべく一定にする」事。
連敗が続くと起死回生を狙いたくなるが、精神状態が良くない時にあがいても大抵失敗する。
ギャンブル時、頭は常に冷静に。淡々と同金額で同じ買い方を続けるのが、勝利への道だと感じている。特に、G1や思い入れの強いレースになると投資額を上げる方がいらっしゃるが、私はオススメしない。


以上、回答になっているかどうか微妙だが、何らかの参考になれば嬉しい。
今後も、できる限り回答させていただくので、ご質問があれば、是非。




【レース展望】

今日は鎌倉記念を予想する。
毎年このレースは、ホッカイドウ競馬勢と南関東勢との実力比較がポイントになる。
ホッカイドウ競馬勢は坂路(やJRA)での切磋琢磨で鍛えられている反面、初の川崎コースに来て、輸送+左回り+小回りコースをこなす必要がある。
事実、過去5年、馬券内に来たホッカイドウ競馬勢は4頭と少ない。2歳馬にとっては過酷な試練だ。
今年の4頭は、果たして。。。。


次に、上位馬の位置取りだが、過去5年、インサイドザパーク1頭を除くと、全馬が4コーナーで5番手以内にいた。先行できるか、捲る脚があるかが、好走のカギだ。


予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。 特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。 理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。 特に交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。 競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。





【出走全馬ワンポイント評価】
1番セイヴェルビット
前走は勝ち馬と僅差の2着。ただ、上がりがかかり過ぎ。それでいて前売り一番人気とは。危険な人気馬では。


2番ベニアカリ
デビュー戦の勝利後は善戦止まり。ここも厳しそう。


3番ポットジゼル
セイヴェルビットに勝って2戦2勝だが、この馬も上がりがかかり過ぎ。


4番パパドプロス
前走は今回と同コースでゴールドパテックに完敗。ここも厳しいのでは。


5番モリノラスボス
前走の勝利は芝でのものだから参考外。その前までの成績は良いが、タイムは平凡。半信半疑だ。


6番マッドドッグ
前走で、重賞2勝のサザンヴィグラスに勝利。ここも侮れない。


7番ゴールドパテック
前走、斤量が55キロでも2走前よりタイムを大幅に詰めて差し切った。今回は1キロ減となり、有利となる。後は前回と同様の脚が使えるかどうか。


8番ウラルハーモニー
瀧川への再度の乗り代わりで後方から進めそう。近走を見ると捲る脚は無さそうなので、厳しいか。


9番ダモンデ
この馬がハナを切りそう。スピードは申し分なさそうなので、後は距離が持つかどうか。南部杯でノボバカラをもたせた吉原ならば、、、、


10番ユニバーサルライト
前走でダモンデに先着。今回もダモンデの直後に付けて抜け出しを狙いそう。レース傾向から、その作戦が嵌る可能性は大いにある。


11番シェーンリート
御神訓+小久保厩舎で4戦3勝2着1回。ほぼ完璧な成績だ。特に嫌う点が無い為、普通に上位に来そう。


12番リコーワルサー
前走は不利が多過ぎた中、3着に健闘。今回は鞍上を強化して走ってきそう。ちなみにデビュー戦の時計は、2戦目のシェーンリートよりも早かった。


13番トミノカモン
キャリア1戦。未知の魅力はあるが、一気の距離延長+相手強化で、常識的には厳しいだろう。



【最終結論】
◎はダモンデ。過去5年、逃げた馬は2回馬券に絡んでいる。特にこの馬の場合は前走で大逃げしたので、そこまで絡まれる事はないだろう。番手に付けそうなユニバーサルライトは同厩舎。そうすればこっちのもの、、、、


▲はリコーワルサー。外枠は不利を受けにくく、返って良さそう。


〇はシェーンリート。安定して走っており、ここも大崩れは無さそうだ。


以下、ダモンデとの行った行ったもあり得るユニバーサルライト、捲りのできるゴールドパテック、前走の勝利を評価してマッドドッグ、前走は物足りないが3戦目の上積みに期待してパパドブロスを抑える。


◎ダモンデ
▲リコーワルサー
〇シェーンリート
△ユニバーサルライト
△ゴールドパテック
△マッドドッグ
△パパドブロス





スポンサードリンク

↑このページのトップヘ