ツベイバ劇場別館~競馬穴予想ブログ

競馬歴20年以上のサラリーマンが一攫千金を目指して、南関東重賞・交流重賞の穴予想を完全無料で提供しています。大井・船橋・浦和・川崎競馬のファンの方々、必見です!! 中央競馬は日曜のみ開店。JRA大庭騎手の騎乗予定と一口馬の事も。

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で




≪更新スケジュール≫
水曜日:南関東重賞予想
金曜日:JRA大庭和弥騎手の騎乗予定
土曜日:南関東重賞回顧
日曜日:中央競馬日曜重賞予想
月に1~2回:月間成績
不定期:交流重賞予想・一口馬


私の場合、◎▲が馬券の軸です。

印の意味としては、
◎:勝つ可能性が最も高い馬
▲:◎〇に劣るけれど勝つ可能性もある馬
〇:馬券内に入る可能性が最も高い馬
△:2・3着なら可能性のある馬
ですので、◎▲を重視しています。


馬券の買い方は皆さま次第ですが、私は主に、以下2通りで買っています。

◎→印・▲→印への馬連流し
◎▲→印・◎〇→印・▲〇→印への3連系馬券流し


ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします。








ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!




まずは今日に至るまでの復習?を。


1/22。関東は久々の大雪。
午前で仕事を切り上げ、家に帰ったら、TCKがやっていた。
せっかくなのでメインレースをやろうとしたら、まさかの中止、、、、

天気には勝てないので、止む無し。





その後、こんなツイートを見たので、ばんえいへゴー!! 
結果は、、、




そして1/23。大井は全レースが中止、、、、




ついに1/24。1~3レースが中止、、、、



【レース展望】

そんなこんなで何とか開催にこぎつけた、TCK女王杯。
昨今の牝馬交流重賞は、1600万下で好勝負した馬ならば、上位争いが充分可能。
そんな中、今回のJRA勢は、5頭中4頭が1600万下の馬。
このうち、1600万下で好走(0.5差以内で走破)した馬は不在。
オッズの差ほど力差は無く、荒れる要素が満載だ。


展開だが、ミッシングリンクがハナを切り、その後にプリンシアコメータが続くか。オールポッシブルも先行馬だが、距離経験が無い為、さほど前にはいかないだろう。ララベルは、プリンシアコメータをマークし、早めに動きそう。
そうなると、前が厳しくなり、差し馬に妙味が有りそうだ。



予想の前に、今更ながら皆さんは地方競馬を行う際、楽天競馬を使っているだろうか。
特に、交流重賞を行う際は、楽天競馬を使うべき。
理由はシンプルで、ポイント還元が非常に充実しているからだ。
交流重賞はポイント還元が10%なので、非常にオトク。
競馬で勝ちたいならば、楽天競馬がオススメだ。新規だと登録時に最大1000円貰える。



【出走全馬ワンポイント評価】
1番ローレライ
前走の勝利はB1でのもの。3走前、関東オークス3着のステップオブダンスに完敗(1.2差の4着)しており、ここも厳しい


2番オールポッシブル
2走前に1000万下を勝利し、前走の1600万下は8着(0.7差)。
1400までしか距離経験が無いのは気掛かりだが、姉が昨年の当レースの覇者であるワンミリオンス。
彼女もダートは1400までしか経験が無い中、当レースを勝利した。取捨に迷う一頭。


3番エミノマユアク
前走の勝利はB3でのもの。JRA時代は500万下だったことを考えると、ここは厳しい。


4番ダンシング
佐賀のSⅠを勝てない状況。厳しい。


5番ララベル
JBCレディスクラシックを勝利後、一息入れてここへ。57Kの斤量に加え、ここが引退レースとなる可能性も有るとなると、どこまで仕上げているか。
最終追切も一杯に追って、僚馬のパーティードレスに遅れを取ったし、、、。


6番リボンスティック
B1で勝てない状況。厳しい。


7番ルナマティーノ
高知のA級を勝てない状況。厳しい


8番パーティードレス
前走の東京シンデレラマイルは2着(1.0差)。JRAではオープンを走っていたので地力はある。後は初の1800がどうか。


9番プリンシアコメータ
前走のクイーン賞を逃げて楽勝。2走前はJBCレディスクラシック2着と力を見せている。今回、ララベルと2Kの恩恵が有るので、逆転も十分。


10番タガノヴェローナ
前走のクイーン賞で4着(1.9差)・2走前のJBCレディスクラシックで6着(1.2差)の通り、交流重賞では一息足りない。中野に乗り代わって、今回は差しに回りそう。展開の利を活かせるか。


11番ラインハート
前走の東京シンデレラマイルは7着(1.7差)。前走は早めに動いて末を無くした感があった。
じっくり構えて乗れば、3走前のJBCレディスクラシックで3着(0.2差)したとおり力はあるので、巻き返しが有るのでは。



12番ミッシングリンク
2走前よりダートに転じて、前走、減量騎手ながら1000万下を逃げ切る。ここも行くだけだろう。


13番ファイトユアソング
3走前のJBCレディスクラシックで10着(1.8差)・4走前のレディスプレリュードで7着(2.7差)の通り、交流重賞では厳しい。


14番ブランシェクール
6走前のエンプレス杯で7着(1.3差)。そこからの上積みは、前走での1000万下での勝利のみ。スタミナが有る事は前走の2400での勝利で示したので、後はそれが活きる展開となるかどうか。


15番マテリアメディカ
近走大敗続き。ここも廻って来るだけだろう。




【最終結論】
◎はラインハート。前日発売時点だが、3走前にJpnⅠで3着となった馬が、46.4倍の7番人気とは、見くびられ過ぎ。3走前も重馬場だったし、元々は芝を主戦場としていた馬。今回は差し脚が活きるはず。


▲はパーティードレス。この馬も展開を利して好走が見込める。追切も一杯に追ってララベルに先行しており、順調に使われているのも良い。


〇はプリンシアコメータ。JRA勢唯一のオープン馬。ここでは実力上位だし、斤量も有利だ。


以下、乗り代わり+後方待機で好走の可能性が高まったタガノヴェローナ、距離不安は無いブランシェクール力上位のララベル血統背景は怖いオールポッシブル抑える。


◎ラインハート
▲パーティードレス
〇プリンシアコメータ
△タガノヴェローナ
△ブランシェクール
△ララベル
△オールポッシブル



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!






ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!




今週末の予想は、アメリカJCC!!
東海Sは、競馬ブログランキングにて、ご覧いただきたい。


【レース展望】
セントライト記念の予想でも書いたが、中山芝の外回りを使う中距離レースは、この2200メートル戦のみ。瞬発力より持久力が求められるし、立ち回り力だけではうまくいかない。
過去5年、レースの上がりが概ね35~36秒に
収まっているのが、その証拠だ。


展開だが、内からトミケンスラーヴァが逃げ宣言をしており、行くだろう。その後ろに、シホウ・ダンビュライト・マイネルミラノあたりが行くか。
ここ数戦を見ると、マイネルミラノは早めに動いて4角先頭を狙っており、中山芝2200らしいロングスパート合戦が見られそうだ。




【出走全馬ワンポイント評価】
1番レジェンドセラー
1000万下・1600万下を連勝中のフレッシュな4歳馬。その2戦がスローからの上がり勝負となっているのは気になるが、今年のメンバーは少頭数かつレベルが高くない為、通用してもおかしくない。


2番トミケンスラーヴァ
こちらは、8歳にして1600万下・オープンを連勝中。絶好の枠を引いて、逃げてどこまでやれるか。


3番ミッキースワロー
今回と同舞台で2勝。中でも、昨年のセントライト記念は、皐月賞馬のアルアインを一気に差し切り。ここも有力だ。


4番シホウ
ここ2戦、重賞で通用していない。ここも厳しい。


5番ゴールドアクター
7ヶ月の休み明け。実績最上位だが、昨年も休み明けの日経賞は敗戦した。半信半疑。


6番ディサイファ
最後に重賞で馬券となったのが、一昨年の当レース(1着)。そこから2年、もう厳しそう。


7番ダンビュライト
昨年、牡馬3冠に皆勤賞し、安定した成績を残した。暮れに1600万下を勝利し、勢いに乗ってここへ。キレる脚が無いので早めに動きたい。


8番ショウナンバッハ
7歳馬だが、ここ7戦、いずれも上がりベスト3入りしている。
昨日、500万下の中山芝2200で勝利したクレッシェンドラヴは、当馬と同じステイゴールド産駒。この馬も一昨年に当レースで3着があるし、面白い存在。


9番マイネルミラノ
近走の見せ場は4コーナーまで。ここもトミケンスラーヴァを競り落とすまでだろう。


10番マイネルディーン
最後に馬券となったのが、馬券となった一昨年の7月。4年前、1600万下にて今回と同舞台のレースを勝ってはいるが。。。


11番トーセンビクトリー
古馬になった後、外回りコースで馬券になったのは一度のみ。内回りコースで立ち回り力を活かすのが当馬の売り。今回は大外かつ外回りコースとなり、厳しい。




【最終結論】
◎はダンビュライト。人気馬の中では一番好位を取れそう。後はMデムーロが押し切ってくれるだろう。


▲はショウナンバッハ。7歳だが、キタサンブラックの兄である当馬の旬は今なのかも。年明けからノッてる戸崎を背に、鋭い差し脚は脅威。


〇はミッキースワロー。極悪馬場の菊花賞の疲れをしっかり取り、好走歴の有る舞台で再度活躍が見込める。


以下、この馬も4歳で勢いのあるレジェンドセラー、コンディションが整っていれば力は上位のゴールドアクターを抑える。


◎ダンビュライト
▲ショウナンバッハ
〇ミッキースワロー
△レジェンドセラー
△ゴールドアクター



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!







ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



今日は、先日行われた船橋記念の回顧を。

昨日の通り、明日はアメリカJCCを予想するつもり。
東海Sは、競馬ブログランキングにて、ご覧いただきたい。


【上位馬着順(コーナー通過順)着差】

1着:◎アピア(6-4)
2着:▲サトノタイガー(9-8)1 1/2
3着:△モダンウーマン(7-7)1


【レースタイム(上がり3ハロン)・レースラップ】
59.4(36.7):雨・良
12.0-10.7-11.4-12.5-12.8



参考:2017年:晴・
1:00.5(37.6)
12.2-10.7-11.5-12.4-13.7

1着:フラットライナーズ(1-1
2着:ブラッグレッグ(2-2)クビ
3着:ムービングライト(9-11)2


参考:2016年:晴・重
1.00.8(38.1)
12.0-10.7-11.4-12.9-13.8

1着:イセノラヴィソン(3-3
2着:アルゴリズム(4-4)1/2
3着:ワールドエンド(1-1)2



2017年12月に船橋競馬場では砂を入れ替えた。
それをふまえ、過去2年と比較している。

一昨年・昨年・最初とも、2~3ハロンが早く、最後は我慢比べとなった。


ペースなどの違いもあるだろうけど、今年>昨年>一昨年といったところか。




【レース分析】

スタート後、フラットライナーズが内から押してハナへ。
更にシークロム・サマーダイアリー・ラスパジャサーダス・スアデラも上がって行く。
その後ろにアピア・モダンウーマンが続き、ジョーオリオン・サトノタイガー・ロイヤルトリニティが後方から。


3コーナーではフラットライナーズ・シークロム・スアデラが先団を形成する中、アピアが内から良い手応えで上がる。


直線は残り2ハロンでアピアが先頭に立ち、独走状態のままゴールへ。
後ろからはサトノタイガーが勢い良く2着に上がり、連れてモダンウーマンが上がって来た。





【上位馬・印上位馬 短評】
1着:◎アピア
現在の南関東短距離路線のトップクラスにいる当馬。その実力を見せつけた。


2着:▲サトノタイガー
予想記事のとおり、差し馬の穴はこれだった。近走の不振がウソのような快走、今後もピンポイントで狙えそうだ。


3着:△モダンウーマン
約1年ぶりのレース・約2年半ぶりの1000ならば、仕方ない結果。今後、調子を取り戻して、牝馬路線で頑張って欲しい。


10着〇スアデラ
4コーナーから逆噴射して最下位。一度状態の崩れた牝馬を立て直すのは難しい。この馬も、、、、



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!







ブログランキングサイトに登録しております。
ブログ更新の励みになりますので、よろしければバナーの応援クリックをお願いします!!!



毎週恒例の、大庭和弥騎手の騎乗結果・予定だ。


今週末は、アメリカJCCの予想をアップするつもり。
東海Sは、競馬ブログランキングにて、ご覧いただきたい。




【先週の結果】
1月13日(土)中京競馬場
5R(障)
レッドヴィーヴォ:△
13着/13番人気(14.8差)


1月14日(日)中京競馬場
なし



平地の成績:(、3)
障害の成績:(、1)


【短評】
レッドヴィーヴォ:終始、最後方。
向正面でキングズオブザサンが落馬。それに驚いたレッドルーラーにぶつかり、当馬はラチに激突。そして失速。結論としては、完全な公開調教だった。。。。



【今週の予定】
1月20日(土)中京競馬場
11R
キータイプ:△


1月21日(日)中京競馬場
R
ヤマニンシレーナ:-
R(障)
スズカプリティー:△
12R
ポートレイト:-



【短評】
キータイプ:休み明け2戦は見所無し。だが、一昨年半前に現級3着の実績は有る。叩き3戦目、前走で前に行った経験と軽ハンデが活きれば。


ヤマニンシレーナ:近走、大敗続き。ここも厳しい。


スズカプリティー:前走は休み明けで途中から下がったものの、最後は盛り返していた。叩き2戦目で前進を期待。できればハナを取りたい。


ポートレイト一昨年半前に現級3着の実績は有るが、、、、その後に大敗続き。前走で逃げたことがカンフル剤になれば。



こちらから、当ブログの更新通知をメールで受け取ることができます!



↑このページのトップヘ